ハウスメーカー情報

注文住宅のカタログ資料請求は一括かハウスメーカー直接か|しつこい営業がうざい?

注文住宅 資料請求 しつこい カタログ 一括 ハウスメーカー

どこのハウスメーカーにしたら良いのか。

それは複数社を比較検討してみなければ、なにも見えてこないものです。

複数比較をするためには、3通りの方法があります。

ポイント

  1. 対面で1社ずつ営業を受ける
  2. 直接資料請求を1社ずつ依頼する
  3. 複数社からの一括資料請求を使う

この中で、一番のおすすめが複数社からの一括資料請求です。

対して、最も無駄で非効率なのが直接対面営業を受けること。

同じ内容を希望の会社の数だけ繰り返し、会社の数だけ移動と時間をかけて。

結果、どことなにを話したのか、わけがわからなくなってしまいますし、ともすれば、営業マンの話術に言いくるめられてしまいます。

大手ハウスメーカーの営業マンともなれば、プロの心理学者やメンタリストみたいなものですからね。

コロッといってしまわない自信があるなら良いですが、大多数の人はそうではないでしょう。

 

複数社を徹底的に比較するのであれば、まずは資料をもとに絞っていくことが大事です。

一社と長い時間をかけて深い話をするのは、それから。

直接一社ずつ資料請求を行う場合と、時短で複数資料請求ができるサービスについて詳しく解説していきます。

注文住宅の資料請求はどこに?

注文住宅の資料請求方法は、2通りしかありません。

ポイント

  1. 候補のハウスメーカーに直接請求する
  2. 一括資料請求サイトを使用する

詳しく見ていきましょう。

1.候補のハウスメーカーに直接請求する方法

そもそも、建てたいハウスメーカーを1社や2社だけに絞られているのであれば、一括資料請求サイトを使用する意味はありません。

なんてことはありません。

候補のハウスメーカーに直接依頼すれば済む話ですからね。

住宅展示場に赴いて声をかけるなり、公式ホームページから資料請求するなりでOKです。

電話問合せでも良いですね。

この方法が、最も早く家を建てることができるでしょう。

 

ただし、これはこれでデメリットのある方法であることをお伝えしておきます。

直接請求のデメリット

  • ヒアリングや押し売りがしつこい
  • DMや再来店訴求がしつこい
  • 電話や来訪がしつこい
  • 複数社回るのに時間がかかる
  • 高額な見積もりを提示されてしまう

誠意ある対応をしてくれるハウスメーカーであれば良いのですが…

ぶっちゃけ、しつこい会社ばかりだと覚悟しておきましょう。

住宅展示場なら、ちょっと話を聞くだけのつもりが、気付けば数時間経っていた!なんてことも。

かといって「資料だけでいいので営業いらないです」とズバッと言える鋼メンタルな人ばかりではないですよね。

 

また、ホームページからの資料請求であれば、当然、個人情報の入力があります。

となると、DMやチラシの送付は当たり前、電話や、下手すれば、いきなり来訪されることだってあるでしょう。

良く言えば「営業さんの熱意がすごい」。

悪く言えば「営業がしつこくて最悪」。

感じ方は人それぞれですが、いくら断ってもしつこい営業をされたら、嫌な気分になる人がほとんどではないでしょうか。

 

また、これが一番大事なのですが…

一社だけに熱を入れて気に入ってしまうと…

営業にやりたい放題されてしまいますよ。

営業の立場になって考えてみてください。

営業の気持ち

×「あっこの人は御社の商品が本当に大好きなんだな、嬉しい」

○「この人は他社に行きそうもないな。ちょっとくらい高めでも大丈夫だろう」

生き馬の目を抜く激しい住宅業界で、前者のようなピュアで脳内お花畑の営業ではやっていけません。

ほとんどの営業は後者。

競合他社に取られてしまう心配がないのであれば、あとはどれだけ利益を乗せられるかしか考えません。

営業成績という分かりやすい数字で、彼らの生活がかかっているのですからね。

なので、どこでも言われていることですが、高額商品は必ず相見積もりをするべきなのです。

対面営業を選択するとしても、必ず一社で決めないでください。

直接請求がおすすめの人

  • 既に住宅会社が絞られている人
  • 熱のある営業が好きな人
  • 対面で細かく話を聞きたい人
  • 金に糸目を付けない人

2.一括資料請求サイトを使用する方法

対して、一括資料請求サイトの特徴は以下の通りです。

一括資料請求の特徴

  • 一度で多くのハウスメーカーに依頼をかけられる
  • PCやスマホで完結する
  • 時間帯なども気にしないでOK
  • 必要事項の記入が一度でOK
  • 知名度の低い会社も見つけられる
  • 自動で相見積もりになるので価格競争になる

1~2社だけではなく、多くの住宅メーカーを比較したい方におすすめの方法ですね。

直接請求だと、欲しい会社の数だけ、手間と時間がかかってしまいます。

一括資料請求であれば、ネット環境がありさえすれば、ものの数分で済むわけです。

また、今まで知らなかったような地域に根差したハウスメーカーが参加している場合もあります。

大手のブランドばかりではなく、提案で選ぶというのは大事ですから、検討の価値はありますよ。

 

さらに言えば、複数社からの資料請求ということはサイト側でも分かりますので、自動的に競争意識が働きます。

「S社ではこういう見積もりだったんだけど、おたくではもう少し安くなるよね?」というやり取りを省略することができるわけです。

面と向かって値引き交渉するのって、けっこう苦手な人が多いんじゃないですか?

さらには、比べるということは、どこかはお断りしなければならないわけで…

かくいう私も、値引きもお断りも苦手ですから…

それを、対面する必要なく、相見積もりへ持ち込めるということなのです。

 

ただし、デメリットがないかと言えばそうでもありません。

デメリット

  • 目当てのハウスメーカーが参加していない場合も
  • 多くのカタログを読み込まなくてはならない
  • 細かい要望が伝えにくい

家を建てたいエリアや、一括請求サイトによって、希望するハウスメーカーが参加していない場合があります。

そうなってしまうと、その会社だけは直接請求しなければなりません。

これでは、一括請求の魅力は半減してしまいますね。

また、細かいニュアンスやスペックについては、もらった資料から読み解いていくしかありません。

「取説を読むより話を聞いた方が早いや」というタイプの方には不向きの方法と言えますね。

そして、細かい要望があれば、それに適したカタログをもらうことができますが、どうしても一括請求だと希望を伝えきれない場合があるでしょう。

「なんか違うんだよな」と間の抜けた資料が届いてしまうリスクはあります。

一括資料請求がおすすめの人

  • 具体的なハウスメーカーが決まっていない人
  • じっくり資料で比較したい人
  • 家づくりの第一歩目の人

注文住宅一括資料請求サービスの一覧表と特徴の違い

ハウスメーカーの注文住宅一括資料請求サービスには、いくつか種類があります。

代表的なサービスが以下の通りです。

他にもあるかもしれませんが、知名度が高く、実際の利用ユーザーが多いサイトがこれらですね。

「どれを使っても同じ!」と思うかもしれませんが、それぞれ特徴が異なりますので解説しましょう。

以下が特徴の一覧表です。

タウンライフ ライフルホームズ スーモ 持ち家計画
カタログ請求
参加企業数
地域A 12件 8件 59件 17件
地域B 10件 8件 69件 22件
見積もり ×
間取り提案 ×
土地探し × × ×
申込み特典 ×
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※2020年3月時点での調べ。参加企業数は2つの地域で調べてみた結果です。時期によって増減します。

見ての通り・・・

一長一短であることがお分かりでしょう。

参加企業数で言えば、スーモが群を抜いた状態。

しかし、その他の項目ではスーモは全滅です。

単純に多くのカタログだけを欲しい!!という時には良いのですが、ユーザー個人個人に適したものを、というと物足りなさがあります。

それに、さすがに50冊も60冊もカタログはいらないですよね。

読み込むだけで数か月かかってしまいそうです。

ゴミの山として捨ててしまうくらいなら、もっと数を絞って深い内容の資料をもらった方がいいでしょう。

それぞれのサービスの特徴を項目ごとに見ていきましょう。

カタログ請求について

こちらはすべてのサイトが満たしている項目ですね。

一括資料請求ですから当然です。

住宅商品のパンフレットや、得意とする構法、会社概要などを知ることができます。

参加企業数について

各サイトの営業努力によるものですね。

利用する時期によって、参加企業数は異なりますのでご注意ください。

スーモが群を抜いていることは上でも書いた通りです。

なぜ、スーモがこうも多いのかと言えば、参加企業側としても手間が少ないから。

カタログを送付して終わりですからね。

 

ほかのサイトがなぜ参加企業数が少ないかと言えば、その反対です。

手間のかかる順番に参加企業数が減っているのです。

間取りの相談や見積もり、予算計画など、家づくりに関する深い情報を送付するので、参加企業としても手間がかかるからですね。

これらの、家づくりに関する重要な情報を確実にもらえるのはタウンライフのみとなっております。

見積もりについて

ライフルホームズ持ち家計画も備考欄にて相談することはできるのですが・・・

確実にもらえるものではありません。

対して、タウンライフは、予算計画書の作成までが資料請求に含まれています。

 

見積もりがもらえるとどうなるのか?

当然のこと、価格面での比較、相見積もりをすることができるわけです。

同じ間取り、同じような外観で、一体どれだけの金額の違いが出るのかを確かめることができますよ。

間取り提案について

こちらもタウンライフのみ。

スーモ以外は備考欄での相談は可能ですが、確実に送付してもらえるものではありません。

理想の暮らしを実現するためには、間取りは最も重要と言っても良いでしょう。

それを資料請求でもらえるというのは嬉しいですよね。

 

間取りの比較ができると…

ぶっちゃけ、提案力のないorやる気のないダメな会社が丸わかりです。

いくら叩きの間取りと言っても…

  • 子供の落書きみたいな間取り
  • 実用性が0の間取り
  • 希望が全く反映されていない間取り

そんなダメな間取りを送ってきた会社は願い下げですよね。

土地探しについて

こちらは特にタウンライフの特化している部分ですね。

土地から探したい場合、あわせて提案を受けることが可能です。

というのも、タウンライフは土地活用や不動産のサービスも展開しているから。

連携することで、そちらの提案も可能ということですね。

そういう意味では、スーモライフルホームズも同じく土地についてのサービスはあるのですが、連携をしていないようですね。

まぁスーモは、カタログ送付に特化しており、その他のサービスは優しくない感じがビンビン伝わってきますが・・・

申込み特典について

これはもうぶっちゃけ・・・

どこも大したものではありません(笑)

特典一覧

どれも、小冊子やe-bookといった、フリーペーパーやネットで調べれば書いてあるような内容ですね。

そこまで期待できるものでもなく、差別化されるものでもないでしょう。

注文住宅一括資料請求のおすすめは?

ここまで解説した通り、どこも一長一短です。

おすすめの資料請求方法

あなたが何の情報を集めたいのか。

その希望に合わせて、使うサイトを選んでいきましょう。

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

不要不急の外出や接触を控えるべき今は特にそう言えるでしょう。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

サイト内検索



-ハウスメーカー情報
-, , , , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.