禁酒まとめ

禁酒1か月の効果とは【酒が不味く感じる】ってホント?

投稿日:

禁酒 一か月 効果

長く果てしない・・・
永遠かと思われる禁酒生活。

今まで飲んでいた方ほど、そう感じてしまいますよね。
私もガブガブ飲んでいたクチですから、痛いほど分かります。。。

そんな私ですが解禁日をはさみつつも、
家では飲まない禁酒生活が約1か月経過しましたので効果や感覚をお伝えしたいと思います。

ということで、
禁酒1か月の効果とは【酒が不味く感じる】ってホント?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

私の禁酒状況

えー、禁酒と言っても、私の場合は『家では飲まない禁酒』です。

要は『外では飲んでいる』とも言えますね。
この1か月間では、仕事で飲む日数が4日間ありました。

ですから純然たる禁酒一か月とは異なります。

正確に書くと、
【禁酒12日間+解禁3日間+禁酒12日間+解禁1日】となっています。

残りの日数は飲む予定がないので、普通に禁酒出来る予定です。
こんな状況な訳ですが・・・・

お酒を飲んだ感じが・・・

えー、前項の通り解禁日を挟んでいます。
初回の解禁日は、人生初の長期間に渡った禁酒でしたので、
普通に美味しく頂けました。

それにちょうど連続だったので、
2日目や3日目は、普段の感覚に戻ったような、そんなところでした。
でも3日目はさすがに「もうお酒いらない・・・」って思ったのも事実ですかねー。
禁酒前だったら考えられないことです。

そして再びの禁酒生活に戻る訳ですが・・・
率直な感想は『え?アレ?もう12日間経った?』って感じです(笑)

初回の辛さがウソかのように、離脱症状やら飲みたい欲求は少なかったように思えます。
やはりというか、アルコールに依存していたのでしょうねぇ。
少しの禁酒でも依存症回復には役立った、というところでしょう。

からの!
また解禁日があった訳なのですが・・・・

・・・ですが!!

【なんかビールがマズイ・・・】

あれ?ウソでしょ!?
いや、確かに私が一番好きなのはスーパードライですが、
キリンだって嫌いな訳では・・・

ひとつ気になったのは、
『東京づくり』や『横浜づくり』といった、
地域限定の少しテイストの異なる一番搾りだったこと。

とはいえ、ねぇ?
そこまで大きく変わるものでもないでしょう。
度数が1%高かったからかなぁ。

ホントに美味しく感じなかったんですよね。

ワインやら紹興酒があったので、そっちを飲んでいましたが、
これらも安物ゆえか、やっぱり、あんまり美味しく感じない。

でも、ねぇ?
禁酒前だったら普通に旨い旨いとがぶ飲みしていたような・・・

やっぱりアルコールに対する感覚や味覚が変化したのかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

その他の禁酒1か月の効果とは

禁酒の代表的なメリットを大きく感じているだけではあるのですが、一応まとめておきましょう。

3kg痩せた

やっぱり無茶な食べ方が少なくなったことと、
単純にアルコールのカロリーがなくなった結果でしょうね。

うん!素晴らしい!
もっと痩せよう。

乾燥肌が無くなった

ガサガサだったお肌がプルンとしてきました。
この調子でシミも消えないかな・・・

花粉症が無くなった

これ、ビックリですけど、免疫系が強化されたのでしょうか。
全然ですね。

例年なら、というよりも禁酒前と比べるだけでも、
2月3月の時点で既にくしゃみやら涙やら出ていたのですが・・・・
ピタッとおさまってしまいました。

思いがけないメリットでビックリです。

お金が5万ほど余った

ホクホクですね♪
いや、逆に今までどれだけ使っていたのかと・・・(笑)
食べ方もおとなしくなったので、おそらく食費も減っているからでしょう。

毎月毎月金欠だったのが、これで解消されそうです!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

この調子で家では飲まない禁酒生活の期間をドンドン伸ばしていきたいと思います!!

目に見える結果が現れていますし、まだまだ頑張れそうです♪

関連コンテンツ

関連記事&スポンサーリンク



-禁酒まとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.