嫁に対する悩み

モラハラ妻ブログまとめ | 辛いあなたを救うおすすめ3選!

投稿日:

モラハラ妻 ブログ

妻からモラハラ被害に遭っていても、夫は誰にも相談できないものです。

  • 自分の嫁がモラハラ妻なんて知られたらイメージが悪い。
  • 妻から暴言を吐かれるなんて情けないって思われそう。

こんな風に考え、1人で悩みを抱えて苦しむばかり。

「妻からモラハラを受ける毎日は辛いけど、どうして良いのか分からない!」

あなたもそうじゃないですか?

そういう場合におすすめなのが、妻からモラハラ被害を受けている夫が書いているブログを読むことです。

著者の実体験は、モラハラ妻への対処法や、モラハラに苦しむ夫の気持ちを教えてくれますよ。

どんなブログがあるのか、詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

\誰にも言えない悩み/

※匿名OK/24時間サポート

 

おすすめモラハラ妻ブログ3選

多くの方がモラハラ妻を題材にブログを書いています。

中でも次の3つは、モラハラ妻に特化した内容のブログなのでおすすめです。

ポイント

  1. 本日も家出日和~吾輩は(モラハラ嫁の)猫である~
  2. モラハラ妻から逃げた夜
  3. モラハラ妻から離婚を勝ち取るまで

1つずつ詳しく紹介していきます。

1.本日も家出日和~吾輩は(モラハラ嫁の)猫である~

海外在住のモラ猫さんが書いているブログです。

2018年10月に奥さんとの離婚が成立し、それ以降ブログを更新されていません。

しかし、奥さんとの離婚に至る経緯や、モラハラ妻の恐怖の実態がリアルに描かれているので、非常に参考になります。

とにかく、奥さんのモラハラ具合は強烈です・・・。

「ちょっと聞いて」だったり、「これどう思う?」と投げかけが来るので、
私が「何のこと?」とリビングから返答すると、まず95%の確率で嫁は言う。

「人が話してんだから、お前がこっちに来いや!!」

引用:本日も家出日和~吾輩は(モラハラ嫁の)猫である~

珈琲屋で時間を潰し、会社へ来たものの大量の嫁からのメール、電話履歴があり、ウンザリした

嫁からの携帯への着信が夕方から夜まで何時間と延々に鳴り止まず、メールもおそらく100通以上きていた。

「死ね」という単語が入ったメールが40通はゆうに来ていた

引用:本日も家出日和~吾輩は(モラハラ嫁の)猫である~

このようなモラハラが、毎日繰り返されています。

 

モラ猫さんは、夫婦関係を改善しようと、奥さんと一緒にカウンセリングを受けます。

しかし、奥さんはカウンセラーに対しても・・・。

「私は日本でずっと正社員として働いてきた。突然コイツの転勤で私の仕事を奪われ、私は稼ぎ口を失い、人間として生きる価値が無くなった。人間は稼いでいることによって評価されるので、働いてない奴なんて何の価値もない!私はそういう環境にある!」

全く的を得ていない回答だが、嫁は畳み掛ける。

「コイツは金だけ私によこせばいい、私はコイツのことは金としか思ってない!金を払わないのならばコイツといるしかないです」

引用:本日も家出日和~吾輩は(モラハラ嫁の)猫である~

相手が誰であろうと、モラ猫さんへの暴言は止まりません。

 

その後、モラ猫さんは精神的に限界になり、別居を始めます。

そして、弁護士に相談して離婚裁判を進め、9ヶ月後に離婚成立となりました。

今年1月にこの異国の地の裁判所に嫁との離婚手続きを申請してから9カ月、遂に裁判所から離婚が受理された、即ちこの異国の地において嫁との離婚が成立した

引用:本日も家出日和~吾輩は(モラハラ嫁の)猫である~

モラ猫さんのブログは、奥さんのモラハラの状況や、自身の心情を丁寧に綴っています。

モラハラに苦しむあなたは、きっと共感できると思いますよ。

 

\誰にも言えない悩み/

※匿名OK/24時間サポート

 

2.モラハラ妻から逃げた夜

幸男さんが書かれているブログです。

2018年10月にブログを始めて、現在も不定期に更新されています。

幸男さんは、奥さんと結婚される前に同棲をしています。

なんと同棲初日から、奥さんの無視攻撃。

原因は、幸男さんが勝手に漫画を買ってきたことです。

幸男さんの奥さんは、お金に対する執着が激しく、「お前のお金は私のもの」という経済的DVも含まれています。

さらに幸男さんは、会社でパワハラを受けています。

会社で上司からパワハラを受け、家では奥さんからモラハラを受ける・・・。

そんな地獄のような生活に耐えきれなくなり、幸男さんは3回家出をします。

そして、3回目の家出の時に離婚することを決意したのです。

モラハラの被害に遭っている人は、誰にも相談できないことが多いです。

しかし、幸男さんは、知人やお父さんに相談しました。

また、幸男さんの担当弁護士さんも、親身になって相談に乗ってくれています。

あなたが奥さんからのモラハラに耐えきれなくなった時、あなたに寄り添ってくれる相談相手を見つけることが重要です。

3.モラハラ妻から離婚を勝ち取るまで

著者のかなめさんは、モラハラ妻と離婚をするために、3年にわたって調停と裁判で戦いました。

離婚は既に成立しており、このブログでは、離婚を勝ち取るまでの過程で気付いたことを解説してくれています。

かなめさんは、モラハラ妻の洗脳から逃れることが重要だと解説しています。

かなめさん自身は、カウンセリングの先生や弁護士への相談で、初めて自分が奥さんに洗脳されていることに気付けたそうです。

私自身の場合は、

前にも書いたように兄からの助言で

カウンセリングに行って、

その後に無料の弁護士相談に行き、

専門家の客観的な意見を聞き、

私は洗脳されていたのだと気が付くことが

できました。

引用:モラハラ妻から離婚を勝ち取るまで

 

かなめさんの奥さんは、自分が夫をコントロールしやすい環境を作りだして、少しずつかなめさんを洗脳していきました。

友人と会うことを禁止する

小遣いは渡さない

テレビを見させない

最後には

携帯電話を使わせない

という行為にまで及びました。

今考えれば、

これが洗脳の一歩だったと思うのですが、

引用:モラハラ妻から離婚を勝ち取るまで

あなたも奥さんから、このようなことをされていませんか?

洗脳が始まっているかもしれないので要注意です。

洗脳され、自分の意志がなくなると、モラハラ妻の思うがままになってしまいます。

 

かなめさんは、モラハラ妻との離婚手続きについても、自身の経験から解説しています。

あなたが離婚を検討しているなら、参考になることが多いブログです。

 

スポンサーリンク

 

モラハラ妻ブログから学ぶ対処法

モラハラ妻ブログを読むことで、あなたが今後どうしていけば良いのか学ぶことができます。

モラハラ妻ブログの著者は、共通して以下の3つの行動をとっていました。

注意ポイント

  1. 妻の元から離れる
  2. 離婚を検討する
  3. 専門家に相談する

1つずつ詳しくみていきましょう。

1.妻の元から離れる

毎日妻から暴言を吐かれたり、無視されたりするのであれば、妻の元から離れるべきです。

何も行動せずに、黙って妻からモラハラを受けているだけでは状況は変わりません。

そればかりか、あなたの心が壊れてしまいます。

妻からモラハラを受けない環境を作って、今後のことをじっくり考えてみてもいいでしょう。

なお、別居期間が長期に及ぶような場合には、奥さんに生活費(婚姻費用)を支払う必要があるので注意してください。

2.専門家に相談する

悩みを1人で抱えずに、専門家に相談することも重要です。

夫婦関係を改善していきたいと思うのであれば、奥さんと一緒にカウンセリングを。

また、離婚を検討しているのであれば、弁護士に相談を。

誰にも打ち明けることができない悩みでも、専門家であれば適切なアドバイスをしてくれます。

話を聞いてもらえるだけで、安心できることもありますからね。

 

\誰にも言えない悩み/

※匿名OK/24時間サポート

 

3.離婚を検討する

モラハラ妻ブログの著者は、最終的に奥さんと離婚することを決意します。

残念ながら、ある日突然奥さんのモラハラがなくなる、ということはありません。

そればかりか、さらにエスカレートしていくでしょう。

もう限界だ。

あなたがそう思ったなら、離婚を視野にいれるべきです。

お子さんがいる場合などは、離婚を決意するのは難しいかもしれません。

しかし、あなた自身の人生を大切にすることが重要ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

モラハラ妻に苦しんでいるのは、あなただけではありません。

妻からのモラハラで辛い気持ちになったら、紹介した3つのブログを読んでみてください。

あなたと同じように、妻のモラハラに苦しんでいるブログ著者が、あなたを孤独から救ってくれるはずです。

そして、あなたがこの先どうすれば良いのか教えてくれますよ。

独りで思い悩むのはもうやめましょう

「いっそのこと別れちゃおうか・・・」

そう考えても気になることはいっぱいありますよね。

  • 慰謝料はどうなる?
  • 対外的な立場が…
  • 親権は奪われる?
  • 手続きが大変そう…
  • 何から始めればいい?

今や年間20万組以上の夫婦が離婚をする時代です。

バツがつくことは、既に一般的なこととなっています。

思い出は綺麗なものですが、それ以上にこれからの人生の方がはるかに大事です。

独りで悶々とする日々を過ごすくらいなら、まずは専門家へ無料相談をしてみましょう。

実際に離婚をするしないは置いておいても、きっと、疑問に思っていることがすっきりするはずですよ。

\年間10万件の相談実績/

※匿名OK/24時間メール受付

 

関連記事&スポンサーリンク



-嫁に対する悩み
-,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.