住宅まとめ

『建ぺい率』と『容積率』があるのは何のため?【超重要な理由】とは

投稿日:

建ぺい率 容積率 何のため?

間取りや構造以前に、
家を建てる時に重要になってくる要素として、
『建ぺい率』と『容積率』というものがありますよね。

建築基準法で定められた、
これらの基準は一体何のために存在しているのでしょうか。

「自分の土地なんだから目いっぱい使わせろー!」

なーんて思うこともありませんか?(笑)

ということで、
『建ぺい率』と『容積率』は何のため?【超重要な理由と意味】とは
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

建ぺい率と容積率まとめ

「住宅を建てよう!」という時に、
必要な知識となってくる『建ぺい率』と『容積率』

これらの意味をおさらいしていきましょう。

建ぺい率とは

建ぺい率とは、
正しくは『建蔽率』と書きます。

『率』というだけあって、
パーセンテージにて表されることになります。

一体どういう意味があるのかと言えば、
『土地面積に対する建築物が占める割合』のことを指します。

建ぺい率 土地

ざっと適当に作った図なのでアレですが^^;
これだと30%くらいしかないかな?(笑)

要はこの建物部分が土地に対してどれだけの面積があるか、
ということを表しています。

計算としては、
『建物面積÷全体の土地面積=建ぺい率』という風になる訳ですね。

建ぺい率が70%だとか80%だとかと、
高めに設定されている場合は、
土地面積いっぱいに建物を建築することが可能になる訳です。

ちなみに、
この建ぺい率は、
我々の思う普通の建築物以外でも、
例えばカーポートなどの屋根部分や物置なども、
建築物の面積として数えられてしまうことには注意が必要です。

大きな声では言えませんが、
建物の検査後に後付けで建ててしまう、
という場合が多々ある訳ですね。

その地域の建ぺい率と実際に建っている建物を見比べてみるとよく分かります。

容積率とは

対して容積率とは、
建ぺい率よりもシンプルな話です。

『敷地面積に対する建築物の延べ床面積』のことを指します。

床面積なので、
何が関係してくるかと言えば、
『何階建ての建物なのか』という部分ですね。

1階建ての平屋の床面積が20坪だった場合、
2階建ては単純に考えて2倍程度の40坪になりますよね。
3階建てなら、4階建てなら・・・

まぁ普通の住宅の場合で4階建てなんてことは、
そもそも高さ制限があるので、
ほとんどないとは思いますが・・・・

 

スポンサーリンク

 

建ぺい率と容積率が設定される意味

この建ぺい率と容積率は、
一体何のために設定されているのでしょうか。

「いいじゃないさ!自分の土地に、どんな建物を建てたってさ!!」
と、こう言いたくなる気持ちは大いにありますがw

そうではなく、
何故、これらの建築基準が設定されているのか、
理由を考えていきましょう。

防火のため

コレ、一番重要な理由かと言えますね。

例えば、
建ぺい率100%だとすると、
隣近所のお宅との境が数cm!みたいなことになりかねません。

もし、その状態でお隣が出火したら?
もし、その状態で自宅が全焼したら?

お隣の場合でも自宅の延焼は免れないでしょうし、
自宅の場合でもお隣への延焼は防げないでしょう。

防火的な意味合いで単純に危険なんですね。

繁華街などは密集して建築されていますが、
それに見合う耐火性能を持つ建築物でないと、
そういった立地に建築することは認められません。

日照権やプライバシー

容積率や高さ制限がない場合、
ドドン!!と高い建物を建ててしまうと、
日当たりを極端に損ねてしまう可能性が出てきますね。

あまつさえ建ぺい率も高かったとすれば、
余計に阻害することになってしまいます。

適度な建ぺい率、容積率を定めることによって、
住宅と住宅の間に空間を作ることが出来、
日当たりの確保や、
プライバシーの確保に繋がる訳ですね。

だってイヤでしょ?
窓を開けたら窓!!!じゃw

なんか昔の漫画とかだと、
幼馴染の男女が窓越しに会話する~みたいな演出がよくありますけど、
(浦安鉄筋家族なんかもそうかw)
アレって古い建築基準なのか、
単なる理想の妄想なのか、
現代では実現が難しいのではないでしょうか。

都市計画プランによるもの

私たちに直接ピンと来るものはないですが、
都市計画によって地域ごとの用途が定められており、
12種類もの用途に細かく分けられているのです。
※12種類の用途それぞれについては細かいので割愛w

どういうこっちゃ、と言えば、
例えば住宅地のど真ん中にコンビニは出来ないし、
工場やオフィスビルも建たないし、
商業施設のど真ん中に住宅も建たない、ということですw

※高齢化の波により住宅地におけるコンビニ出店の規制緩和がされましたが、
基本原則としては認められませんし周辺住民の反対に合うリスクも残っています。

商業施設は商業施設のエリア、
工場は工業地帯のエリア、
住宅地は住宅地のエリアと、
それぞれの地域が適切に、快適に発展するよう定められている訳ですね。

これらの用途別に建ぺい率と容積率が定められていることになるのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

家を建てる!という時には邪魔な制限の様に感じてしまう、
建ぺい率と容積率ですが、
これが定まっていないと快適な生活がままならなくなってしまう、
ということですね。

邪魔くさいようですが大事な決め事といったところでしょうか。

関連コンテンツ

関連記事&スポンサーリンク



-住宅まとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.