スポンサーリンク



新築/注文住宅まとめ

建売住宅と注文住宅の違い|価格や割合を徹底比較

投稿日:

建売 注文住宅 比較 違い

建売住宅と注文住宅、どちらにすべきか?

マイホームを検討し始めるときに多くの方が感じる疑問のひとつです。

  • 建売住宅の方が安い?
  • 注文住宅なら本当にデメリットはないのか?

このような不安を抱えたままでは、家づくりへの大切な一歩を踏み出せないですよね。

そこで今回は、建売住宅と注文住宅の違いを比較しながら、それぞれのメリットデメリットについてまとめていきます。

 

自分にはどちらが合っているかをイメージしながら読み進めてみてくださいね。

ということで、
建売住宅と注文住宅の違い|価格や割合を徹底比較
をお送りします♪

 

スポンサーリンク

 

建売住宅と注文住宅の最大の違い

「建売住宅と注文住宅」用語は似ていますが、実はまったくの別物です。

  • 建売住宅:土地付きの建物を購入する ⇒ 不動産分野
  • 注文住宅:土地を購入し家を建てる ⇒ 建築分野

建売住宅はすでに完成している家を土地付きで買うため・・・

いい意味でも悪い意味でもスムーズな流れでマイホームを「購入」できます。

 

対して注文住宅は土地を購入し、建築士さんやハウスメーカーに依頼をして家を「建てる」

実際にマイホームを手にするまでの時間や労力、価格の負担は大きいものの「家づくり」そのものを楽しむことができます。

 

不動産屋さんで「家を買う」のか、建築士さんと「家を建てる」のか

ここに建売住宅と注文住宅の大きな違いがあります。

 

 

建売住宅と注文住宅の細かい違い

大まかな違いが分かったところで、もう少し具体的に比較していきましょう。

  • 価格
  • 品質
  • 自由度
  • 完成イメージ
  • 入居
  • スケジュール
  • ローン

これらの各項目で建売住宅と注文住宅の特徴をまとめてみました。

参考にしてみてください。

 

価格

マイホームは一生に一度の大きな買い物ですよね。

「家の価値はお金だけじゃない!」とはいうものの、やっぱり価格は重要なポイントです。

 

「建売住宅は安い」というイメージが浸透している通り、建売住宅の方がコストを抑えられるケースが多いといえます。

建設に必要な材料や資材を大量発注できる点や、間取り相談などが必要なく人件費を抑えられる点で、費用を抑えられているといわれています。

 

が、実際には建設にかかる大工さんのお給料もコストダウンされている場合が多いです・・・。

 

注文住宅は価格に制限がないため、自分の予算と間取りへのこだわりを天秤にかけなければなりません。

予算をしっかりと決めておき、建築士や施工会社に事前に伝えておくことで大幅な予算オーバーを防ぐことができますよ。

 

品質

建売住宅が価格を抑えられる仕組みとして、大工さん(建築に関わる人)に対する人件費を抑えているのが現状です。

大工さんたちの給与は1軒当たりいくら、という出来高制がほとんど。

単価の低い建売住宅の場合、丁寧に仕事をするよりは早く仕事を終わらせて数をこなしたいと考えるのが自然ですよね。

この結果、建売住宅は非常に当たりハズレが大きいのが現状です。

 

対して注文住宅の場合、信頼がなによりも大切。

現場の大工さんへの報酬も高く、腕のいい職人が時間をかけて丁寧に作業に打ち込んでくれます。

建設中も基礎工事から自分の目でチェックでき、疑問点をその場で確認できることも注文住宅の大きなメリットといえます。

 

建売住宅の場合、基礎や壁の中がどうなっていても塞いでしまえば確認できませんからね・・・。

 

間取りやこだわり(自由度)

これは圧倒的に注文住宅のメリットが大きいポイント。

注文住宅の最大の魅力ともいえますよね。

 

自分の理想や生活スタイルにぴったりと合った間取りを実現でき、建材や壁紙などもすべてこだわり抜くことができます。

まさに「家づくり」の肝であり、施工主との入念な打ち合わせが必要になります。

大変な作業でもあるため、中には「面倒くさい」と感じてしまう方も。

 

建売住宅はすでに家が完成している場合が多く、自分たちの希望に合う間取りの物件を探さなければなりません。

ピンとくる家と出会えれば、間取り決めなどの大変な作業を抜きにしてすぐにマイホームを手に入れることができます。

 

完成イメージ

注文住宅の場合、間取り決めの段階では完成した家をイメージしにくいというデメリットがあります。

頭の中だけでイメージしながら、柱の位置やら壁紙やらを選ぶのは大変ですよね。

 

ハウスメーカーや施工主によっては、模型やパソコン上でシュミレーションを作成してくれることもあります。

イメージした家が実際に形になってみると、なんともいえない感動を味わうことができますよ♪

 

建売住宅はすでに完成した家を実際に確認してから購入できるため、いい意味でも悪い意味でもイメージの違いに驚くということはありません。

具体的に入居後の生活を想像できるため、家具選びがスムーズにいきやすいという特徴もあります。

 

入居までのスケジュール

手間が少なく、実際に住み始めるまでの期間が圧倒的に短いのが建売住宅。

いい物件と出会えれば、あとはローン申請を終えれば契約・引き渡しが可能です。

引き渡し後に細かい内装工事(オプションで後付けしたものなど)を終えればすぐにマイホームに住み始めることができますよ。

 

注文住宅の場合、土地探し+ハウスメーカー・建築士選びをしたあと、間取りや詳細な工事の打ち合わせが必要です。

「家づくり」の正式プランが決定後、やっと着工。

丁寧な工事を経ての引き渡しとなるため「実際に注文住宅がほしい!」と思ってから引き渡しまでは・・・

年単位の期間を要することもざらにあります。

 

時間と労力、費用をかける分、マイホームを手にしたときの喜びや家への愛着はまさに「プライスレス」といえます♪

 

スポンサーリンク

 

値段やローン申請のわかりやすさ

建売住宅は提示された価格から大幅に値段が変動することはありません。

ローン申請も「土地付き建物」として1回の審査で済み、審査期間も短い場合が多いです。

 

注文住宅の場合、プラン内容や間取り、建材などによって値段は大幅に変動します。

また、予算ギリギリまで建物代につぎ込んでしまい、外構工事がまったく手つかず・・・というケースも。

 

自分たちが最終的に負担する総費用がどの程度になるのか、こまめに確認することが大切です。

注文住宅の場合はローン申請もやや面倒で、土地代でまずローンを組み、建築期間を経て建物代のローンを組むという2段階の手続きが必要になります。

 

建売or注文住宅|割合は地域差が大きい

ここまで建売住宅と注文住宅の違いを比較してきました。

その中で・・・

  • 結局どっちが多いの?
  • どっちが主流なの??

と疑問に思う方も多いでしょう。

 

建売住宅と注文住宅の割合について、統計結果をもとに比較してみました。

参考:国土交通省建築着工統計調査報告

 

結論から言うと「地域差が非常に大きい」です。

 

新設された住宅着工戸数でみると、注文住宅も分譲住宅も大きな差はありません。

ただし、分譲住宅にはマンションが含まれます。

分譲された一戸建て住宅、つまり建売住宅だけで比較すると、注文住宅の半分ほどの割合にとどまります。

注文住宅の割合が高い!と感じますね。

 

この結果を地域別でみてみましょう。

首都圏を中心とした都市部では、

  • そもそも空いている土地が少ない
  • 土地代が非常に高騰している

ということなどが影響し、分譲住宅の割合が圧倒的に多いです。

(分譲マンションを含む)

 

それに比べて地方では、注文住宅の割合が建売住宅の倍以上となっており、マイホームは「買う」のではなく「建てる」のが主流といえます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

建売住宅と注文住宅の違いについて比較してきましたが、いかがだったでしょうか?

ご自分の予算や「家づくり」に求めるポイント、お住まいの地域性や土地の価格など、いろいろな観点から検討し、ご自分に合う方法を選択してみてください。

マイホームでの素敵な生活がスタートできますように♪

住宅一括見積り

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅まとめ
-, , ,

Copyright© トレンドマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.