新築/注文住宅まとめ

防犯性の高い注文住宅とは|家族の安心・安全を守る!おすすめハウスメーカーランキング

防犯 注文住宅 ハウスメーカー おすすめ ランキング

最近は共働きが当たり前。

家に誰もいない時間がある家庭が多いです。

  • 「仕事中、空き巣が入らないか不安・・・」
  • 「泥棒が侵入しないような、安心して暮らせる家に住みたい」

と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、防犯性の高い家の特徴と、人気のハウスメーカーをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

防犯に強い家の特徴

都市防犯研究センターの調べによると、約8割の泥棒は侵入するのに5分以上かかった場合、諦めるそうです。

つまり、しっかり対策して泥棒が入りづらい家をつくれば、防犯性を大幅に上げることができます。

具体的には、次の3つの対策が効果的です。

ポイント

  1. 防犯意識の高い家だとアピールする
  2. 鍵のかけ忘れを防ぐ
  3. ガラスの強度を上げる

順にみていきましょう。

1.防犯意識の高い家だとアピールする

まずは、防犯意識の高い家だということが、外観からわかるようにしましょう。

  • 防犯カメラを設置する
  • 人感センサーライトを採用する
  • タイマー付きライトを採用する
    (留守だとバレないようにするため)
  • 録画できるタイプのインターホンを採用する
  • 「防犯雨どい」を設置する
  • 外構を整備する
    (フェンスを高くする・防犯砂利を敷き詰めるなど)

といった対策がオススメですよ。

泥棒も、捕まりたくはないはずです。

これだけ備えれば、侵入をためらってくれるでしょう。

2.鍵のかけ忘れを防ぐ

2018年の警察庁の調べによって、侵入犯罪の手法がわかっています。

一戸建て住宅への侵入手段のNo.1は、なんと「無締り(鍵のかけ忘れ)」だそうです。

侵入手段の46.5%が、鍵のかかっていないドアや窓からの侵入なんですよ。

勝手口や窓の戸締りを忘れないよう、注意するのはもちろんですが

  • オートロック機能のある門扉・玄関ドアを採用する
  • 自動ロック付きのクレセント錠(窓の戸締り用金物)を採用する

といった閉め忘れ対策も取り入れるのがベストですね!

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

3.ガラスの強度を上げる

2番目に多い侵入手段は、「ガラス破り」です。

侵入犯罪者の37.7%が、ガラスを破壊して窓から侵入してきます。

割れにくく、割るのに時間がかかる「防犯ガラス」を採用しましょう。

特に、防犯性能試験に合格した「CPマーク」を取得した製品を採用するのがオススメです!

適合していないガラスであっても、フィルムを貼るだけで強化できるグッズもあります。

また、どうしても心配な場合は、ホームセキュリティと契約するのもいいですね。

アルソックなら、月々6,800円(税別)から契約可能です。

※機器買取りなら4,500円(税別)コースも。

侵入者を感知したり、窓ガラスが割れたりしたときに駆けつけてくれるます。

これなら、家族の安心・安全を守れますよね。

ただし一年で10万円近くですからね・・・

この出費をどう感じるかは人それぞれです。



防犯性の高い家のハウスメーカーランキング

最後に、防犯性の高い、おすすめハウスメーカーをご紹介します!

1位:大和ハウス 防犯性配慮住宅

私自身、大和ハウスで建築したので、多少の贔屓目はあるかもしれませんが・・・

2002年から防犯性能を強化し、「防犯配慮住宅」を提供している、おすすめハウスメーカーですよ。

戸建住宅の侵入盗に関するさまざまなデータをもとに、防犯に配慮した家として「狙われにくい、侵入されにくい家」というコンセプトを打ち出しました。「お客様及び地域コミュニティの防犯意識」の高まりに対し、住宅メーカーとしてハード部分で最優先に配慮すべき仕様を設定、全ての戸建住宅を『防犯配慮住宅』に切り替えることとしました。

引用:大和ハウス公式

具体的には、

ポイント

  • 一階は全窓「防犯合わせ複層ガラス」を標準採用
  • 「2箇所以上のロック機能を持つサッシ」を標準採用
  • 「1キー2ロック仕様」のドアを採用(1つの鍵で主錠と補助錠の2つの錠をロックできる)
  • 防犯性能を高める設備機器(センサーライト・テレビドアホン)を採用

といった対策をしていますよ。

坪単価は商品によって違いますが、我が家は90万円程度でした。

2位:トヨタホーム 360°防犯住宅

トヨタホームは「360°防犯住宅」を謳っています。

CPマークの設備を多く採用しており、防犯性の高い住宅を提供しているので、おすすめです。

特に、玄関の「ラ・ロックⅡ」は、電気錠では、はじめてCPマークを獲得した装置です。

また、窓には施錠モニターがついており、開閉があったとき、通報を受け取ることができます。

これなら、家を空けていても安心ですね。

坪単価は、工法によって変わりますが、約55万~80万円程度と言われています。

3位:パナソニックホームズ 最新防犯設備

パナソニックらしい最新設備で、不法侵入者を撃退できるので、おすすめです。

  • 「電気錠システム」
    (自動施錠・暗証番号に対応・こじ開け時は警報を鳴らす)
  • 「スマートHEMS」と連携し、外出先から電気錠を確認・施錠可能
  • 「住まいるサポ(インターホン)」に接続し、訪問者の顔をチェックできる
  • 「シャッター雨戸」を採用
  • 突起付きの「破りにくい窓サッシ」採用

など、数々の防犯システムを選択することができますよ。

高いものだと坪単価100万円を超えますが、坪単価65万円から提供してもらえます。

4位:マツシタホーム 防犯特化メーカー

マツシタホームは茨木や千葉で、安全性の高い住宅を提供しているハウスメーカーです。

  • すべてのドアや窓を「ダブルロック」仕様に
  • すべての引違窓に「電動シャッター」を標準装備
  • あえて「防犯フィルム」を採用(内側からは、窓を割って脱出可能にするため)
  • 「どこでもドアフォン」採用(来客の映像を確認できる・女性の声を男性に変換できる)
  • 「ホームセキュリティシステム」採用(不在時にドアや窓が開くと、登録された電話番号4か所に自動追放)

など、高い防犯性能を売りにしています。

坪単価は45~65万円程度です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

家を建てる際に、侵入しづらいつくりを採用すれば、安心して生活できますね。

「自分の家は大丈夫」と思いがちですが、侵入者は、その油断をついてきます。

担当者と話しあって、十分な対策を心掛けたいですね♪

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅まとめ
-, , , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.