住宅まとめ

積水ハウス『ユニバーサルフレームフレームシステムの構造が?』SHEQAS&ダインコンクリートはスゴイが・・・

投稿日:2017年3月18日 更新日:

積水ハウス ユニバーサルフレームシステム SHEQAS ダインコンクリート画像引用元:http://www.sekisuihouse.com/technology/safety/structure/str01.html

 

今回は【軽量鉄骨構法】を採用している、積水ハウスに注目してみたいと思います。

同じ会社?セキスイハイムの特徴についてはコチラ!

 

とはいえ、大手HMである積水ハウスは軽量鉄骨だけではなく、『重量鉄骨(βシステム構法)』も『木造(シャーウッド構法)』も対応しているんですけどね^^;

ということで、
積水ハウス『ユニバーサルフレームフレームシステムの構造が?』SHEQAS&ダインコンクリートはスゴイが・・・
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

積水ハウスの軽量鉄骨構法【ユニバーサルフレームシステム】とは

積水ハウスの軽量鉄骨構法は、ユニバーサルフレームシステムと名付けられ、各所に耐震・制震システムが組み込まれた優れた構造となっています。

 

構法の基本性能特徴

  1. 耐震性能を誇る軽量鉄骨構造
  2. C形鋼
  3. ブレース
  4. 高精度連続大型基礎
  5. アンカーボルト
  6. 防錆塗装
  7. 壁体内通気
  8. 外壁取り付け金具

これらは、積水ハウス公式HPに記載されている8個の特徴です。

ただ、色々と調べていると、「ちょっとハテナ?」な部分も感じるんですよね。

考えてみましょう。

 

積水ハウスの特徴について

これら以外にSHEQASやダインコンクリートなどという特徴があるので、上記した8個は基本的な性能といえる部分になる訳です。

 

順番に見ていくと・・・

軽量鉄骨やアンカーボルト、防錆塗装、取り付け金具などは、鉄骨工法を使うHMなら当たり前と言えば当たり前なので、そこまで気にすることもない点かな、と思います。

C型鋼や壁体内通気も、特段珍しい技術といったこともなさそうです。

 

優れている点としては、高精度で大型と謳っている基礎部分でしょうか。

見るからに強そうです。

 

ただ、気になる点として【ブレース】が挙げられますね。

要はブレース=筋交い部分と言うことになりますが、後述する、SHEQASという制振技術があるにも関わらず、筋交いを結構な量使っているんですよね。

 

積水ハウス ブレース画像引用元:http://www.sekisuihouse.com/technology/safety/structure/str01.html
※詳しくは公式HPから動画が視れます。

 

「耐震構造であるブレースを多用しているならいいんじゃないの?」という声が聴こえてきそうです。

 

しかし、私の中にヘーベルの営業さんの声がこだまします(笑)

 

【耐震技術】は構造が地震のダメージを引き受け【破壊される】ことにより、地震エネルギーを分散させる構造です。

 

対して【制振】や【免振】の技術は、地震エネルギーを構造が【受け流し】、地震エネルギーを分散するので、構造は【繰り返し問題なく使用することが出来る】ということです。

 

要はブレースは大地震の際に、私たちの身代わりとなってダメージを引き受けてくれますが、自身は破壊されます。

イコール大震災後はブレースを全て交換しなければならない訳です。

(余震もありますからね)

 

SHEQASという制震技術であれば、繰り返し震災に耐えうる性能を持っている訳ですから、本来であれば、ブレースよりもそちらの技術を多く使った方が良いのかな、といったのが感想です。

 

スポンサーリンク

 

SHEQASの制振システム

積水ハウスの独自制震システム技術SHEQAS(シーカス)、一体どういった構造なのでしょうか。

 

積水ハウス SHEQAS画像引用元:http://www.sekisuihouse.com/technology/safety/sheqas/index.html

 

要約すると、『地震エネルギーを熱エネルギーへと変換し、吸収するという画期的なシステム』ということです。

 

競合で言えば、ヘーベルハウスの制震デバイス【ハイパワードクロス】や、大和ハウスのΣ型デバイス【D-NΣQST】に相当する技術ですね。

大手HMと言えば、耐震/制振/免振の独自技術は開発して当たり前な部分もありますので、その中の優れた技術のひとつと言えば良いでしょうか。

気になるのは上記したように、その使用量が少な目に見える点ですね。

 

外壁材ダインコンクリート

ダインコンクリートとは、ヘーベルのALCと対を成すような存在のコンクリートです。

ヘーベル板がALCというコンクリートだったのに対し、ダインコンクリートはプレキャストコンクリートと呼ばれる部材になります。

 

特徴は、ヘーベルが連続気泡構造の為に軽くダインが独立気泡の為に重い。

 

イコール施工効率が良いのはヘーベル重くて大変なのがダイン。

 

耐衝撃性は、軽くて弱いヘーベル重くて強いダイン。

 

耐熱性能は、連続気泡により熱を逃がしやすいヘーベル独立気泡により熱をため込みやすいダイン。

 

それぞれ一長一短と言えますが、ダインコンクリートの長所を好む方には、おすすめの工法と言えます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

高価格帯の大手HMである積水ハウス。

優れたHMであることは間違いありません。

 

ですが構法や構造だけを考えると、ヘーベルや大和ハウスの方が、少し惹かれてしまうのが私的な意見ですかね~。

個々人の好みは分かれると思いますので、候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。


積水ハウス口コミ評判まとめ【訴訟や裁判はHMにはつきもの?】

 

「どの会社を選んで良いのか分からない!!」というアナタへ。

>>>ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

関連コンテンツ

関連記事&スポンサーリンク



-住宅まとめ
-, , ,

Copyright© トレンドマニア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.