禁酒まとめ

禁酒の超凄い【4つ】の効果まとめ『メリットしか存在しねぇ!!』

投稿日:2017年4月2日 更新日:

禁酒 効果 メリット

お酒・・・
辞めたい辞めたいと思っていても、なかなかやめられないですよねぇ。。。

私も幾度となくチャレンジしているのですが、なかなか・・・^^;

 

とはいえ、私ももう三十代、健康にも気をつけねばなりませんし、何よりお金が勿体ない。。。

まぁなんだかんだ諸々の理由から、久しぶりに禁酒をチャレンジしようと決意したんです!

禁酒を成功させる為にも、改めて禁酒の効果とメリットを確認したいと思います。

ということで、
禁酒の超凄い【4つ】の効果まとめ『メリットしか存在しねぇ!!』
をお送りします。


お酒がやめられない・・・理由は【3つ】の原因にあった!!

 

スポンサーリンク

 

禁酒の【4つ】の効果とは

禁酒にはメリットしか存在しないと断言できます。その効果を一つずつ見ていきましょう。

内臓に良い

お酒が肝臓にダメージを与えるのは周知の事実。禁酒をすれば肝臓がダメージを受けることなく日々を過ごせる訳です。

肝臓の働きは、代謝/排出/解毒/消化・・・なんと500種類以上もの働きが確認されています。お酒を飲んでいると、アルコールの分解に肝臓の能力が注力されてしまい、この本来の多様な働きを阻害してしまうのです。

実際に体感できるのは【疲労】が一番でしょうか。疲れて疲れて、しかも寝ても疲れが取れない。(私がコレです・・・)そんな方は、肝臓に理由があるのかも知れません。

 

また、肝臓だけではなく、胃腸にも負担がかかりますし、呼吸器、心臓、脳、皮膚、筋肉・・・・
全ての内臓や身体の器官に負担がいってしまいます。

禁酒をすれば『身体全体の健康に良い』と言えるのです。

 

スポンサーリンク

 

睡眠の質が良くなる

これも私はハッキリと実感しています。飲まない日って『スッコーーーーーーン!!』と眠ることが出来ますから。

でも・・それよりもお酒の高揚感や味を優先してしまい、中々やめることが出来ず・・・は、おいておいて。

なぜ睡眠の質が良くなるかと言えば、上記したように『内臓に負担が行くから』です。鼓動や呼吸は荒くなり、脳は覚醒状態、水分は足りていない。こんな状態で良質な睡眠が取れる訳ありませんよね。

 

酩酊して寝てしまう光景も良く見かけますが、あれは寝ているというよりも『身体の各器官は覚醒状態なのに頭は気絶している』という表現の方が近いですからね。酒を抜いて布団に入ればグッスリと眠ることが可能になります。

反面、朝は飲んでいる時より眠気があるかもしれません。深い眠りにつく分『少し寝覚めが悪くなる』ということですね。
お酒による睡眠は眠りが浅いですから『起きるのも容易』ということです。

ただ、寝覚めが悪かろうが、しっかりとした睡眠を取っているので、朝を過ぎて、しっかりと覚醒した後は、昼間に眠気を感じることは激減します。仕事のパフォーマンスは間違いなく上がるでしょう。

節約になる!!

アナタは一日何本飲みますか?

私はビール、チューハイ、焼酎、日本酒、ワイン・・・・気分によってなんでもござれ、な感じですが、分かりやすいところで、ビールなら500mlで4本くらいは行けますかね・・・のらりくらりと時間をかけてはですが、言い換えれば帰宅後から終身までダラダラと飲みっぱなし。

ビールを生ビールの値段で換算すれば、ロング缶で約【300円】これを4本だと・・・?

1200円!?

もちろん、第3とか発泡酒とかもありますし、ストロング系のチューハイにすれば本数も値段も減りますが・・・。とはいえ、いつも安いのばかりでもないですよね?たまには良いウィスキーや良いシャンパンも買ってみたり・・・

いくら休肝日を設けたと言っても、平均してみれば【日に500円~1000円程度】はかかっていたのではないでしょうか。

 

これを長期的に見てみると・・・

  • 日額:【500円~1000円】
  • 月額:【15000円~30000円】
  • 年額:【18万円~36万円】
  • 10年:【180万円~360万円】

うっ・・・・
10年も続けてしまったら、自動車が買えてしまう・・・

その代わりに手にするものとは【内臓脂肪と健康被害】・・・・
なんたる割の合わなさでしょう。。。

裏を返せば。今からでも禁酒をすれば、その期間によってこれだけの貯金をすることが可能になるとも言えます!「お金がないなぁ・・・」と思っているなら、禁酒はかなり有効な手立てと言えるのではないでしょうか。

痩せる!!

お酒のカロリーはエンプティカロリーなんて表現されて『カロリーが高いが簡単に消費される』なーんて都市伝説もありますが【全くのウソ】ですから注意が必要です。

エンプティカロリーの本当の意味とは『栄養価がほとんどないのにも関わらずカロリーだけはある』ということです。アルコールのカロリーは『1gあたり7kcal』もあるんですよね。

 

分かりやすく換算してみます。
ビールで例えればロング缶1本は200kcal程度なので4本で考えると・・・

【200kcal×4缶=800kcal】

800kcal!!

ちなみに体重1kgは7000kcal程度のカロリーで増える仕組みになります。

毎日毎日800kcal摂取していると考えれば、10日で体重1kgが増えてしまうことに・・・・。逆に考えれば『10日禁酒達成出来れば1kg痩せるのは余裕』という話です。今まで大量に飲んでいた方ほど効果が表れることでしょう。


禁酒ダイエットの詳細と効果が凄すぎる・・・

 

 

追記:禁酒を達成すると体感できる裏メリット

実は禁酒を一定期間成功させることによって、初めて実感できるメリットが存在します。

それは・・・・『お酒を飲みたくなくなること』

ちまたには禁酒の薬として飲めなくなる薬があったりもしますが、それ以上に単純に飲まなくても平気になります。

「そんなバカな・・・」

禁酒を始める前の私であっても同じことを言うでしょうwでも、身をもって体感しているのですからウソは言えません。

 

では一定期間と言えば?
私の場合には【禁酒12日間】でアルコールの洗脳から解放されました。

その時の様子はコチラの記事からご確認ください。

禁酒【離脱症状が怖い】眠気やだるさってホント?『禁酒12日間達成した生活の感想』まとめ

またさらなるメリットとして美肌効果も現れてきました。

さらにさらに!禁酒によって体臭まで改善されてきました。

さらに追加でーす。
疲労感が消えた上に『運動欲求』まで湧いてきちゃいました!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

この記事を書いている現在、私は【禁酒3日目】です。「3日程度で何を偉そうな・・・」という声も聞こえてきそうですがwww

私も頑張りますので、是非アナタも頑張ってみてください♪

※その後【禁酒12日間】達成しました。

そもそも禁酒が出来ない方はコチラ!

今度こそ禁酒を成功させる!!【誰でも簡単にマネ出来る"おすすめ方法”の秘密とは!?】

 

関連コンテンツ

関連記事&スポンサーリンク



-禁酒まとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.