アフィリエイトまとめ

楽して稼げる?ブログ初心者が記事外注をするメリットデメリットまとめ

ブログ アフィリエイト 初心者 外注

  • ブログを書く時間がない!
  • 初心者すぎて何を書けば良いのかわからない!
  • でもアフィリエイトでガッツリ稼ぎたい!

そんな方へは記事外注がおすすめで・・・とは手放しに言えません。

現在、9割方を外注で賄っている私が、記事外注についてのメリットデメリットをお伝えしたいと思います。

※この記事は外注じゃないですよ(゚∀゚)アヒャ

 

スポンサーリンク

 

ブログ/アフィ初心者に記事外注はおすすめなのか

メリットもデメリットもある上で総合的に考えると・・・

ずばり、「人による」としか言えません。

メリットとデメリットを解説していきます。

初心者が記事外注をするメリット

メリット

  1. 時間がなくて書けない!場合に最適
  2. 自分の能力を超えた納品がある可能性
  3. 一次データが集まる

順に見ていきましょう。

1.時間がなくて書けない!場合に最適

ブログやアフィリエイトの最大の敵は時間の捻出です。

「記事を書かなきゃ!!」

この熱がいつまでも続く人には必要ありません。

ですが、ブログやアフィリエイトは終わりがないもの。

「3か月頑張れば不労所得!」なんてゴールが見えているうまい話ではありません。

1年2年3年と、常に走り続けなくては脱落してしまう世界です。

 

その中で、いつまで「自分で書き続ける!」という強い熱を持ち続けていられるのか。

  • 睡眠時間を削り
  • 趣味の時間を削り
  • 本業に支障をきたし
  • 果ては家庭の時間を削り

時間の作り方がうまい人なら、毎日でも時間を捻出することはできるでしょう。

ですが、誰も彼もが実践し続けることはできませんよね。

私にはできません。

なので外注を使っています。

 

また、ブログやアフィリエイトって覚えること、やるべきことがたくさんありますよね。

記事を書くだけなら、それはブロガーではなくてライターです。

アフィリエイトで稼ぐためには、ライター稼業だけやっていれば良いというわけではありません。

  • アドセンスの配置
  • アフィリエイトタグの設置
  • サイト導線の検討
  • プラグイン管理
  • CSSやデザインの管理
  • アクセス解析
  • 記事ネタの検討
  • etc

特に初心者ともなれば、何をするにも時間がかかってしかたのないもの。

記事外注をすることで、そういった他の作業をする時間に充てることが可能です。

2.自分の能力を超えた納品がある可能性

恥ずかしい話、未だに私でもあるのですが、「え?ライターさんが書いた方が良い記事じゃね?」ということ。

特に初心者の方だったら、その傾向は顕著でしょう。

「ウェブ記事を書く」という能力に特化した方は多くいらっしゃいます。

そういった方と、うまくご縁ができれば、何よりの力となるはずです。

3.一次データが集まる

「ぜんっぜん記事数が増えない・・・!」

こう嘆く初心者の方は多いですよね。

「目指せ100記事!!」とお題目を掲げ、頑張るものの・・・

数か月頑張ってできたのが、たったの30記事ぽっち。

アドセンスを見てもアナリティクスを見ても0ばかり。

焦ってリライトを試みようとしても、何をして良いのかわからない。

それは当然です。

だって、データがないのだから。

そんな状態では、分析や改善のフェイズに届かないのです。

 

多く記事を公開していくと、段々と見えてくるものがあります。

  • アクセスを取れている記事の内容はどんなものか
  • どんなキーワードでブログに訪れているのか
  • 全くアクセスが来ていない記事は何が悪いのか

自分で長期間頑張って、データを集めるのも良いでしょう。

ですが、外注することで、より短期間で一次的なデータを集めることが可能となるのですね。

 

スポンサーリンク

 

初心者が記事外注をするデメリット

デメリット

  1. 金がかかる&金ドブのリスク
  2. 発注と編集スキルが必要
  3. 分析できないと無駄

順に見ていきましょう。

1.金がかかる&金ドブのリスク

そもそもの話です。

「100記事を書けば、絶対に稼げる!!」なんて話は都市伝説です。

「初心者は記事を書け!」の真意は全く別のところにあります。

ですから、はっきり言うと・・・

外注に何万円、何十万円を使おうが、全く稼げなかった!!ということがあり得るんですよね。

ある程度、自分で実績を重ねてきた方ならキーワード選定をできるでしょう。

ですが、初心者の場合はそうではありません。

ブログ初心者の場合、ここのリスクが特に大きいのです。

 

もし、いきなり外注に踏み切ろうと考える場合は、「稼ぐ!」ということを目的にはできません。

「データを集める為の時短をする!」という考え方でなくてはならないのですね。

  • 長期的な考え方ができない方
  • お金が無駄になってしまうリスクを取るのがイヤな方
  • ただ楽をしたいだけの方

残念ながらこういった方にとっては、記事外注は向かないと言えるでしょう。

2.発注指示と編集スキルが必要

記事外注をする為には、記事を書くことと別のスキルが求められます。

  • どんなキーワードで
  • どんなユーザーの為に
  • どんな構成で

これを明確にした上でライターさんに指示をする必要があります。

「稼げる記事を書いてくれ!!」なんて、アバウトな発注はできないということです。

ですから、記事外注はビジョンが明確になっている方や、編集能力に自信がある方に向いていると言えるでしょう。

自分で記事を書くスキルよりも、こちらのスキルがある方もいると思いますけどね。

反対に、

  • やり取りが面倒くさい
  • どこを直して良いのかわからない
  • なんて指示をして良いのかわからない

こう考えてしまう方は、残念ながら外注に向きません。

どちらが良いということはありませんが、実力者の方でも一切外注をしないという方もいます。

(ライターとのやり取りに疲れてしまうとか、自分で書いた方が絶対に良い記事が書けるとか)

自分の適性はどちらなのか?

これが一番大事ですね。

私の場合は、自分で書くスキルより、ライターさんへ指示するスキルと編集するスキルの方が長けていると感じているので、外注を続けています。

3.分析できないと無駄

何度も言いますが、「納品されたものを公開して終わり!」で稼げるものではありません。

何が良かったのか、何が悪かったのかを分析する力が必須です。

上でも書きましたが、記事数がたまったら、アクセス解析をしていく必要があります。

初心者の場合は特に、外注の目的を「データ取りの為」と考えられると健全でしょう。

「100記事公開してやったぜ!!」では何の意味もないのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ここまで読んでみて・・・

  • 自信がないからやらない
  • 自信がないけどやってみたい

個人的にはどちらでも良いと思います。

あなたに外注適正があるのか?

それは人によるし、やってみないと分かりませんからね。

口を酸っぱくして言いますが「記事外注をすれば簡単に稼げる!」という話ではないのです。

 

関連記事&スポンサーリンク



-アフィリエイトまとめ
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.