スポンサーリンク



新築/注文住宅まとめ

新築VS中古|知っておきたい特徴・魅力を徹底比較

投稿日:

中古 新築 比較

日本では物件選びの際に「中古住宅」を選択肢に入れる割合が非常に低いという特徴があります。

しかし「やっぱりマイホームは新築でしょ」と決めつけるのはもったいないくらい、中古住宅ならではの魅力もたくさんあるんですよ。

 

今回は新築物件と中古物件の特徴や価格を比較し、それぞれのメリットデメリットについて解説していきます。

マイホームは新築だ!と決めている方も、すでに中古物件を検討している方も、この記事を読めばさらに視野が広がること間違いなし!

ぜひ物件選びの参考にしてみてくださいね。

ということで、
新築VS中古|知っておきたい特徴・魅力を徹底比較
をお送りします♪

 

スポンサーリンク

 

新築物件と中古物件の特徴まとめ

まずは新築物件と中古物件それぞれの特徴について解説していきます。

どちらにも魅力的な点と気を付けるべきポイントがあることを理解しておきましょう。

 

新築物件の特徴5つ

新築物件の特徴を5つのポイントでみていきましょう。

  1. とにかく新しい
  2. 最新設備で耐震性やセキュリティ面に優れる
  3. 購入後の保証が手厚い
  4. 立地が限られることも
  5. ご近所付き合いがゼロからスタート

新築物件の最大の魅力は「新しさ」ですよね。

新築一戸建てに住む満足感が得られるだけでなく、設備や耐震性能なども最新の技術を取り入れることができます。

新築物件には10年間の保証が義務付けられているため、万が一のトラブルへの安心感もあります。

 

一方で、都心部では特に立地のいいエリアにはすでに建物が建っており、新築物件はどうしても郊外になりがちです。

新築物件を購入する場合は、今後の生活を具体的にイメージし、駅までの交通手段や生活するうえでの利便性についてよく検討するようにしましょう。

地域のコミュニティに関する情報が乏しく、近所づきあいはゼロからのスタートとなることも新築の大きな特徴です。

 

中古物件の特徴5つ

中古物件の特徴を5つのポイントでまとめていきます。

  1. なんといっても価格が安い
  2. リフォームやリノベーションで自分らしい家づくりも可能
  3. 実物を見学し日当たりや風通しを確認できる
  4. 保証期間が短い or 保証がない
  5. 耐震性能などの安全面は要チェック

中古住宅は新築に比べて安く購入することができます。

(細かい価格の面での比較については次の項目で解説していきます)

 

間取りや家づくりについても、リフォームやリノベーションを行うことで自分の希望に近付けられることも。

最近では自分たちの手でリフォームを手掛ける「DIY住宅」も人気が高く、若い世代でも自分たちらしい家づくりができるとして注目されています。

 

中古物件の検討時は実物を見学することができるため、日当たりや風通しを自分の目で確認できるのもメリットのひとつといえます。

一方で、住宅の保証期間は10年間であり、中古住宅の場合は保証がないことも。

売買を仲介する会社によって独自の保証が設定されていることもあるため、購入前にしっかりと確認することが大切です。

 

そして中古物件を検討する際に気を付けたいのが「耐震性能」です。

1981年に耐震基準が強化されたため、築30年を越えるような中古物件では耐震基準をクリアしているかどうか確認する必要があります。

耐震基準をクリアしていたとしても、物件選びの際はヒビ割れがないかどうかを確認したり、修繕歴の有無について仲介業者に提示してもらうと安心です。

 

スポンサーリンク

 

中古一戸建ては本当に安い?価格の違いを徹底比較

ここからは誰もが気になる「お金」事情について、新築と中古で比較していきます。

「中古物件は安いから大丈夫」なんて安易に考えていると、後で痛い目にあうかもしれませんよ~。

 

物件価格

物件価格は当然ながら、新築一戸建ての方が高いです。

地域や築年数にもよりますが、平均で約1500万円ほど新築一戸建ての方が高額という調査結果が出ています。

国土交通省の住宅市場動向調査、2016年度

 

ただし都心部では、物件の価値は「立地・広さ」が重要視される傾向が高く、一概に「中古だから安い」とはいえないので注意が必要です。

新築物件は購入価格が高額になりますが、その分税制上の優遇を受けられるというメリットもあります。

 

忘れがちな諸費用に注意

住宅を購入する時に必要な費用は物件価格だけではありません。

諸費用だけでも100万円前後のまとまった額を負担しなければならないため、忘れずにチェックしておきましょう。

※諸費用:登記や印紙代など。

 

この諸費用に関しては、中古物件の方が新築よりも高額になるので注意が必要です。

また、中古物件では家のメンテナンスにかかる費用も必要になることが多いため、余裕をもった資金計画を立てておくことが大切です。

 

中古物件はリフォーム・リノベーション費用が必要

中古物件の場合、購入してから入居までの間にリフォーム・リノベーションが必要な場合があります。

古い物件では特に水回りのリフォームが必要になることが多いため、数百万円という大きな金額が必要になることも。

リフォームやリノベーションをどの程度まで希望するか、どの程度の金額が必要になるかを知っておくことが大切です。

 

「DIY住宅」を目指す場合は、この部分にかかる費用をぐっと抑えられるというメリットがあります。

(ただし、理想の家の完成までには時間と労力が必要)

住宅の構造によっては希望の間取りを実現できないことがある、ということも頭に入れておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

新築物件と中古物件を比較・解説してきました。

どちらにもメリットデメリットがあることや、中古物件だから安いとは言い切れないという事実がわかっていただけたでしょうか。

物件選びで何を重視するかは人それぞれ異なります。

自分の求める条件と合致するのであれば、中古住宅も検討してみる価値があるといえますね♪

 

住宅一括見積り

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅まとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.