新築/注文住宅まとめ

新築の駐車場は失敗しやすいので要注意!主なトラブル原因はコレだ!

投稿日:

新築 駐車場 失敗 トラブル

新築住宅を建てる際は、HM選びや間取り決めが忙しく、駐車場を決める頃にはヘトヘトですよね。

しかし、「とりあえず車を止められるスペースがあればいいや」と思うのは危険です!

実は、駐車場はしっかり設計しないと、後々トラブルの原因となることが多いんですよ。

そこで今回は、駐車場づくりの失敗しやすいポイントをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

新築の駐車場の失敗しやすいポイント

駐車場の失敗しやすいポイントを大きく6つに分けてご紹介します。

  1. 駐車場のサイズを間違う
  2. 駐車場が狭いと自転車を置きづらい
  3. 地面を砂利や土にした
  4. 日当たりを考えずに決めた
  5. 防犯性を考えなかった

順にみていきましょう。

1.駐車場のサイズを間違う

一番気をつけたいのが、駐車場のサイズです。

サイズを間違うと、

  • 何度も切り返さないと駐車できない
  • バッグドアから荷物の出し入れができない
  • 横ドアから出づらい(ドアを全開できない)

といった問題が発生しますよ。

駐車した状態で荷物の出し入れには450-600㎜は必要になります。道路にはみ出して一旦駐車して、荷物の出し入れが可能なほど交通がない地域なら、車全長の寸法ギリギリでも問題にはなりにくいでしょう。が、日常の利用にはちょっと面倒ですね。

引用:yahoo!知恵袋

一般的なお店の駐車場ラインは、「幅:2.5m・長さ:5.0m・車路幅5.0m」が標準となっています。

車のサイズによって、必要なスペースの程度は変わるので、営業マンに相談してみましょう。

2.駐車場が狭いと自転車を置きづらい

「自転車は余ったところに置けばいいや」と軽く考えていませんか?

しっかりスペースを用意しておかないと、

  • 「自転車の出し入れで車に擦り傷がついた」
  • 「風で自転車が倒れて車に凹みができた」

なんてことになりかねません。

家族喧嘩の要因になるので、今のうちに対処しちゃいましょう。

自転車1台につき、「幅:60㎝・長さ:180㎝」程度のスペースを取るのが一般的ですよ。

何台か駐輪するとなると、結構なスペースになります。

設計時に相談するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

3.地面を砂利や土にした

駐車場にコンクリートを敷こうと思うと、費用がかさみますよね。

しかし、「砂利」や「土」のまま、しばらく放置すると

  • 雑草が生えてきて手入れが大変になる
  • 水たまりができてしまう
  • 玄関マットが汚れる
  • 細かい砂利が靴の底についてストレスがたまる

といったトラブルが起こるので注意しましょう。

費用をとるか便利さをとるか・・・ですね。

4.日当たりを考えずに決めた

日当たりが良すぎると、車の塗装やシートが色落ちしてしまいます。

日向で受けるダメージは、直射日光による紫外線と
夏場の炎天下での高温によるダメージです
塗装は日焼けしますし、タイヤなどのゴム部品も焼けてヒビ割れします
モールなどのプラ部品は変形・ヒビ割れしますし
夏場に高温になると、車内部品もダメージを食らいます
ナビやオーディオの故障率も上がるし、革部品は確実にダメになります
シートやダッシュボードも日焼けで変色したり変形する事もあります

引用:yahoo!知恵袋

駐車場の上に屋根「カーポート」をつけよう!

対処法としては、「カーポート」の設置をオススメします。

駐車場に屋根があると、色あせの防止効果だけではなく、

  • 車から玄関までの移動で雨に濡れずに済む
  • 雨の後は水垢がつかない(→洗車の回数が減る)
  • 夏場の社内温度上昇を抑える
  • 車上の雪かきが不要になる
  • 鳥の糞がつかない

といった、さまざまなメリットがありますよ。

後から取りつけるより、今のうちカーポートを設置してしまった方が良いでしょう。

もちろん・・・費用はかかりますが。

5.防犯性を考えなかった

あまり考えたくはありませんが、住宅地では、盗難や不法侵入が少なくありません。

自動車盗難事故実態調査によると、車上盗難被害の約40%は自宅の駐車場で起こっているそうです。

特に、高級車や高級住宅街は狙われやすい傾向があるので、シャッターを取り付けましょう。

  • 人感センサー付きの照明を設置する
  • 防犯カメラを設置する

といった安全性を高める工夫も大事ですね。

DIYの得意な方なら、1万円以内で設置可能です。

是非チェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

駐車場は、車の出し入れに不便だと、毎日ストレスがたまってしまいます。

是非、必要なサイズや、家族のドライビングテクニックを考慮に入れて、設計してください♪

また、日当たりやセキュリティを考えて、大事な車を守りましょう。

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べてみても、どんどん分からなくなってきますよね。

「あとはもう実際に話を聞いてくるしか・・・」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

ウェブでサクッと複数社からの一括請求が一番ですよ。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料申し込みするだけで、信頼できるHM/工務店各社がなんでもかんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求でじっくり徹底比較。

使えるものは便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較すれば簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅まとめ
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.