嫁に対する悩み

離婚相談はお金のプロのFPに|生活を破綻させないために無料相談を

離婚相談 FP ファイナンシャルプランナー

離婚したい。

そう思った時は、適切な順番で進めていくことが大事です。

特に、今後の人生を左右するお金についての問題。

これは最初に直面する外せない話です。

離婚で発生するお金問題例

  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 年金分割
  • 住宅ローン
  • 生命保険の見直し

字面を見るだけで…なんとも頭が痛い内容ですよね。

早く別れたいという感情ばかりで適当に進めていってしまうと…

後から「生活が成り立たなくなってしまった!」なんてことになりかねません。

これらの不安は、ファイナンシャルプランナーに無料相談して解決しましょう。

 

 

離婚相談って弁護士じゃないの?

慰謝料や調停離婚などと聞くと、どうしても弁護士のイメージが強いですよね。

確かに、不貞行為が明らかな時や、親権の奪い合い、莫大な慰謝料の請求を受けた場合、これらならば弁護士へ相談した方が間違いないです。

ですが、そこまで大きなトラブルを抱えていない場合には、夫婦間の話し合いのみに留めておく方が無難でしょう。

(事実、87%ほどの夫婦は協議離婚で穏便に離婚しています)

というのも、弁護士相談はどうしても大きなお金がかかってしまうからです。

相談するだけで、30分~45分/5,000円程度がかかってしまいます。

根が深い問題だったら、ちょっと話を聞いてもらうだけで1万円などすぐにいってしまうわけです。

それに加え、離婚問題を解決まで依頼すると、成約報酬までかかってきてしまいます。

弁護士費用の相場

話し合いの内容

成功報酬の相場

慰謝料請求

獲得金額の10%~20%

(100万円を獲得した場合10万円~20万円)

財産分与

獲得金額の10%~20%

(200万円を獲得した場合20万円~40万円)

親権の獲得

10万円~20万円

養育費の獲得

1年分の養育費の10%前後

(年36万円(月3万円)の養育費の場合3万6,000円前後)

引用:離婚弁護士ナビ

このように、弁護士へ問題解決を依頼すると、数十万円、最大では百万円以上もかかってしまうわけです。

生活が一変し、様々にお金がかかるのですから、できるだけ大きな出費は避けたいところ。

夫婦間の話し合いで合意が得られるのであれば、弁護士に依頼する必要はありません。

ですが、離婚問題が解決できたとしても、その先の生活費は自力で解決していくしかないのです。

そのためにもまずは、法のプロの前に、お金のプロであるFPに相談してみる必要があるのです。

弁護士とは異なり、保険相談も含めることで、無料相談が可能ですからね。

離婚問題をFPに相談

離婚後の生活費の心配はファイナンシャルプランナーへの相談が効果的です。

「勢いで離婚を決意してしまったけど、この先いくらかかるのか、生活が成り立つのか見当もつかない」

漠然とした不安を取り除くために、FPに相談してみましょう。

離婚後の生活費の心配はFPに相談を
離婚に際してかかる費用や、決めなければならないお金のことなど、離婚には大きな労力がかかりますが、離婚した後の生活についても心配はつきものです。とくに子どもを引き取りひとり親となる人にとって、その後の生活に不安を持つ人は多いかと思います。

その助けとなる相談先として、家計の専門家でもあるファイナンシャル・プランナー(FP)に相談すると参考になります。収入が少なくても相談できるのか?という心配な人もいると思いますが、保険の見直しも含めて相談することで、無料で相談にのってもらえますので安心してください。FPは各家庭の家計状況に合わせて、何を節約すべきか、どのような工夫ができるかなどの具体的な家計の相談から、将来かかる子どもの教育費、老後の年金など、家計全般についてアドバイスしてもらえます。安心して積極的に活用しましょう。

参考:保険チャンネル

住宅ローンや生命保険。

配偶者と共同名義にしていたり、団体信用生命保険の受取人が配偶者になっていたりと、なかなかお金に直結する問題です。

これらを見直していかなければなりません。

そのまま同じ家に住み続けるのであれば、住宅ローンの借り換えの必要もでてくるかもしれません。

住宅ローン返済を共同で払ってきていたのであれば、ひとりで払い続けると生活が破綻してしまうかもしれません。

場合によっては、ローンだけが残り、家を手放す必要まであるのかもしれません。

今のまま生活を続けていった場合、どういった家計になるのか。

どこを見直していく必要があるのか。

誰にも聞けない細かいお金の話を、無料で相談できるのがファイナンシャルプランナーなのです。

まとめ

離婚相談をすべき場所

  • 離婚で大きなトラブルが起きそうな方→弁護士へ有料相談
  • 円満離婚ができそうな方→FPへ無料相談
  • お金に困っていない方→相談しなくてOK

あなたの状況はどうでしょうか。

少しでも先の生活に不安がある方は、まずはお金のプロに無料相談をすることをおすすめしますよ。

-嫁に対する悩み
-, ,

© 2020 超トレンドマニア Powered by AFFINGER5