スポンサーリンク



新築/注文住宅まとめ

マイホーム作りで旦那と意見が合わない!!|家族とのすれ違いを防ぐために

投稿日:2018年1月5日 更新日:

マイホーム 意見 合わない

 

マイホーム。

人生最大の買い物となる訳で・・・

それゆえ、家族が皆一様に各社各様の意見を持っている訳で・・・

 

「妻や夫と意見が合わない!!」ということは多々起こってしまうことです。

私の場合など、特に複雑な状況だったので、非常に疲れ果てました。

(店舗兼叔父世帯との2世帯住宅、かつ両親から住宅資金贈与を)

 

マイホームの意見が合わない場合、どうしていったら良いのでしょうか。

考えていきましょう。

ということで、
マイホーム作りで旦那と意見が合わない!!|家族とのすれ違いを防ぐために
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

マイホーム意見が合わない事例

意見が違ってしまう事例は大体こんな感じ。

  • 購入時期
  • 立地がイヤ
  • 予算の食い違い
  • デザイン

順に見ていきましょう。

 

購入時期について

結婚した時、子供が産まれた時、両親との同居を考えた時・・・

様々なタイミングがあります。

 

私の場合は、結婚したことと、店舗兼住宅の老朽化からでした。

本当はもう少し賃貸暮らしでも良かったのですが、致し方なかったですね。

それに賃貸って、どうしても家賃が勿体ない気分もしますからね~。

(持ち家は持ち家で固定資産税や維持費もかかりますが)

 

家を建てるということは、予算が大きくかかることですし、生活様式もがらっと変わる、非常にエネルギーが必要な事。

家を建てたい妻と、まだ建てたくない夫。

こんな対立構造はよくあることです。

 

家を建てたい派の方は、出来るだけプランを綿密に考えて伝える。

建てたくない派の方は、資金繰りのデメリットや賃貸のメリットを伝える。

 

どのみち、両者が納得できない場合には、プランは進むも止めるも出来ません。

どうしても納得してもらえない場合には、しっかりと根拠を示すことが大事ですね。

  • 住宅ローンを組んだらどれくらいかかるのか
  • 見積りはどれくらいになるのか
  • 立地はどの辺がねらい目なのか
  • 賃貸の方が得である場合の話
  • etc

ただただ、「イヤだ!/やりたい!」だけを言っていても相手には伝わりません。

いかに上手くプレゼン出来るかが肝となってきます。

 

その為の材料として、このサイトを使うと、無料で住宅ローンのシミュレーションが可能です。

試しにやってみると、どれくらいの予算なら、どれくらいの金利になって、どれくらいの銀行が商品を扱っているのか、簡単に確認が可能です。

 

▼▼無料シミュレーション▼▼

 

また、新築ではなく、マンションや中古物件、建売なども含めて検索する際はコチラのサイトが便利。

希望の形態と、間取りや広さを入力するだけで、条件にマッチした優れた非公開物件を紹介してもらえます。

 

ご主人や奥さんに内緒で資料請求してみるのも悪くないのでは?

別に契約するわけではありませんからね。

 

▼▼理想の不動産物件を▼▼

 

立地について

田舎暮らしにあこがれてとか、土地の費用は抑えたいとか・・・

こんな理由で、交通の便が悪かったり、近くにスーパーやお店が少ない!なんていう、悪条件の土地に決まってしまったらイヤですよね。

住宅選びと同じく、あまり妥協しない方が良いでしょう。

 

私の場合は建て替えでしたので、ある意味楽をしている部分ではあります。

土地探しからだったら、さらに面倒だったなー・・・

 

実際の生活様式をちゃんとシミュレートして、後悔のないようにしましょう。

 

コチラのサイトであれば、土地探しからも手伝ってくれます。

しかも資金計画、見積り、間取りプラン、土地候補、すべてを多数の会社から一括で請求が可能です。

 

掘り出し物の土地が見つかっちゃうかも!?

夫にも妻にも納得の土地であれば、意見が合わなくてケンカ!の状態を抜け出せるかもしれません。

▼▼土地探しも▼▼

予算の食い違い

コレ、ホント困るヤツですね。

両親が住宅資金贈与をしてくれた事もあり、結構意見を入れてきたのですが・・・

 

両親の意見は『坪単価50万円台以下のローコスト住宅や工務店』という意見。

反対に妻は『大手ハウスメーカーの保証と構造重視』という意見。

(大手HMというか、むしろヘーベル一択でした)

>>>ヘーベルハウスの価格と特徴まとめ!『坪単価以上に耐久性がスゴイ!』

 

ザ・板挟み!(笑)

確かに私も予算は安い方が良かったですが、それでも保証や構造は確かに重要なところではあるよな、と。

 

結局、ヘーベルは高過ぎたので、ご縁のあった大和ハウスの見積もりを。

両方の意見を取り入れた折衷案と言えなくもないでしょうか。

(大和も高かったケド・・・)

>>>大和ハウス実際に建てた感想は?『メリットもデメリットも・・・』

 

このように、根本的な予算の食い違いは必ず起きてしまうハズです。

強固な姿勢で貫くのも良いですが、それだと後々しこりが残りかねません。

出来るだけ多くのプランを集めて、それぞれの意見に近しいメーカーを選ぶのはいかがでしょうか。

 

建売やマンション、不動産物件はコチラ。

>>>【タウンライフ不動産売買(購入)】希望の不動産を無料でご紹介

 

注文住宅のプランはコチラ。

>>>【タウンライフ注文住宅】注文住宅の一括無料見積もりプロモーション

 

多くのプランを比較・検討していけば、「ここなら・・」と思える会社がきっと見つかるハズです。

頑張っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

デザインについて

これは・・・

まぁ・・・・・・ねぇ?

本当にどちらかが折れるしかないのかな、と(汗)

 

私の場合は、特にこだわりがなかったので、結構妻に任せた部分が大きいです。

共にこだわりがある場合、もめごとの種になりかねません。

部屋ごとに分けて考えるか、徹底的に話し合っていくか・・・

難しい所ですが、ある程度折り合いをつけていく他ありませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

家を建てる計画を始めようとすると・・・

本当にビックリするくらい意見が合わないのが普通ではないでしょうか。

夫か妻か、両親か、説得する相手が誰だかは家庭次第ですが、交渉材料を揃えて、あまり感情的になり過ぎないよう注意しましょう。

『家を建てる』というおめでたい事がきっかけで過程が崩壊してしまっては元も子もありませんからね・・・

 

プロモーション住宅一括見積り

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅まとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.