嫁に対する悩み

勢いで離婚したら後悔した…妻に申し訳ないと悔やむ前にやっておきたいこと

離婚 妻に申し訳ない 後悔

  • 「もうこの嫁とは暮らせない!」
  • 「早く別れたい!!離婚だ!離婚!」

年間約20万人が離婚するこの世の中、勢いで離婚する夫婦も少なからずいます。

しかし自分で離婚を選択したはずなのに、離婚しなければよかったと後悔している人も少なくありません。

中には、離婚後になって妻に申し訳ないという気持ちが芽生える場合も。

お互いに幸せになるために選択した離婚なのに、後悔する理由はなんでしょうか。

また、離婚を後悔したないためにはどのようことを考えておけばいいのでしょうか。

離婚を後悔する理由をチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

\離婚する前にチェック/

※離婚で人生を狂わせないために 

 

離婚を後悔する理由

どのような理由で「離婚しなければよかった」と後悔するのでしょうか。

主な理由は次の通りです。

主な理由

  1. 貯蓄が激減する
  2. 仕事と家事の両立が難しい
  3. 周りにバレるのが恥ずかしい

詳しくみていきましょう。

1.貯蓄が激減する

離婚届にサインして終わり!というわけにはいかないのがこの財産分与。

婚姻期間の貯蓄などの財産は全て、夫婦のものです。

妻が専業主婦の場合だとしても、財産分与をする必要があります。

この財産分与によって、住んでいた家や貯蓄を妻に半分持っていかれます。

また正式な離婚まで長引く場合は、妻側に婚姻費用を支払う必要もあります。

そのせいで生活も苦しくなり後悔するケースが出てくるようです。

2.仕事と家事の両立が難しい

離婚後はじめて、男性側は仕事と家事の両立が難しいと実感するようです。

仕事で疲れて帰ってきても、散らかり放題の部屋が目に余る。

結婚していたときは暖かいご飯が出てたのに、今は寂しくコンビニ弁当。

毎日当たり前のように感じていたい生活が一気に崩れていく。

失って初めてわかるありがたみ。

今までどれだけ妻が家事をがんばってくれていたか。

家事や町会、近所付き合いなどの負担が全てこちらにのしかかってくる。

離婚した後になって、ありがたみがわかり妻に申し訳ない気持ちになる人も。

心身ともに疲れた時に、後悔が激しく襲ってくるようです。

 

スポンサーリンク

 

3.周りにバレるのが恥ずかしい

離婚は珍しくない世の中とはいえ、離婚はまだまだマイナスイメージな社会。

周囲の人にバレるのを恥ずかしい!と考える人もいるようです。

離婚したのが分かると、いろいろなウワサが飛び交う可能性もあります。

中には良からぬウワサを流され、好奇な目で見られてしまうのがつらく耐えられないことも。

同時に妻側もそういう目で見られるということがわかり、妻に申し訳ないと考える男性もすくなくありません。

離婚は夫婦の問題ですが、周りの人たちの対応がつらく離婚を後悔させるようです。

 

離婚を後悔する前にやっておきたいこと

深く考えずに、勢いで離婚を選択すると後悔するケースが多いようです。

離婚しか選択肢がない!と決めつける前にまだできることがあるはず。

離婚をする前にやっておきたいことは次の通り。

ポイント

  1. お互いの考えを話し合う
  2. 離婚相談を活用する
  3. 電話占い相談をする

詳しく見ていきましょう。

1.お互いの考えを話し合う

勢いで離婚しようとする場合、今後のデメリットが見えていないケースがあります。

衝動的な離婚ほど、相手に対しても申し訳ないという後悔の気持ちが大きくなります。

本当に離婚をしたいのか、お互い納得しているのか。

夫婦の考えを冷静に話し合いましょう。

ある程度冷静に話し合うことで、本当に離婚が最善なのかという判断ができるはずです。

2.離婚相談を活用する

誰かにこのことを相談したい・・・

と考えても、なかなか友達や親に気軽に相談できる内容ではない離婚の話。

二人きりだとなかなか冷静に話し合いができないこともあります。

夫婦間での話し合いがうまくいかない場合は、離婚相談を活用するのも手です。

離婚となるとお互いの感情だけで終わり!ではなく、財産分与や子供がいた場合は親権の問題も絡んできます。

法律も絡んでおり、ある程度知識がないと判断できないことも。

その結果、離婚して後悔してしまう・・・

そこで第三者を入れることで冷静な判断が期待できます。

二人での話し合いがうまくいかない場合は、プロに相談する方法も有効ですよ。

3.電話占い相談をする

勢いで離婚を選択して、相手も自分も幸せになれるのか・・・

不安になることもありますよね。

そういう場合は、電話占い相談で運勢や行動指針を占ってもらうのがおすすめです。

離婚を選択にするにしろ、思いとどまるにしろ、これからの人生どんなことが起こるかわかりません。

専門の鑑定士に占ってもらい、どうやったら相手も自分も幸せになるか今後の方針を決める参考にするのもいいでしょう。

自分の中にはない考え方をアドバイスをしてもらえるかもしれません。

専門の鑑定士に話すだけでもスッキリするはずですよ。

 

\妻の気持ちが手に取るようにわかる/

※※悪用厳禁※※

 

まとめ

自分と妻との離婚問題。

お互いの幸せのために離婚を選択する場合があるかもしれません。

しかし勢いだけで離婚すると、「こんなはずじゃなかった」とたくさんのデメリットを目の当たりにして後悔。

なんであの時離婚を選択したんだろう。

つらい思いをさせた妻に申し訳ない。

そんな後悔をしないために、勢いだけの決断は避けたほうが無難です。

離婚するにしろ、婚姻関係を続けるにしろ、お互いの幸せのことを一番に考えていきましょう。

離婚する前にチェック

愛想が尽きた時、考えるべき最も重要なことがお金の問題です。

後先考えずに進めてしまうと、その後の人生を大きく狂わせてしまうものとなります。

そんな時にチェックしたいのが、ファイナンシャルプランナーへの相談

「勢いで離婚を決意してしまったけど、この先いくらかかるのか、生活が成り立つのか見当もつかない」

漠然とした不安を取り除くために、FPに相談してみましょう。

サイト内検索



-嫁に対する悩み
-, ,

© 2020 超トレンドマニア Powered by AFFINGER5