木造鉄骨など構造の特徴

一戸建て木造住宅の防音性はどれくらい?騒音トラブルが怖いって本当?

投稿日:2019年8月2日 更新日:

木造 防音性 どれくらい

木造住宅は、やはり防音性が不安ですよね。

  • 「ご近所さんとの騒音トラブルが起きやすいって本当?」
  • 「木の家に住みたいけど、防音性を上げるにはどうしたらいいの?」

と気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、一戸建て木造住宅の防音性についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

木造住宅の防音性はどれくらい?

住宅の防音性は、密度の高い構造であるほど、高くなります。

そのため、鉄筋コンクリート造>軽量鉄骨>木造の順に防音性が高いと言われています。

鉄筋コンクリートの場合は、構造内部がコンクリートで満たされているため、音を通しづらいのです。

これと比較した場合、木造住宅は構造的に防音性が低いといえるでしょう。

 

とはいえ、最近の木造住宅は、防音対策をしっかりしています。

「木造だから、騒音トラブルに巻き込まれる」というわけではありません。

特に、ハウスメーカーの中でも、

  • 気密性を高めて外の音を排除する
  • 遮音性の高い外壁材を使う
  • 断熱材や石膏ボードを何層にも重ねて密度を上げる
  • 吸音性のある床材を使う
  • 遮音性の高い窓ガラスやサッシを使う

など、防音性を高める工夫をしているハウスメーカーを選べば、問題ないでしょう。

例えば、住友林業で家を建てた方は、外からの音は気にならないようですよ!

外の音→家の中ですが、

そこまで

気になりません。

そりゃ、救急車のサイレンなどは

聞こえますが、

大通りが近い割には

車の音などは

そこまで気になりません♪♪

ここは、人によって

違うかもしれません。

引用:30代共働き夫婦、住友林業でマイホーム建てました|『【住友林業】防音性能について』

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

音漏れは気にならないの?

「気密性が高い」とは、家の隙間が少ない住宅を指します。

隙間がなければ、外の音をシャットダウンできますよね。

しかし、「室内の音漏れ」には無防備です。

隙間がないと、室内の音も家の外に出ていかず、中にこもって響くためです。

我が家は、高気密高断熱ですが逆に外の音は、ほとんど聞こえませんが家の中の音は、外に漏れないのでテレビの音などが響きます。

引用:yahoo!不動産

ただし、これは木造だから音漏れするというわけではありません。

私の家は、鉄骨造の高気密住宅です。

営業や設計さんには、「うちの構造は防音性高いんで!」と自信満々でしたが、室内の音は普通に聞こえます。

2階の足音が下の階に響いてきます。

木造だろうと、鉄骨だろうと、気密性の高い家は、音が響くんです。

こういった、家の中の音が気になる方は、別の対策が必要となるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

木造住宅を建てる際の防音対策

最後に、木造住宅を建てる際に、効果的な防音対策をご紹介します!

1.間取りを工夫する

一番は、間取りを工夫しましょう。

ドアの数・壁の数が多いほど、音を遮ることができます。

逆に、「大空間」は、かっこいいですが、音が筒抜けになってしまいますよ。

  • 吹き抜けを採用する
  • リビング階段を採用する

なども、生活音が響く原因になります。

2.防音室を採用する

「子供にピアノを習わせる予定がある」という方は、防音室を検討しましょう。

うちの場合、妻がフルートをやるんですが、やはり音が聞こえてきます。

外に出てみると、音漏れはかすかなんですけど、一緒の家に住んでいるとやはり気になりますね・・・

ちょっと値が張りますが、やはり防音室があったら便利だったろうと思います。

3.吸音性の高いマット・ドアを採用する

音が響きやすい場所として、

  • 足音が響く成長期の子供部屋
  • いびきのうるさい人の寝室
  • 耳が遠い祖父母がTVを観る部屋
  • 水回り(お風呂場や洗濯機、トイレ)付近

などが考えられます。

ダイニングキッチンの上がお風呂、隣が寝室です。
主人がだいたい深夜帰宅なのですが、寝室で休んでいてもシャワー音は気になりません。
でもドライヤーはすごくうるさくて、たいてい1歳児が起きます。

引用:WOMEN'S PARK

特に、生活時間が違う場合は、ストレスになることがあるので部屋を離すようにしたいですね。

間取り的に難しい場合は、

  • 吸音性の高い「コルクマット」を敷く
  • 防音ドア・防音パネルを採用する

といった工夫が効果的でしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

木造住宅は、構造的に防音性が低いと言われています。

とはいえ、しっかり対策をとれば、「木造だから騒音トラブルになる」ということはありません。

特に、高気密住宅を建てれば、外への音の影響は少なくできますよ。

ただし、高気密住宅は、室内に音がこもりやすくなるデメリットがあります。

これは、木造住宅だから起こる話ではありません。

間取りを工夫したり、吸音性の高いマットを採用たりして、対策しましょう♪

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-木造鉄骨など構造の特徴
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.