新築/注文住宅の価格

家の建て替え費用の相場とは?全体でどれくらいかかるのか!

2019年9月12日

建て替え 費用 相場

これから家を建て替えようと考えている人にとって、

「建て替えにどのくらいの費用がかかるのか」は重要なポイントですよね。

これをしっかり確認しておかないと、契約後に思わぬ出費が重なり、生活が苦しくなってしまう可能性がありますよ。

そこで今回は、家の建て替え費用の相場をわかりやすくご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

家の建て替え費用の相場

家の建て替えには、大きく4つの費用がかかります。

ポイント

  1. 家の解体費用
  2. 新築の建築費用
  3. 引っ越し費用
  4. 家ができるまでの仮住まい費用

順に詳しく費用の相場を見てみましょう!

1.家の解体費用

家を建て替えるには、まず今ある家を取り壊す必要があります。

家の構造によって、頑丈さや、廃棄物の量が変わるため、価格が異なります。

解体費用の目安は以下です。

  • 木造住宅の場合:坪単価2〜3万円
  • 鉄骨住宅の場合:坪単価3〜4万円
  • 鉄筋コンクリート住宅の場合:坪単価4〜5万円

とはいえ、これはあくまでも参考程度に考えてください。

解体費用は、次のような要因によって上下します。

  • 道路の幅(重機が入るスペースがあるか/人通りは少ないか)
  • 処分する家財道具の量
  • 解体の時期
  • アスベストの有無

複数社に見積もりを頼み、安く解体して、新築にお金を回したいですね♪

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

2.新築の建築費用

当然ですが、新築住宅を建てるためには、建築費用がかかります。

これは、ピンキリですが、2000〜3000万円程度かける方が多いようです。

価格を分けるのは、次のようなポイントです。

ポイント

  • 構造(木造/鉄骨/鉄筋コンクリート)
  • 設計の自由度(規格住宅/自由設計)
  • 敷地面積の広さ
  • 間取り(凸凹の有無/何階建てか)
  • オプションの有無
  • 立地の良さ
  • 建築会社(工務店/ハウスメーカー)

また、新築を建築した後は、3種類の税金が発生します。

  1. 印紙税(契約書を交わす際の税)
  2. 不動産取得税(不動産を取得した際の税)
  3. 登録免許税(土地・建物の登記にかかる税)

さらに、1月1日時点で所有している建物には「固定資産税」がかかります。

古い建物よりも新築住宅の方が評価が高く、税金の負担が増えることがほとんどですので、これも手痛い出費ですね・・・。

 

スポンサーリンク

 

3.引っ越し費用

古い家から仮住まいへ。

仮住まいから新築へ。

荷物を移すため、引っ越し費用もかかります。

この引っ越し費用は、時期や荷物の量によって変わります。

だいたいの相場は以下です。

ポイント

  • 単身:3万~4万円程度
  • 夫婦:6万~7万円程度
  • 家族:8万~10万円程度

費用を安くするためには、複数社から見積りをもらい、交渉しましょう!

2社の最初の見積額は、なんと¥70000近くも差がありました。びっくり!
仮にA社・B社としますと、
A社…約¥120,000 → 値引き後約¥90,000
B社…約¥50,000弱
B社は一発で安めの金額を提示してくれ、営業マンの印象もよかったので、B社でいこうかと考えました。
が、A社に「B社は4万円台になった」ということを伝えると(相見積もりはしていると前もって伝えてありました)、B社の提示額以下まで値引きした上、食器の荷造りと荷解きのオプション+その他の細かいサービス(家の内外の掃除や向こう半年間有効の家具移動など)も付けるということに。
その上、廃棄する家具の運び出しもしてくれるとのことで、結局A社にお願いしました。
引用:くらそうねマガジン|『家づくりの過程で最もしんどかった「引っ越し」と仮住まい(1)』

\少しでもお得に/


4.家ができるまでの仮住まい費用

家を建て替えている間は、仮住まいを確保しなければいけません。

仮住まいの費用は、以下の2点によって変わります。

  • どこに住むか
  • どのくらいの期間住むか

具体的にみてみましょう。

1.どこに住むか

まずは、仮住まいの場所です。

次のような場所が候補になります。

  • 実家
  • 賃貸物件
  • ウィークリーマンション
  • リフォーム会社の仮住まいマンション
  • ホテル

実家に泊まるのが、一番お財布に優しいですね。

とはいえ、何ヶ月も親にお世話になるのは心苦しいものです。

その場合、短期間住める住宅を探すことになります。

ただし、「短期間」は、大家さんが嫌うため、中々いい住宅が見つからなかったり、割増料金を取られたりする場合があるようです。

契約したハウスメーカーが不動産会社と提携を結んで、住宅を紹介してくれている場合もあるので、確認してみましょう!

2.どのくらいの期間住むか

一般的に解体工事には1ヶ月前後かかります。

さらに、着工から完成までに、2〜6ヶ月かかります。

できるだけ、短い期間の方が、仮住まいの負担が少なくなりますね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

家の建て替えには、建物価格の他にもたくさんのお金が必要です。

  • 解体費用
  • 税金
  • 引っ越し費用
  • 仮住まい費用

これらの出費も考えて、余裕を持った予算を組みたいですね♪

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅の価格
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.