ZEH/太陽光発電

2019年問題で売電できなくなるって本当?気になる太陽光発電の今後まとめ

2019年7月2日

太陽光発電 2019年問題 売電できなくなる

「2019年問題」によって、太陽光発電の売電をしてきた人は、大きな影響を受けるでしょう。

  • 「そもそも2019年問題って何?」
  • 「太陽光発電をしても売電できなくなるって本当なの?」

と不安に感じている方も多いと思います。

そこで今回は、「2019年問題」を中心に、太陽光発電の今後についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

「2019年問題」とは?

そもそも2019年問題とは何なのかをご紹介します。

2009年11月に「固定価格買取制度」がスタートしました。

この制度によって、太陽光発電を設置してから10年は、余剰電力を一定価格で買い取ってもらえます。

(※10kw以上のシステム設置者の買取期間は20年。)

2019年11月は、この固定価格買取期間を満了する人が、はじめて出てくるのです。

  • 「固定価格買取期間の終了後は、電気を売電できなくなるのではないか?」
  • 「売電価格が保証されなくなったら、一気に価格が下がるのではないか?」

と不安視されています。

しかも、満了する太陽光発電の件数は、56万件。

非常に数が多いため、「2019年問題」として注目されています。

ちなみに、固定価格買取制度はFITとも呼ばれているため、「卒FIT」と言われることもありますよ。

 

買取期間満了後は?

買取期間を満了した太陽光発電は、その後の使い道が2つ考えられます。

ポイント

  1. 自家消費
    (電気自動車・蓄電池などと組み合わせえて、自宅の電力に使う)
  2. 相対・自由契約による売電
    (家庭と小売電気業者が個別に交渉して契約を結ぶ)

以上の2つです。

当然、自家消費はするとして、余った分を買い取ってもらえるのかが問題ですよね。

買取期間終了後の売電価格として、経済産業省は、11円/kWhを目安にするよう呼びかけています。

2015年通年の昼間平均スポット価格は11.95円、直近の特定規模電気事業者の回避可能費用は、10.72円であることから、買取期間終了後の売電の便益として、11円程度を想定してはどうか。

引用:資源エネルギー庁|『再生可能エネルギーの導入状況と固定価格買取制度見直しに関する検討状況について』

買取期間の満了まで半年を切り、事業者も動きだしました。

買取継続を表明したり、具体的な買取メニューを発表したりしているので、チェックしましょう。

例えば、

  • 東北電力:9円/kWh
  • 中部電力:7~12円/kWh
    (プランによって異なる)
  • 北陸電力:5~8円/kWh
    (プランによって異なる。年1.5万から一括買取のプランもある。)
  • 関西電力:8円/kWh
  • 四国電力:7~8円/kWh
    (プランによって異なる)
  • 九州電力:7円/kWh

となっています。

経済産業省が目安としている、11円よりも少し低い程度に落ち着きそうですね。

一番困るのは、2009年~2015年に太陽光発電を開始した方です。

政府は当初、買取期間終了後の売電価格を24円/kWhと想定していました。

多くの業者は、政府の想定する24円/kWhを前提としてシミュレーションしていました。

だから、太陽光発電の購入したときの想定より、メリットが低くなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

これから太陽光発電を利用する方は?

これから太陽光発電を導入しようか迷っている方もいるでしょう。

2019年問題は、太陽光発電を設置してから10年後に直面する問題です。

今からでも、固定価格買取制度を利用することはできます。

ただし、昔よりうま味が少なくなっているのは事実ですね。

例えば、売電がスタートした2009年は「48円/kWh」でした。

しかし、今は「26円/kWh」と半分近くまで、大幅に減少してしまいました。

今から考えると、まさに破格の金額です。

太陽光発電の設置費用も年々下がってきていますが・・・

昔のように「売電で儲ける!」というのは、難しいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

2019年問題によって、売電価格は下がりますが、売電できなくなることはないでしょう。

各事業者も家庭の太陽光発電の電気を、買い取りつづける方向で、動き出しています。

満了期が近い方は、各事業者の買取メニューを比較検討してみましょう!

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

年末年始でゆっくり資料を見比べてみませんか?

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。



-ZEH/太陽光発電
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.