新築/注文住宅まとめ

口コミから見る!全館空調システムのデメリットとは|最近は改善されているから大丈夫?

投稿日:

全館空調 デメリット
全館空調システムは非常に便利なシステムです。

営業担当に勧められた人も多いでしょう。

「契約いただいた方のほとんどが導入されていますよ」なんて言われると、ついつい気持ちが傾いてしまいますよね。

しかし、本当に全館空調は良いところだけなのでしょうか?

  • 「営業担当は全館空調を勧めてくるけど、悪い点も知っておきたい!」
  • 「実際に全館空調システムを取り入れた人たちはどう感じているの?」

気になりますよね。

そこで今回は、全館空調システムのデメリットをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

\本当にその会社で大丈夫ですか?/

※ダメ会社をあぶりだす為に。

 

全館空調システムとは?

全館空調システムとは、24時間365日すべての部屋の温度を一定に保てる便利なシステムです。

ポイント

  • 夏は涼しく、冬は暖かい空間を実現できる
  • 温度差がないから「ヒートショック」で急死する危険性を抑えられる
  • 吹き抜けや、仕切りの少ない大空間でも寒くない
  • エアコンがないので内装の邪魔にならない
  • 室外機の数を減らせるので、外観がスッキリする
  • 空気がキレイになる(花粉・ホコリ・PM2.5の侵入を防げる)

といったメリットの数々から、最近は導入する人も増えてきました。

しかし一方で、価格や故障時の不安など、デメリットも多く存在しています。

 

全館空調のデメリット

では早速、全館空調のデメリットを6つご紹介します。

注意ポイント

  1. 初期費用が高額
  2. メンテナンス費用が高額
  3. 電気代が高い
  4. 故障したら家中の冷暖房が止まる
  5. 室内が乾燥する
  6. 部屋ごと温度調整できない

順にみていきましょう。

1.初期費用が高額

全館空調は、エアコンと比較して高額な初期費用がかかります。

坪数にもよりますが、50坪以内の場合は、150~250万円程度が相場となっています。

ただし、エアコンの場合も設置にはお金がかかります。

  • 本体価格:約3~10万円程度
  • 1台当たり工事費相場:約1~1.5万円程度
  • 配管カバー取付:約5000円

何台設置するかにもよりますが、エアコンの設置費用や耐用年数も考慮して天秤にかけたいですね。

2.メンテナンス費用が高額

全館空調を導入する場合、定期的なメンテナンス費用も発生します。

例えば、日産住設の「エアリゾート」の場合、ホームページを確認すると・・・

年1回のメンテナンスに、2万4000円(税別)かかると紹介されています。

実際に、全館空調を取り入れた人の口コミも合わせて見てみましょう。

メンテナンスには、年間2.5~3.5万円程度かかることが分かります。

ランニングコストについては、うちの場合、年2回のフィルター交換と年一回の点検で25,000円程。

引用:yahoo!知恵袋

メンテナンス費用は、1年に32,400円(税込)。

内訳は、点検費用20,000円。フィルター代10,000円。

エアコンを全部屋に付けた場合に比べたら安いかもしれません。

引用:憧れのフレンチシックインテリアへ「全館空調のメリットデメリットと我が家の電気代*入れ替え費用に驚愕!」

まぁ値段言っちゃうと、空調フィルターの方がだいたい4000円くらい、

換気フィルターの方が1セットで1万4000円するんですけど・・・

つまり1年で2万8000円(2年目は3万2000円)

掛かる事になります。

引用:おすひとさんの三井ホーム特化型ブログ「全館空調のメリット、デメリットについて考察してみる。」

2.電気代が高い

普通に考えて、24時間365日全部屋エアコンをつけっぱなしにしているようなものですから、電気代は多くかかりますね。

ただし最近は、断熱気密性の高い住宅が増えています。

一度暖めた部屋の空気が逃げづらく、外部の温度の影響を受けにくい設計になっているんです。

そのため、全館空調を起動しても、緩やかに部屋の温度を調整するだけで済むので、心配している程お金はかからないようです。

高気密高断熱住宅なので、 冷房で増えた電気代は誤差の範囲内でした。

引用:e戸建て

全館空調を導入するなら、家の断熱気密性にもこだわりましょう。

また、設定温度を変えることによって、節約している方もいるようですね。

ウチも日中は不在ですが、つけっぱなしと言っても、常時フル稼働している訳ではないです。設定温度を変更して外出すれば、暖房時はほとんど動いてないです。もちろん、春・秋は換気のみにしたり、必要なければ電源を切る事も可能です。

引用:yahoo!知恵袋

 

スポンサーリンク

 

3.故障したら家中の冷暖房が止まる

故障したり、電気が止まったりした場合、家中の冷暖房が止まることになります。

真夏や真冬など、次期が悪いと悲惨なことになりそうですね。

 

また、何十年かしたら、取り換え工事をしなければいけない可能性もでてきます。

だいたい30年は持つと言われていますが、環境によってはもっと早くに故障してしまう可能性もあります。

かかる費用も高額で、200万円程度と言われています。

さらに、取寄せ期間や工事期間は、冷暖房が使えません。

故障した時が大変で家全体が空調冷暖房が切れることになります。すぐに修理ができないことが多いです。
真夏に故障で家に住めない状態になり、ホテルで数日過ごされたお施主さんの話は聞いたことあります。

引用:yahoo!知恵袋

故障の時期が悪いと、「家族分のホテル代」という思わぬ出費が発生しそうですね。

4.室内が乾燥する

「全館空調システム+高気密高断熱住宅」は、かなり乾燥します。

私の家は、全館空調を入れはいませんが、24時間換気+高気密高断熱です。

換気をしているだけでも激しい乾きを感じますから、エアコン機能もあったら余計に乾燥しますよね。

  • 朝起きた時にのどの渇きが酷い
  • 乾燥によって肌がかさつく

といったことが起こりました・・・。

結果的に、1階・2階に2台ずつ加湿器を置いています。

ただし、室内干しの洗濯物が乾きやすいという利点もありますね。

 

新築は建ててみないと分からない部分も大きいですが、乾燥しやすい/湿気が多いと、両方のパターンがあります。

全館空調だとどうしても乾燥しやすいパターンの声が多くなっています。

5.部屋ごと温度調整できない

これは最近は見直されてきていますね。

かつては、部屋ごとの温度調整ができない全館空調が主流でした。

デメリットは、家族の中に暑がりの人と寒がりの人がいたら、どちらかが我慢しなければならない・・・という点

引用:yahoo!知恵袋

部屋ごとの温度調整ができないと、

  • 誰もいない部屋も全力で暖めるから光熱費が高くなる
  • 食材をすぐに冷蔵庫に入れないと痛む
  • 体感温度が違う家族がいると設定温度に困る

といったデメリットが発生してしまいます。

オプションで部屋ごと設定できるようにしているHMもあるので、取り入れたい機能ですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

全館空調システムは、初期費用やメンテナンス費用が高く付きます。

ですが、実際に導入した人は、満足しているケースが多いようです。

「一度全館空調を味わったらルームエアコンには戻れない」という口コミをよく見かけます。

また、性能も徐々に上がっており、デメリットを改善しているメーカーもあります。

悪い点も理解した上で、メーカーを比較検討してみてはいかがでしょうか。

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べてみても、どんどん分からなくなってきますよね。

「あとはもう実際に話を聞いてくるしか・・・」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

ウェブでサクッと複数社からの一括請求が一番ですよ。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料申し込みするだけで、信頼できるHM/工務店各社がなんでもかんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求でじっくり徹底比較。

使えるものは便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較すれば簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅まとめ
-,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.