新築/注文住宅の価格

建て替えとリフォームの違いを徹底比較|どちらが安い?判断のポイント大公開!

建て替え リフォーム 違い どちらが安い

家が劣化してくると、建て替えるかリフォームするか迷いますよね。

  • 「そもそも建て替えと全面リフォームって何が違うの?」
  • 「費用面で比較すると、どっちが安いの?」
  • 「リフォームにお金をかけるなら建て替えた方がお得?」

このような疑問を抱いている方も多いと思います。

そこで今回は、建て替えと全面リフォームの違いを比較してご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

建て替えと全面リフォームの違い

建て替えと全面リフォームは、次のような区別があります。

ポイント

  • 建て替え:既存の住宅を基礎部分から取り壊して、新たにゼロから住宅を建築すること
  • 全面リフォーム:全室の内装の破損・劣化している箇所を新しいものに取り替えること

全面リフォームは、業者によって呼び方が違います。

  • まるごとリフォーム
  • フルリフォーム

とはいえ、だいたい同じニュアンスで使われています。

ただし、「スケルトンリフォーム」といった場合は、別です。

全面リフォームの中でも「骨組みだけを残してそれ以外は解体する」大規模なリフォームという意味になりますよ。

特に、築年数の古い建物の場合は、目に見える部分だけを綺麗にしても、断熱材や配管が劣化したままで、住みにくい住宅になってしまいます。

そのため、大規模なスケルトンリフォームを行う方が多いです。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

どっちがお得か徹底比較

それでは、建て替えと全面リフォームでは、どちらがお得なのでしょうか。

はてな

  1. 費用相場
  2. 税金
  3. 自由度

3つの観点から比較してみましょう!

1.費用相場を比較

例えば、首都圏を中心に展開する山商リフォームサービスでは、木造軸組み工法の住宅をスケルトンリフォームした場合の価格目安を、次のように提示しています。

  • 20坪:1030〜1350万円
  • 30坪:1350〜1730万円
  • 40坪:1640〜2090万円
  • 50坪:1930〜2470万円

新しく家を建てるのと同じくらい費用がかかるとわかりますね・・・。

また、築年数の古く、構造自体が弱い場合は、補強工事も必要となります。

建て替えるよりも、全面リフォームの方が高いなんて場合もあるようです。

セキスイハウスのリフォーム費用が概算で2000万円~2500万円くらいとわかりました。特にオーディオルームの床補強と断熱性能向上すると費用が掛かるとのことでした。「ゲゲッ!リフォームって、そんなにかかるの?」と思わず言ってしまうほど。それに基礎や柱や壁材はそのままなので、屋根や床の補強、断熱性能向上も限定的だし、設備の制約もいっぱい。今後のメンテナンス費用もかかりそうだし・・・・もう少し予算アップしたら新築できちゃうじゃん!と思うほど。(しかし、これが甘かった!建て替えには本体建築費以外に解体費用や杭打ち、外構など付帯工事がたくさんあった!)

引用:くらそうねマガジン|『リフォームってそんなに費用がかかるの?リフォームのつもりが建て替えに』

ただし、建て替えには、全面リフォームにはかからない費用が発生します。

  • 古い建物の解体・撤去費用:150〜200万円
  • 建築確認申請費:10〜30万円程度
  • 地鎮祭・上棟式:15万円程度
  • 地盤改良費:建物の重さに土地が耐えられない場合100万円前後

注意しましょう。

2.税金を比較

建て替えでは、リフォームにはかからない、2つの税が課せられます。

  • 不動産取得税:約10〜20万円程度が相場
  • 登録免許税:司法書士への報酬を含め20〜25万円程度

不動産取得税は、(固定資産税評価額−1200万円)×3%で計算します。

物件によっては、ゼロになるときもあるようです。

 

スポンサーリンク

 

3.自由度を比較

リフォームの場合、やはり間取りの変更には制限があります。

もとの骨組みは残っているため、希望が通らない場合があるようです。

一方、今まで暮らしていた住宅の面影が残せるという点は、全面リフォームのメリットと言えるでしょう。

 

「建て替え」ができない土地もある

建て替えを検討する場合、建て替えが禁止の土地でないか確認しましょう。

建て替え禁止の土地を「再開発不可物件」といいます。

特に、「接道義務」に反する場合が多いようです。

都市計画区域内で建物を建てる場合、「建築基準法で定められた幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地」でなければ、原則として建て替えができないとされています。

土地が道路につながっていない場合や、繋がっていたとしてもごくわずかな幅だったとしたら、今ある家を更地に戻して新築することはできません。

結果的にリフォームを選ばざるを得ないことがあるんです。

災害時の避難経路や、消防・救急車の通り道確保が目的のようです。

当てはまりそうな場合は、事前に役所で確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

建て替えと全面リフォームは、別物です。

構造がしっかりしている場合は、もとの枠組みを生かしてリフォームすることで、住宅の満足度がグッと上がるでしょう。

価格も安く抑えられます。

しかし、構造に不安がある場合や、大規模な間取りの変更をしたい場合は、建て替えてしまった方が良いでしょう。希望を最大限実現できますよ。

ただし、どの家でも建て替えができるわけではありません。

家を解体した後、新築不可能な物件もあるので、注意しましょう!

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅の価格
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.