住宅まとめ

家を建てるには何から?時短で楽々に情報を集めちゃおう!!

投稿日:2017年11月14日 更新日:

家を建てるには何から

 

-家を建てたい-

いざ、そう思ってみても、何から始めていいのか分からないですよね。

 

それに、いざ詳しい話を聴こうとすると、こんな悩みが。

このように色々な悩みが出てきます。

関連リンク

 

しかし、それも当然の事。

だって、家を建てるなんて『一生のうちに1度あるかないか』の人がほとんどなのですから。

 

そんな方の為に、まずはどうしたら良いかをお伝えしていこうと思います。

 

ということで、
家を建てるには何から?時短で楽々に情報を集めちゃおう!!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

一番に考えるべきこと

まず、一番初めに考えなければならないことがあります。

それは・・・お金。

住宅を建てる為に、一体『どれだけのお金が使えるのか』を把握しておくことです。

 

でなけりゃ、いくら、

  • 床暖房の家に住みたい!
  • 広いリビングが欲しい!
  • 屋上で洗濯物を干したい!

こんな希望を持っていても、土台、実現不可能である可能性があるのです。

 

自分が一体、自己資金として、いくらを使えて、いくらを住宅ローンとして借りることが出来るのか、この把握からがスタートです。

 

具体的な予算の考え方は?

では、実際にどうやって具体的な予算を導けば良いかと言えば・・・

ざっくり言って、年収の7倍程度が安心して住宅ローンを借りることが出来るアッパーと考えておけば良いでしょう。

 

これは、簡単に言えば、年間の返済ペースで考えた場合の「ま、これくらいなら何とかなるでしょ!」というラインになるのです。

※詳しくは返済負担率(年間返済額が年収に占める割合)と言い、25%程度が妥当と考えます。(諸説あります)

※裏を返すと、貸付する側も、この辺をラインとして考えます。あまり多くを借り過ぎることも出来ないってことですね。(個々人の収入状況や年齢、債務状況によっても大きく上下します)

 

要は、年収300万円の人なら2100万円、年収600万円の人なら4200万円程度、といったところです。

 

ただまぁこれは・・・

『安心して返せる額内では、アッパーの金額になる』ので、ちょっと怖いと言えば、怖い金額ではあります。

※一般的、平均的には5倍~6倍程度が多いようです。

 

ちなみに私の場合は、アッパー金額・・・よりも500万ほど多く借りてしまいました・・・

だって・・・高いんだもの大和ハウス・・・

 

この住宅ローンに加えて『自己資金をどれだけ出せるのか』を考えて、概算の予算を考えておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

予算が大体分かったら

予算が大体でも想定出来たなら、次は実際に、どういった家に住みたいのか考えてみましょう。

  • 耐震性を重視するのか
  • 価格第一で決めるのか
  • 間取りの自由さを考えるのか
  • 立地をメインにするのか
  • デザイン性を重視するのか
  • ペットと暮らすことを第一にするのか
  • etc

人によって願いは千差万別だとは思いますが、私の場合は二世帯住宅であったので『防音性』にも注目して家づくりをしていきました。

また、将来の安心を得る為に、少々割高ではありましたが、『耐震性』『長期保証』を視野に入れた結果、大和ハウスを選ぶ結果となった訳です。

 

まだ住宅の方向性が見えない場合

でも、いきなり「どういう家に住みたい!!」って考えても、価格帯も分からなければ、どういった機能を重視すれば良いのかも中々分かりにくいですよね。

 

そんな時にオススメなのがコレ。

▼▼HM&工務店一括請求▼▼

 

1000社を超えるハウスメーカー/工務店から、『条件や立地状況に合わせて』理想を実現しやすい会社からのカタログを一括請求できちゃうサイトなんです。

その名も家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】!!

 

コレ、私はぶっちゃけ建ててから、その存在に気付いたのですが・・・

初めから知っていれば絶対に使っていました・・・

それは・・・

 

住宅展示場でメッチャ疲れたから

あなたは住宅展示場行ったことあります?

いや、ないですよね、まだ『家を建てるにはどうしたら良いのか』を考えている最中ですから^^;

 

アレ、ね、楽しいは楽しいんですが・・・

クッソ時間がかかるんですよ。

 

私は最初、旭化成のヘーベルハウスに行ったんです。

妻が大好きだったものでね。

ですが、昼過ぎにモデルハウスに入ったかと思えば、帰る頃には外はトップリ暗くなってしまい。

都合、6時間以上は居たのではないでしょうか。

 

色々見て回るつもりだったのですが、この日は結局、ヘーベル一社しか見ることが叶いませんでした。

何でそんなに長くなるのかって?

行ったことがない方はそう思うかもしれません。

 

ですが、行ってみれば分かりますが・・・

営業さんからの説明やヒアリング、展示場内を見て回ったりをすると、どうしても、かなりの時間がかかってしまうんですよね。

 

これ、これを何社も何社も回る気力がありますか?

私はありませんでしたので、結局コアな話をしたのはヘーベルと大和の二社だけ。

本当はもっと他のメーカーや工務店とも話をしてみたかったのですが、時間がそれを許しませんでした。

 

そんな時に、クッソ便利なのが『一括資料請求』なんです。

家に居ながら、1000社を越える住宅メーカーのカタログ資料を集めることが出来ちゃう訳です。

その中で、ちょっと気になる会社の資料をチェックし、ピックアップしておけば、事前知識によって住宅展示場へ行った時にもスムーズに話が出来ますし、各社の比較検討も容易に行えることでしょう。

 

そんな、『時間が無いけど、家を建てたい/情報が欲しい方』にうってつけなのが、家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】なんですね♪

時間が無い方には特にオススメなサービスだと言えましょう。

・・・私も、家を建てる前に存在を知りたかった・・・(泣)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

まずは兎にも角にも、予算建てに目星をつけて、後は資料請求!

この流れが一番だと言えるでしょう。

 

家づくりは非常にエネルギーが必要なライフイベントですが、賢く立ち回って、出来るだけ労力を減らしちゃいましょう♪

>>>ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

追記:もっと良いサービスが・・・!?

上記の一括資料請求サイトも、かなりアリ!なんですが、それ以上のサイトを発見してしまったんです。

家に居ながら、

  • 無料見積り
  • 間取りプラン提案
  • 資金計画
  • 土地探し

ここまでやってくれちゃうサイトがあったんです・・・!!

それが・・・

【タウンライフ注文住宅】注文住宅の一括無料見積もりプロモーションなんです!

▼▼簡単3分で見積りまで!▼▼

イッカツも便利なのですが、その先を行くサービスと言えますね。

しかも一社からではなく、複数社から提案をもらえるのは嬉しい限り。

 

全く、自分の情弱っぷりにはあきれます。

家を建てる前に知りたかったなぁ・・・(笑)

 

関連コンテンツ

関連記事&スポンサーリンク



-住宅まとめ
-

Copyright© トレンドマニア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.