不動産投資は危ないからやめておけ|儲からないでデメリットだけに潜む秘密

不動産投資は危ない、やばい、やめたほうがいい。

そんな風に感じたり言われたりしたこと、ありませんか?

詐欺案件だけではなく、得にもならなければ、損しかしないリスクの高い儲け話だと。

はたして、本当にそうなのでしょうか。

聞きかじった情報を、自分で都合よく解釈して、なんとなくわからないから遠ざける。

気付かないうちに、そんな情弱ムーヴ、していませんか?

不動産投資は危険だからやめとけ!

確かに…

不動産投資詐欺や投資会社が倒産してトンズラかますなんて話は多々あります。

投資用物件を買ったはいいものの、空室だらけで自己破産、そんな話もよく聞くもの。

 

さて、ここで考えたいのは…

彼らは取返しのつかない巨大なリスクを背負うのに、自分の頭を動かしていないから失敗しただけだ、ということ。

 

そりゃ自分で物事を考えられない輩には、不動産投資などやめとけ!としか言えませんよ。

タバコだ酒だなんてのと同じ。

子供は自分でその危険性を把握できないもの。

それを遠ざけるのは大人や国の責務です。

だが…

大人はそれが許される。

自分にとって毒でもあるという知識と責任を持ったうえで楽しむのであれば、その甘美な一時を妨げるものは何者も存在しません。

 

不動産投資だって同じもの。

右も左もわからない、理論武装もあったものじゃない素人へのアドバイスは。

「不動産投資なんて危険だからやめとけ」

これ以外、なにもないわけです。

不動産投資はやめておけの先にあるもの

やめろやめろと言われるその先にあるもの。

酒やタバコと同じく甘美なもの。

同じようにそれが眠っているのが不動産投資なのです。

 

株は危ないからやめておけ。

投資信託は危ないからやめておけ。

FXは危ないからやめておけ。

 

どんな投資話にだって言えることってことですね。

その裏では、知識を携えた玄人たちが巨額の富を築き上げている。

不動産投資も、その中の一手段に過ぎないのですよ。

 

「大人は質問に答えない」

これは漫画カイジの中の有名なセリフです。

お金の増やし方を教えてくれる大人なぞいません。

その先に金脈があることを知っている大人は「危険だからやめておけ」としかいいません。

 

このまま知らぬまま、知らないフリをしたまま過ごすのか。

なるほど、このままを選択すれば、安全な未来が待っているでしょう。

ただし、凡庸で、将来性のない未来ですが。

あなたはどちら側の人間ですか?

知識がなければ不動産投資はやめておけ

つまりはこういうことです。

面倒くさい…と思うのであれば、どんな投資もやめておけ。

それが無難な話です。

 

もし、少しでも興味があるのであれば、まずは基本的な仕組みを知ること。

ほんのちょっと知る努力をするだけで…

「なんだかよくわからない危険で怪しいモノ」が、

「将来性の高い資産形成につながる素敵なモノ」に変わることでしょう。

 

とはいえ…「不動産投資の基礎を学ぶ」なんて言われても、なにから始めて、なにを覚えればいいのかなんてわかりませんよね。

分厚い書籍を何十冊と読まねばならないのか…などと考えてしまうかもしれません。

そんなことをしていたら、いつまで経っても資産形成をスタートすることができません。

 

安心してください。

このページを見て、資料請求を行うだけで万事OKです。

そのページとは、GA technology社の展開するワンルームマンション投資サービス、リノシーのページです。

不動産投資リノシーをはじめて

私は、この知識を得ることができて、そして不動産投資をスタートできて。

間違いなく人生が好転しました。

 

それまでの私は、お金について全く考えることができていませんでした。

なんとなく…

「今月は使いすぎたかな、貯金、全然増えないなぁ」

くらいなもので、まったくもって、将来について、見通すことができていませんでした。

 

それが今では…

「今月の収入はこうで、支出はいくらで。利回りはこれくらいか」と、キッチリとお金に意識が向くようになりました。

 

お金の話って難しいものですが、なんてことはありません。

自分で調べて、自分で始めて。

そうすることで、自分の血肉になっていくんですよ。

 

やはり、何事もチャレンジや行動力が第一だと痛感しています。

「明日やればいいや」

今まで、そうやって、どれだけのことを将来へ先送りしてきたことか。

「今できることは今やる」

小学生に諭すような話ですが、人生、これの積み重ねなんですよね。

まずはあなたも「不動産投資の知識を得る」これからスタートしてみませんか?

© 2020 超トレンドマニア Powered by AFFINGER5