坪単価の平均とは|調べるために10万円も損してしまった話

坪単価とは、建物の価格を建坪数で割った金額になります。

例えば、40坪の土地に2000万円の家を建てると以下の計算です。

2000万円÷40坪=坪単価50万円

 

でも…

家を建てる前に調べたくても、坪単価は本当に調べにくいんです。

試しに、どこでもいいのでハウスメーカーに問い合わせてみてください。

きっと、ハッキリしたことは答えず、いつの間にか、営業が始まるはずです。

 

私も、その仕組みを理解せずに家づくりへと飛び込んでしまった結果…

10万円もの大金をドブに捨てて無駄にしてしまいました。

(家を建てる数千万円に比べたら微々たるものですが、個人的には10万円は大金です)

 

というのも、家の価格はあってないようなものだから。

最低ラインだけが定めてあり、あとはハウスメーカー内でも扱う商品によって違ったり、オプションや立地によって、大きく変わってしまうからですね。

例えば、大手のダイワハウスで言っても、坪単価70万円くらいから、坪単価100万円オーバーまで、家づくりプランによって様々なんですよね。

 

なので「平均を知りたい!」と思ってみても、実際は意味がない話なんです。

坪単価の平均とは

県ごと、木造や鉄骨など建築工法ごとによってマチマチ過ぎて、50万円~70万円くらいとしか言えません。

あなたが建てたい土地、あなたが建てたい家にあわせた見積書を集めなければ、本当の意味での坪単価比較はかなわないのです。

無料で複数社の坪単価を把握する方法

坪単価を知るために10万円も損してしまった話

上記の通り、坪単価は非常に調べにくいもの。

ネットで調べれば「○○のメーカー坪単価は大体○○万円です!」といった記事もいっぱいありますが…

実際に見積もりを取ってみたら、全然高かった!or全然安かった!なんてことは、よくあることです。

 

でも、一社から見積もりをもらうだけで、めちゃくちゃ時間がかかることをご存じですか?

私の例でいえば、一社から見積もりをもらうだけで数週間ほどかかりました。

見積もりをもらうまで

打合せ数時間

数日待ち

現地調査数時間

数日待ち

見積書作成

数日待ち

見積もりを見ながら解説と営業数時間

しかも、ハウスメーカーの中には、見積もりを出すまでに仮契約を求めてくる会社までありました。

しょうがないから払いましたよ、申込み金10万円

一番の候補メーカーでしたからね。

 

でも結局…他のメーカーに決めてしまったので、その10万円はまったくの無駄でしかありませんでした。

※返金するところもありますが、多くはそのまま取られてしまいます。

 

バカらしくないですか?

 

私が知りたかったのは「希望の家がどれくらいの金額で建つのかだけ」でした。

たったそれだけのことで10万円も払うなんて。

 

もっと多くの会社を比較したい…けど、そんなにお金を無駄にできない。。。

ほとほと困り果ててしまった私は、なんとかリアルな坪単価を調べられないものかと思い、検索を続けました。

 

そうしたらあったんです。

まったくの無料で坪単価比較をできるサービスが。

これを使うことで、さらに5社の見積もりを無料で手に入れ、比較検討することができたんです。

私と同じ失敗をしたくない方は、ぜひご覧になってみてください。

完全無料で住宅会社の詳細坪単価を比較する方法

それは、注文住宅の無料一括資料請求です。

簡単な流れ

  • 建てたいエリアを選択
  • 希望の条件をチェック
  • 欲しいハウスメーカーを選ぶ

やることはたったこれだけ。

しかも、たったこれだけで、↓が全部もらえたんです。

ポイント

  • 見積書
  • 間取り図
  • 予算計画
  • 土地の提案

↑これらすべてが完全無料でもらえたんです。

あとは坪単価の計算をするだけで、ハウスメーカー各社の坪単価が簡単にわかりました。

最初に払ってしまった10万円は、いったい何だったのでしょうか。。。

実際に届いた資料例

※そのまま載せると身バレしてしまうので、一部加工してあります。

こういう資料がたくさん届いたんです。

誰も知らないようなハウスメーカーじゃないですよ。

ダイワハウスとか積水ハウスとか、大手からももらうことができたんです。

 

私のように、わけのわからない申込金で損してしまう前に、ぜひ便利に使ってみてください。

一括見積の不安点

これ、実際に使ってみるまでは、不安な部分もありました。

不安点

  1. 営業がしつこいんじゃないの?
  2. どうせ知らない会社ばっかじゃないの?
  3. ろくな資料が届かないで個人情報が抜かれるだけじゃないの?

私が不安に思った部分をひとつずつ解説していきますね。

1.営業がしつこいんじゃないの?

実際、普通に回った1社は非常にしつこかったんです。。。

いくら私が「検討中です」と答えても…

週に1回~2回は電話がかかってくるんですよね。。。

 

だから、一括見積を使うのにはためらう部分もあったんです。

たった1社で、あれだけ消耗したんだから、ジャンジャン電話が来たらどうしよう…って。

 

でも、一括見積の方は、数回の確認メールだけで済みました。

備考欄に「電話営業は極力控えてほしい」と書いておいたのが効いたのかもしれません。

…1社だけ、ちゃんと読んでいないのか、いきなり電話がかかってきた会社もありましたけどね。

もちろん、その会社は即却下しました。

2.どうせ知らない会社ばっかじゃないの?

大手なんか参加しておらず、聞いたこともないような会社ばっかなんだろうな~と、タカをくくっていたんですよね。

確かに、知らないハウスメーカーもありましたが、大手ハウスメーカーも大量に参加していたのには驚きでした。

普通にダイワハウスとかセキスイハイムとか、超大手企業もいっぱいいる。。。

それに高級なハウスメーカーだけではなく、タマホームやアエラホームなどのローコストハウスメーカーもいっぱい。。。

 

これには驚きでしたよ。

ぶっちゃけ「ちょっと怪しいサイトなんじゃないの?」とも思っていたからです。

酷い言い方をすれば「知名度もなにもない会社に手抜き工事で粗悪品を売りつけられるんじゃないの?」とまで思っていました。

虫が良すぎる話ですから。

 

でも、違った。

一流企業も多数参加していて、絶対に安心なんだ!って思っちゃいました。

 

で、実際に条件を入力していくと、聞いたこともない住宅メーカーが出てきたんです。

私は思いましたね。

「ほら見たことか!どうせ安いだけなんでしょ!!」

そんなことを思いながらも、会社概要を見ていると…

めちゃくちゃしっかりした会社だってわかったのと、雰囲気が良さそうだったんで、あわせて請求を依頼してみたんです。

 

結果から言えば…

アッシュホームの提案力や対応力が一番でした。

超大手のS社やD社も一緒に請求したのですが、なんか間取りがおかしいし、なにより予算額めいっぱいの見積もりだったからです。

「あぁ、やっぱり大手は大手なんだな」と思ってしまいましたね。

 

「ハウスメーカーを比較して良い家を建てる!!」

こう鼻息荒くなってしまっていて、ブランドだけで判断してしまっていた自分を反省しましたよ。

こういった穴場のハウスメーカーを見つけられたのも嬉しいポイントのひとつでしたね。

3.ろくな資料が届かないで個人情報が抜かれるだけじゃないの?

上でも書いた通り、ちゃんと図面や見積書が届きました!

それに、一流企業がたくさんいたので、個人情報の扱いは、ちゃんとしているのは間違いないですよね。

あからさまな詐欺サイトだったら、ダイワやセキスイなどが参加するはずありませんもの。

これは心配しなくても大丈夫な点でした。

リアルな坪単価を無料で知るために

アナログに自分の時間や手間を使って調べるのではなく、これからはスマートに効率的に動くのが大事だと思い知らされました。

いつまでも時代遅れの方法をせずに、新しいものはどんどん取り入れていこうと考えるきっかけにもなりましたね^^;

© 2020 超トレンドマニア Powered by AFFINGER5