アフィリエイトまとめ

nend(ネンド)実際に使ってみた感想は?単価と収益が【予想外の方向】に・・・!?

2017年11月15日

nend 単価 収益 感想

nend。

アフィリエイトをされている方なら、耳にしたことがあるかもしれません。

そう、『スマホ特化のクリック型広告サイト』ですね。

私も、その存在は見聞きして知っておりました。

実際に使ってみた感想をお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

nendとは

nendとは、ファンコミュニケーションズが運営する『スマホ特化のクリック型広告サイト』です。

要は、Googleアドセンスと同じ、クリックされるだけで収益が発生するタイプの広告ですね。

 

ちなみにファンコミュニケーションズとは、ASP大手である天下のA8.netを運営している会社でもあります。

蛇足ですが、A8はその広告案件の広さと、今まで積み上げてきた実績から・・・

「アフィリエイト初心者は、まずはA8に登録しておけ!」と言われるくらいメジャーなASPです。

おまけですが、もしA8に「まだ登録していない!!」という方はこちらからどうぞ。

A8.netの申し込みページはこちら

初心者から玄人までカバーされていますので、登録がまだの方はぜひ。

特にアフィリエイトの基本的なノウハウなどの情報も記載されていますので、大いに参考にしたい所ですね。

私もここ数か月取り組んできましたが、先日、やっと初振り込みがされたところです^^

 

そんな、アフィリエイト最大手が運営するクリック型広告、nend。

国内トップクラスを誇る広告案件の中から、独自の配信プログラムによって適切な広告が配信される。

これは大いに期待したくなってしまうじゃないですか。

ちょっと興味が湧いて、登録してみたいな!と思った方はコチラからどうぞ。

スマートフォンアドネットワーク【nend】

実際にnendを導入してみた結果

さて!みなさま気になる・・・!!

nendを導入した結果ですが・・・!!!!

 

率直な感想・・・

使えねぇwwwwww

 

いやぁ、うーむぅ、ぬぅ。

だって、クリック単価が安過ぎるし、広告配信ロジックがイカレてるんだもん・・・

実際に細かい数値を見ていきましょう。

nendのクリック率は?

えー、私が導入した期間は約一週間。

インプレッションで言えば6000ほどです。

※インプレッションとは、広告が表示された回数。

 

で、クリックされた回数はと言うと・・・

15回!!

えー、%に直しますと、0.25%です。

 

ページCTRではなく、インプレッションで割った数値なので、少し低くなるのは当然だとしても・・・

Googleアドセンスの半分以下だと言えましょう。

要はどういうことかというと、クソってことです(爆)

 

まぁ、これも当然ですけどねぇ・・・。

だって、男性比率が7割のサイトなのに、謎に『腐女子系電子コミック』の広告ばかり出てきたり、恋愛要素ゼロのブログなのに、『マッチングアプリ』や『婚活サイト』の案件ばかり出てきたり。

そんなもん、誰もクリックしないでしょう?

独自の広告配信プログラムには、どうやら大幅に改善の余地があるように見受けられますね。

nendのクリック単価は?

なんか、多分、私が極端に低いのかな?とは思いますが・・・

クリック単価は驚愕の5円でした。

15回クリックされて、約80円。

 

・・・いや、無理です。

これじゃいくらクリックされても。。。

しかし巷では、「単価は9円固定で徐々に上がる」とか、「15円くらいありました!」なんて評判や声も聴きます。

もしかしたら、私のドメインが絶望的にマッチしていなかっただけかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

nendを使うメリット

私にはメリットが感じられなかったので外してしまいました。

nendのメリットは、アドセンスが使えないという方が使う以外にはないのではないでしょうか。

私も導入したきっかけは、お酒の直販記事に導入した為でしたから。

※アドセンスは、お酒直販記事には貼ることが出来ません。

一応まとめると、恩恵があるのはこんな方。

ポイント

  • アドセンスの審査がまだの方
  • アドセンスでアカBAN!された方
  • アドセンスポリシーに抵触する恐れのある方

こうしてみると・・・

やはりクリック型広告を選択する場合、Googleアドセンスがどれだけ大事なのかが分かりますね。

nendを使うデメリット

nendに限らず、その他クリック型広告すべてに言える話です。

※アドセンスも含む。

それは・・・

サイト離脱を促してしまうことに繋がるから。

『広告をクリックする』=『サイトからの離脱』を意味します。

SEO的にもマイナスであることは間違いありません。

 

もし、「必ず成約させたい!!!」という案件があるのであれば、余計なサイト出口を設置することなく、広告案件だけを出口として作ってあげるべきなのです。

極論、そこにはアドセンスさえ必要ないハズです。

私は心が弱いので、どうしても併用もしてしまいますけどね(笑)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

nendは私とは肌が合わなかったようです。

ジャンルによって単価が変化するのかは、よくわかりませんが・・・

もしかしたら、もっとマッチするサイトなら報酬も多くなるかもしれません。



-アフィリエイトまとめ
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.