嫁に対する悩み

間男とは|読み方/意味/語源を徹底解説!平安時代には既にあった!

2019年9月11日

間男 意味 語源 読み方

あなたは「間男」という言葉をご存じですか?

男女の不倫や浮気のエピソードに、時々登場する言葉ですよね。

なんとなく分かるけど、はっきりとした意味は分からない。

そんな人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、間男の読み方や意味、語源などの情報を、まとめて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

間男とは何者なのか?

妻の不倫相手のことを間男と呼ぶような気がしますが、正式にはどうなんでしょうか。

そこで、広辞苑を元に、以下の点について詳しく解説していきます。

  • 間男の読み方
  • 間男の意味
  • 間男の語源
  • 間女という言葉はあるのか?

間男の読み方

間男は「まおとこ」と読みます。

ま‐おとこ【間男・密男】

引用:「広辞苑 第六版」(岩波書店)

また、省略して「まお」と読んでも間違いではありません。

ま‐お【間男】

「まおとこ」の略。

引用:「広辞苑 第六版」(岩波書店)

間男の意味

間男には2つの意味があります。

  • 夫のいる女性が他の男性と肉体関係をもつ行為
  • 夫のいる女性と肉体関係をもつ男

①夫のある女が他の男と密通すること。またその男。

②情夫を持つこと。男女が私通すること。

引用:「広辞苑 第六版」(岩波書店)

不倫相手の男性のことだけではなく、行為のことも間男と呼びます。

  • うちの嫁が知らない男と間男していた
  • 妻の間男に慰謝料を請求した

このように使うわけです。

現在は不倫や浮気という言葉を使うので、「間男する」とはあまり言いませんね。

間男の語源

間男の語源は諸説あります。

  1. 夫と妻の間に入ってくる男
  2. 夫が留守の間に家に入ってくる男
  3. 妻を奪う悪魔のような男(魔男)

現在、有力で最も浸透しているのは、①の説です。

「夫婦の間に入ってくる男性」からきたとする説が浸透している。

引用:日本語俗語辞書

夫の留守中に、家で不倫をしていた元アイドルがいましたね・・・。

間女という言葉はあるのか?

手元の広辞苑には、間女という言葉はありません。

妻のある男性が、他の女性と密かに肉体関係をもっていても、間女するとは言わなかったようです。

ただし、辞書によっては掲載されているものもあります。

名](スル)妻のある男が、他の女と肉体関係をもつこと。また、その相手の女。

引用:goo辞書

間男と正反対の意味ですね。

現代は、男女問わず浮気や不倫は許されるものではありません。

しかし、歴史的に、既婚男性が他の女性と肉体関係をもっていても、お咎めなしとされる風潮がありました。

このような男女不平等の時代背景からも、間女という言葉は、一般的ではなかったのかもしれません。

なお、まったく違う意味で、間女(あいのおんな)という言葉もあります。

あい‐の‐おんな【間の女】

茶屋女でもなければ遊女せもない、どっちつかずの女

引用:「広辞苑 第六版」(岩波書店)

これはこれで、インパクトのある言葉ではありますが・・・。

 

スポンサーリンク

 

間男はいつから使われている言葉なのか?

間男という言葉は、いつから使われるようになったのでしょうか。

  • 平安時代
  • 江戸時代
  • 現代

それぞれの時代で、どのように使われているのか、詳しく見ていきましょう。

平安時代

調べてみると平安時代に、既に間男という言葉が使われていました。

今から約900年以上前に成立した「今昔物語集」の中に、間男が登場します。

若き女主の法師の間男を持ちたりけるを

引用:今昔物語集 第26巻

私は、江戸時代頃に間男という言葉が生まれたと考えていましたが、なんと平安時代に間男がいました。

平安時代の男女関係は、現在よりも、ゆるゆるです。

平安時代では、やはり男は多くの女の元へ通うのが常識であり、一人の女性しか愛さない男は真面目人間として軽く見られた。しかし人の妻を奪うことは非常識とされ、世間の非難を浴びた。

引用:Wikipedia

とは言え、間男に関しては冷たい目で見られていたようですね。

江戸時代

江戸時代になると、庶民の間で間男という言葉が普通に使われていました。

有名な古典落語には、間男を題材にしたものがあります。

  • 風呂敷間男
  • 紙入れ
  • 茶漬間男

どの話も、間男にまつわる、ちょっと間抜けな旦那の話です。

また、当時生まれたことわざにも、間男が登場します。

「貞女立てたし間男したし」

女性は、貞操を守ろうという気持ちとは裏腹に、浮気したいと思っている、という意味です。

様々な記録に間男が使われていることから、一般的な言葉であったことが分かります。

いつの時代であっても、現在同様、不倫や浮気があったということですね。

なお、江戸時代の不倫は命がけです。

不倫に対する処罰ですが、江戸幕府の定めた「御定書百箇条」には「密通いたし候妻、死罪」とあり、「密通の男」(不倫相手)も死刑とされていました。

さらにスゴいのは、浮気された夫は、妻とその相手を殺しても「構い無し(罪を問わない)」と、私刑(リンチ)を許していることです。

引用:江戸時代、不倫は文字通り「命がけ」の沙汰だった

ただ、浮気をした夫を罰する定めはありませんので、男女不平等な時代ですね。

女性の浮気に厳しい風潮は、明治31年に一夫一妻制が成立するまで続きます。

(重婚の禁止)
第七百三十二条 配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。

引用:引用:e-Gov

現代

現代は、不倫や浮気、愛人という言葉が使われるようになり、間男を見かける機会が少なくなりました。

また、男女を問わず、不倫や浮気は許されないものという貞操観念が根付いているため、間男という言葉が合わない側面もあるでしょう。

「不倫は文化だ」などと公言すると、非難の的になってしまいますからね。

現在でも、時々、間男という言葉を使っている場合があります。

間男に社会的制裁したいです。力貸して下さい

引用:Yahoo!知恵袋

あわよくばの下心満載な間男に、控えるように忠告するにはどうすればいいのでしょうか?

引用:Yahoo!知恵袋

妻が不倫をしていました。
間男と別れないと離婚するって言ったら離婚は嫌だって言います。
でも、間男も大事ですぐ別れるのは出来ないと言います。

引用:Yahoo!知恵袋

どれも妻の浮気相手を、憎しみを込めて呼称していることが分かります。

江戸時代と違って、現代は浮気相手に対する、暴力的な私的制裁は許されていません。

間男に対しては、慰謝料を請求して金銭的な制裁をするしかないわけです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いつの時代にも、不倫や浮気は存在します。

そして、発覚すれば、手段は違っても、制裁を受けます。

自分が間男になることも、間男に制裁を加えることも、避けたいものですね。

独りで思い悩むのはもうやめましょう

「いっそのこと別れちゃおうか・・・」

そう考えても気になることはいっぱいありますよね。

  • 慰謝料はどうなる?
  • 対外的な立場が…
  • 親権は奪われる?
  • 手続きが大変そう…
  • 何から始めればいい?

今や年間20万組以上の夫婦が離婚をする時代です。

バツがつくことは、既に一般的なこととなっています。

思い出は綺麗なものですが、それ以上にこれからの人生の方がはるかに大事です。

独りで悶々とする日々を過ごすくらいなら、まずは専門家へ無料相談をしてみましょう。

実際に離婚をするしないは置いておいても、きっと、疑問に思っていることがすっきりするはずですよ。

\無料お悩み相談/

※匿名OK/24時間メール受付



-嫁に対する悩み
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.