アフィリエイトまとめ

Amazon&楽天|物販アフィリエイトが稼げない理由と稼ぐ方法

投稿日:2017年10月4日 更新日:

アフィリエイト 物販 稼げない 楽天 Amazon

アドセンスから入ったブログ運営。

「もっと収益を伸ばしたい!」ということから物販を組み合わせていく人も多いことでしょう。

でも・・・アドセンスより難しい!!

そんな風に思う方も多いですよね。

私の実体験を見ながら考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

紹介料率が厳しすぎる!?

いやはや、新ドメインの方で、また当ブログの方でも、ぼちぼち発生し始めた訳ですが・・・

 

物販辛くね?

 

いや、何がって・・・

 

報酬金額の料率が辛すぎじゃね?

 

ということ(笑)

まぁ・・・

やる前から分かってはいました。

下調べはしましたからね。

 

私が以前に師事していた先生からは、

「Amazon?あー、あんなん安過ぎて労力の無駄だよ!そんなんよりアドセンスに注力した方が稼げるよ!」

このように言われたこともありました(笑)

 

でもですね。

無駄かどうかも「まずは自分で体験してみないとな」と思っていたのです。

体験主義者

で、始めてみたわけです。

結果・・・

やっぱり、やっすくない?

特に楽天アフィリエイト。

 

いや、繰り返しですが、分かってはいたんですけどね?

ホントに【料率1%のショップばっかり】なんですよね。

 

『高料率のショップを狙い撃ち!』みたいなやり方もあります。

ですが、それをやるなら、その他のASP(A8とか)の方がやりやすいですし・・・

 

ホント、1000円の商品が売れて10円って・・・

薄利多売の世界ですよね。

結構高単価の商品も売れているのですが、それでも100円とか、良くても500円とかでしょう?

いや、マジで辛いなぁ。。。

PV集めまくって、薄利多売するしかないなぁ。。。

 

あ、Amazonはまだ優しいんですけどね。

最大で10%までありますから。

え?じゃ、Amazonだけでいいじゃねぇか、って?

ん~、でもやっぱり、普段使い慣れているサイトで買いたいと思いますからね。

Amazonだけ貼ってあって、楽天ユーザーを機会損失してしまうのは勿体無いですよね。

それに、クッキーの有効期間は楽天の方が31日間と有利です。

物販をやるのであれば、商品リンクを並べることのできるカエレバもしくはrinkerを入れておくのは必須だと言えるでしょう。

2019年4月楽天アフィリエイトのシステムに大幅変更が

楽天アフィリエイトが、Amazon寄りのシステムになりました。

  • クッキー:31日間→24時間
  • 料率:商品カテゴリごとに底上げ(Amazonとほぼ同じ)

この報を聞いた時・・・

飛んで喜びました。

今までほぼ1%でしたから、単純計算で2倍3倍になるのかな!?って。

でも、ふたを開けてみたらそうでもなかったんですよね(笑)

クッキーの31日間で拾えていた分が結構あったみたいです。

実際にアンケートを取ってみました。


幸い、私は増えた側なのですが・・・

その半数以上は、収益が減ってしまった!との結果に。

このように、がらっとシステムが変わってしまうこともあるということを覚えておいた方が良さそうですね。

 

スポンサーリンク

 

物販が稼げない!という人へ

※2019年4月の追記です。物販でもある程度稼げるようになりました。

では「物販は全くの無駄でやる価値がないのか?」というとノーです。

ブログをやるなら取り組んでいきたいキャッシュポイントのひとつだと言えるでしょう。

 

なぜか?

理由は下記の通りです。

ポイント

  1. 成果型広告の練習になる
  2. 記事の装飾として使える
  3. 少しでも収益総額が増える
  4. 穴場を狙える

順に解説しましょう。

1.成果型広告の練習になる

ブログで大きく稼ぎたいのであれば、避けては通れないのが成果型報酬の広告です。

いわゆるASPとして呼ばれるものですね。

成果型報酬は、アドセンスと異なり非常に難しいものです。

記事を書いて、適当に広告バナーを貼るだけでは全く売れません。

どうやって訴求すれば売れるのか?

これの練習として、物販に臨むのは良い経験となるでしょう。

2.記事の装飾として使える

例えばですが・・・

あの針金でできた、コートをひっかけるヤツ。

なんて言われても何のことだか分かりませんよね。

それがこれならどうですか?

針金ハンガーって呼べば、大体の人が分かるかもしれません。

ですが、商品によっては文字で解説するよりも、画像とあわせて紹介した方が分かりやすいものは多いものです。

そんな時に、売る目的ではなくとも商品リンクを入れられると分かりやすいですよね。

3.少しでも収益総額が増える

少しずつ取り組んでいけば、必ず成果が出てくるものです。

Amazon楽天は成果型報酬とは少し異なりますからね。

クリックした先で何かを買ってくれれば、それだって報酬になるわけです。

ずーーーっと何も売れない!という状況は少ないことでしょう。

4.穴場を狙える

これは狙い目です。

各種ASPに取り上げられていない商品なら、競合が弱い可能性が高いです。

成果型案件で高額報酬を提示されていると、アフィリエイターがこぞって参入してきますからね。

そうではない商品なら。

競合がぬるい中で、自分だけが販売できる状況が作れる場合があるわけです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

最大手2社を使っての物販アフィリをする際には、その豊富な商品に目がくらみがちですが・・・

  • 薄利多売であること
  • 相当数のPVが必要な事

この辺を踏まえて臨むことが必要になってきますね。

 

関連記事&スポンサーリンク



-アフィリエイトまとめ
-, , , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.