間取りの考え方

戸建て住宅に地下室を作る場合の費用|坪単価にするとどれくらい?

地下室 費用 戸建て 坪単価

自宅に秘密の地下室があったらかっこいいですよね!

とはいえ、なんとなく想像がつくように、地下室の施工は高額です。

  • 「地下室をつくるには、具体的にいくらかかるの?」
  • 「今は予算の関係で難しいけど、後から増築する場合の費用は?」

と、資金面が気になっている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一戸建て住宅に地下室を設置する場合の費用をご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

新築で地下室を作る場合の費用

新築で地下室を作る場合、10畳(5坪)程度の広さで約600万円が相場と言われています。

坪単価を計算すると、約120万円。

・・・やはり高額ですね。

ホームシアターに使おうとか、趣味の筋トレジムスペースにしようと考えている方もいるかもしれませんが、その場合、大きなスペースが必要になります。

多額の出費を覚悟しないといけないでしょう。

地下室を作るお値段の相場は1坪あたり次のようになります。

  • 基本料金:120万円から130万円
  • 居室用:130万円から150万円

(内装によっては180万円から200万円かかることも)

となっています。地上の一般住宅ですと、建築費の相場は1坪あたり45万円から65万円ですから、地上と比べて2~3倍くらいの額がかかっていることになります。

引用:モノの値段|『地下室はいくらで作れる?』

では、具体的にどこにお金がかかるのか見ていきましょう。

①地盤調査費用

土の強度や、地下水の位置を調べます。

費用は約5〜10万円と言われています。

場合によっては、地盤工事が必要になったり、地下室の設置自体が無理だったりするケースもあるでしょう。

②設計費用・構造計算費用

建物の設計をしてもらうのに、お金がかかります。

地下室のある家はまだ標準化されていないため、設計も高額になりがちです。

さらに、建物の安全性を確認するために、「構造計算」が必要になります。

簡単な書類を想像するかもしれませんが、実は、A4用紙で100枚以上にも及ぶことがあるくらい、膨大な資料になります。

そのため、30坪前後の一般的な住宅でも、構造計算に30〜50万円程度かかると言われています。

地下室の分の構造計算費用もかかるので、プラスα見た方がいいでしょう。

③山留工事費用

穴を掘った時に、周りの地盤が壊れるのを防ぐ工事です。

穴を掘って、H形鋼(えっちがたこう)と呼ばれる鋼材を打ち込みます。

広さにもよりますが、約200万円程度かかると言われています。

④掘った土を捨てる費用

掘った土を捨てるのにもお金がかかります。

特に、東京など、土をわざわざ遠くまで運ばないと捨てられない場所では、非常に高額になってしまいます。

⑤防水工事費用

土壌からの水分がコンクリートに染みないように防水工事を行います。

  • 山留め部分に防水層を施す「先やり防水」
  • コンクリートに直接防水施工を施す「後やり防水」

の2種類があります。

地下室の防水工事にかかる費用の相場は、坪単価6万4000円程度と言われています。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

⑥湿気防止費用

地下は地上に比べて、温度変化が少ないです。

そのため、外気温と地下室内の温度差によって結露が生じてしまいます。

適度に除湿しないと、ジメジメしたカビだらけの空間になってしまいますよ。

費用は断熱工事費が約35万円、除湿器と自動排水システムの費用が約45万円、熱交換器が約15~25万円あたりを見ておきましょう。

引用:クレバリーホーム城東店

⑦ドライエリア費用

建築基準法では、原則として、地下室にはドライエリアを設けることになっています。

ドライエリアは地下室がある建物において、建物の周囲の地面を深く掘り下げて作った「から掘り」のことを指します。

採光や通風、防湿を目的としています。

引用:岡庭建設株式会社みんなでつくるいえ。|『ドライエリア』

画像を見るとよくわかると思いますが、このままだと雨の時に地下室が水浸しですよね。

そのため雨水をとどめておくための空間(ピット)や、排水ポンプ、側溝の蓋などが必要になります。また、採光を取り入れるためには、窓とサッシも必要ですね。

これら諸々で150万円程度かかります。

⑧シェルター費用

また、最近は「シェルター」として地下室を導入したいという需要も増えています。

その場合は、

  • 頑丈なドアの設置
  • 発電設備の導入
  • 空気浄化システムの導入

などが必要です。

地下室をシェルターとして利用するためには、プラス約100万円はかかると想定した方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

後から増築する場合のリフォーム費用

「地下室をリフォームで後付けするなんて出来るの!?」と驚く方もいるかもしれません。

オススメはしませんが、一応可能です!

  1. 既存の住宅を持ち上げ、隣接した敷地に仮置きする
  2. 地下室を建築する
  3. 地下室の上に再び住宅を乗せる

といった方法です。

  • 住宅が持ち上げに耐えられる強度がある
  • 住宅を仮置きできる敷地が、近くにある
  • さらに地下を掘ったときの土を置く場所もある

といった条件が揃わない限り、地下室を後付けするのは難しいです。

また、工程からもわかるように、新築で地下室を導入するよりも手間な分、費用がかかります。

もしどうしても地下室が欲しい場合は、建物の下ではなく、庭などの開かれたスペースに作ってみてはいかがでしょうか。

 

地下室は自作可能?

何かとお金がかかる地下室。

DIYの得意な人なら、自作できないかと考えるでしょう。

庭に2メートル程度の穴を掘って、コンクリートで周囲を固めるだけなので、無理ではなさそうです。

しかし、これは危険です。

  • 地中からお湯が出てくる
  • 人が中にいるときに崩れ落ちてくる
  • 施行中に転落する

といった危険性があります。

お金はかかってしまいますが、プロに任せるのが一番です。

素人が手を出すと、命を落とす事故が起こる危険性があるので、やめておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

新築住宅に地下室を設けるには、坪単価120万円程度かかります。

後から地下室を増築することも可能ですが、新築時以上に手間がかかる分、費用も高額になってしまいますよ。

どうせ作るなら、費用面でも住宅の強度の面でも、新築時に施工することをおすすめします!

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-間取りの考え方
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.