トレンドまとめ

損保ジャパンが【炎上保険】取り扱いスタート!!『月額は驚きの○○万円』

投稿日:2017年3月7日 更新日:

炎上保険 損保ジャパン

 

あや~。
まったく先進的な保険が登場しましたなぁ。。。

その名も『ネット炎上対策パッケージ』

損保ジャパンが提供する、この保険サービスっていったい何なのでしょうか。

注目していきたいともいます。

ということで、
損保ジャパンが【炎上保険】取り扱いスタート!!『月額は驚きの○○万円』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

ネット炎上ってナニ?

最近では本当に多くなりましたよね。

インターネットが普及し、ブログメディアを始めとするSNSが普及し、そしてFacebookやTwitter、インスタグラムといった本格的なソーシャルネットワーキングサービスが大々的に広まった現在。

ふとしたこと、不祥事発覚、タイーホ、熱愛発覚、不倫発覚・・・・

実に様々なコトがキッカケで、企業や個人がウェブメディアにおいて大注目されてしまう現象のことを『ネット炎上』と言います。

 

そして主にマイナスイメージにおいて使用されますね。

ですから、燃え広がってしまった企業や個人にとっては大きな損失になりえる訳です。

 

特に人気商売である政治家や芸能人、そしてブランドイメージが大切な大手企業。

これらの人や組織は、ちょっとした炎上がキッカケで、その収入がガクン!と激減してしまう可能性が大いにありますね。

 

とはいえ、これは何も有名人や有名企業だけが炎上の対象ではありません。

記憶に新しい『おでんツンツン男』や、『チェーンソーユーチューバー』などなど、個人であっても、うかつな行為をしてしまえば、炎上のキッカケとなりかねない訳です。

 

インターネット炎上の恐ろしさ

インターネットで炎上した場合の恐ろしさとは、その『持続力』に他なりません。

ウェブメディアで一度燃え広がってしまうと、全てのネット上から、その事実を消し去ることは『ほぼ不可能』です。

いくら元となる記事や画像などの証拠を隠滅しようとも、一度『魚拓』を取られ『拡散』されてしまった事実は覆しようがないのです。

 

炎上とは少し毛色が異なりますが、最近あったニュースです。

「犯罪歴がネットから消えない。消してほしい」
「名前を検索するとHITしてしまう。再就職に不利益だ」

という内容の裁判沙汰まで。

個人の犯罪歴を企業は知る権利がありそうですが、かと言って更生を考えている人の再起を妨げるのも問題ですよね。

この手の訴訟は実は度々起きており、その判決結果もマチマチとなっています。

訴訟を起こし、勝訴を勝ち得ぬ限り、その事実を削除することが叶わぬのがネット炎上の怖さなんですね。

 

スポンサーリンク

 

損保ジャパンの『ネット炎上対策パッケージ』とは?

では、今回サービスが開始された損保ジャパンの『ネット炎上対策パッケージ』とは、どういった保険内容になるのでしょうか。

見ていきます。

 

3社による合同パッケージ

炎上保険はサービスの異なる3社から構成されています。

  1. SONPOリスケアマネジメント株式会社
  2. 株式会社エルテス
  3. 損害保険ジャパン日本興亜株式会社

それぞれの会社が、

  1. リスクマネジメント
  2. リスク検知/web解析
  3. 保証

といった内容を請け負う『三本柱からなるサービス』になります。

 

メインはエルテス

リスクが発生しないようにマネジメントし、もし発生してしまった場合は、各種、実メディアに対しての火消しを担当するリスケア。

そしてサービスの中核を担うのはエルテス。

webを監視し、炎上の芽を摘む役割です。

万一炎上した際には、実働部隊となってウェブ上にて火消しを行います。

この炎上してしまった期間に対する費用の負担を損保ジャパンが補う、ということですね。

 

炎上保険の価格が・・・!?

な、ナントびっくり!

炎上保険の月額代金が・・・

【35万円】!!!!!

う、うを・・・!!

一個人が払う金額、いえ、払える金額ではありませんね~~。

 

先にも挙げたように、人気商売である政治家や芸能人、そして大手企業が対象になるようです。

まぁ、仮に炎上してしまったコトを考えれば安いものでしょうか?

叩けばホコリが出てくる方は、いの一番で加入しているんじゃないでしょうかw

 

・・・というか逆に加入者リストを見てみたいですねwwwww

 

火消し効果に疑問

いやー、これって実際問題どうなんでしょうね。

上で書いた通り、ネット炎上の恐ろしさは、その『持続力』にある訳で。

エルテスは、その一つ一つの事実をつぶさに潰していく作業を行うのでしょうか?

にしても個人ブログレベルだったり、SNSの個人アカレベル、しかも匿名だったりしたらどうするのでしょう?

 

それに炎上においては・・・最大の敵として考えられるのが・・・

そう『2ちゃんねらー』の皆様(笑)

あの方々、そこらのハッカーよりも強いですよ?
あっちゅー間に特定し拡散/炎上。

彼らを食い止める手立てはあるのでしょうか。
マサカいちいちスレッドを荒らしで埋めたりもしないでしょうし・・・

どうやって炎上を収束に向けるのか、その手段と方法が気になるところですね。

 

というか、たとえウェブメディアでつぶせたとしても、やっちまったモンは一緒だと思うのは私だけ・・・?

大衆は時間が経てば忘れてしまいますかね?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかにも現代的な炎上保険というサービスですが、実際に適用されたケースを見てみたいものですよね。

というか一般人に客観的に見れてしまったら『炎上保険失敗』と言うことになるかもしれませんがw

まぁ、たとえ炎上して損失を被っても、その損失が補填されるからいいのか・・・?

 

とはいえ、一度崩してしまったブランドイメージは炎上保険の補填程度では足りないのではないでしょうか。。。

関連コンテンツ

関連記事&スポンサーリンク



-トレンドまとめ
-,

Copyright© トレンドマニア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.