スポンサーリンク



新築/注文住宅まとめ

家の値段相場まとめ|平均価格の決まり方とは

投稿日:2017年12月16日 更新日:

家 価格 相場 いくら 資料

20代も後半になると、周りの友人が次々と結婚しだし・・

30歳を超えたあたりでは、子供が生まれる友人が増え・・・

30代半ばになると、家を買う友人が増えてきます。

 

家を買ったという友人の話を聞くたびに、

「で、いくらしたん?」

と、不躾な質問をしたくてウズウズしています(*´Д`)ハァハァ

さすがに生々しくて聞く相手を選びますけどねw

 

私自身、家を建てた後はよく聴かれまして・・・^^;

あまりキッパリとは言えませんけどね~(笑)

>>>ジーヴォシグマ『建てた結果の感想ブログ』実際の天井高と値段はいかほどに?

 

やはり、他人の懐事情はとても気になるもので・・・

「家っていくらするんだろう?」と疑問に思っている年頃のオジサンは多いことでしょう。

 

条件によっては値段が際限なく高くなるのは分かりますが・・・

それでもやはり、多くの人は家の相場が気になりますよね。

ということで今回は、
家の値段相場まとめ|平均価格の決まり方とは
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

\ 自宅で3分 /

 

家の価格を決めるポイント

家の価格は、はっきり言って【ピンキリ】です。

条件によって、全く違ってくるからですね。

 

家の価格を決める要因の一例としては、次のようなものがあります。

  • 販売形態
  • 敷地面積
  • 間取り
  • 建築構法
  • オプション
  • 場所
  • 建築会社

それぞれ見ていきましょう。

 

\ 自宅で3分 /

 

販売形態

建売り住宅か、注文住宅かです。

建売り住宅にも色々ありますが・・・

 

基本的には決まった造りで量産されていますので、コストカットが図られています。

その分、注文住宅に比べて価格は安くなる傾向にあります。

 

一方、注文住宅の場合は、オーダーメイドの家です。

そのぶん決めることが多く、型にはまらないため、値段は高くなる傾向にあります。

 

私の場合は、もろにこれでした。

仕方なかったんですけどね、型にはめることが不可能でしたから。

土地は決まっていましたし、店舗×2世帯住宅という状況でしたから、普通の建売じゃ・・・^^;

>>>大和ハウス実際に建てた感想は?『メリットもデメリットも・・・』

 

敷地面積

単純に同じような作りの家の場合、広い家の方が高くなる傾向にあります。

そのぶん材料費がかかりますからね。

 

ただ単純に、同じ作りで大きさだけ広くした場合には、総価格が上がってしまうのは当然ですが、坪単価的には多少安くなる傾向があります。

大きい工事の方が売上が大きい分、そして多少広くなったとしても、実際の作業時間的には大きく変わらないから(=人件費が抑えられるから)ですね。

 

間取り

間取りでも価格は変わることがあります。

なぜでしょうか。

 

その秘密は・・・壁の枚数に理由があります。

間取り 価格

 

これは、私がエクセルで、クッソ適当に罫線を引いてみた図です(笑)

正方形の左側と、長方形の右側。

使っているセルの数は同じですが、壁の枚数が違うことにお気付きですか?

 

数字を入れるとこう。

間取り 金額

 

同じ4つのセルを使っているにも関わらず、2枚もの壁の差が生まれています。

 

まぁ、同一敷地面積であれば、そこまで大きくは変わるものでもないですけどね^^;

 

工法

木造や鉄骨造などの建物自体の工法でも大きく価格は変わります。

極端な例だと、同敷地面積でも工法の違いで1000万円ぐらいの価格差が生じることもあります。

 

オプション

壁紙、外壁、ドアなどの外観に関わることや、断熱素材や防音素材などの建物の性能に関わること、またエコキュートやエネファーム、太陽光発電などの機能に関わることなどです。

なくても困らないのですが、こだわりたくなる箇所がオプションです。

 

一つ一つの単価はそこまで高くないことも多いのですが、こだわり出すと際限なく価格を吊り上げる要注意の項目ですね(汗)

 

私の場合は、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の申請の為に、太陽光/蓄電池/エネファームを搭載しました。

補助金が出ることと、ランニングコストが安くなること・・・は確かに嬉しいのですが、やっぱりオプション代金としては、かさんだ部分ですね(汗)

 

場所

土地代は地域によって全然違いますが、家を建てる価格にも、場所が大きく影響してきます。

ざっくりいうと都心部の方が高い傾向にあります。

 

何事も都会の方が高いですからね。

物価と同じく、建築費用もかさ増しされてしまう訳です。

 

住宅相場データまとめ

先にも書きましたが、家の価格はピンキリです。

相場と言われても、ハッキリとした相場価格を提示するのはなかなか難しいところです。

 

しかし今回は、『みんながいくらぐらいで買っているのかという平均値』を相場として紹介したいと思います。

 

国土交通省が出している統計資料の中に、住宅着工統計というものがあります。

参考:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001171643&requestSender=search

※表番号34から算出

 

アホみたいに色々な数値が並んでいますが、この統計資料を見ると、工事予定額の平均値を知ることができます。

、、、まぁたぶん資料を紹介したところで、見る人も少ないと思うので(笑)

最新の統計結果(2017年4月公開)を元に、工事予定額の平均値を紹介します。

 

以下のデータはいずれも『一戸建ての持家についての平均値』です。

 

全国平均

  • 木造:2138万円(約36坪)
  • 鉄骨造:3209万円(約39坪)

 

東京都平均

  • 木造:2142万円(約34坪)
  • 鉄骨造:3997万円(約40坪)

 

宮崎県平均

  • 木造:1747万円(約35坪)
  • 鉄骨造:3042万円(約38坪)

 

工法には他にも、鉄筋コンクリート造や、鉄筋鉄骨コンクリート造などもありますが、同敷地面積の場合は、鉄骨造と似たような価格になりますし、戸建て住宅としては、あまり一般的ではありません。

※ヘーベル独自のALC構法はコチラから。

>>>ヘーベルハウスの価格と特徴まとめ!『坪単価以上に耐久性がスゴイ!』

 

多少の広さの違いはありますが、宮崎と東京では鉄骨造の場合・・・

なんと1戸当たり平均で900万円以上の価格差があるようです(汗)

 

更に土地代も考えると、、、

やはり都会で家を建てるのは、セレブにしか無理な芸当ですね(苦笑)

 

そらドーナツ化現象が起きる訳ですw

※ドーナツ化現象とは、物価や地価が高い都心部を避けることで都心部の人口が減り、建築費用なども含め、もろもろが安くなる郊外地に戸建てを立ててしまう為、郊外の人口が増えてしまうこと。都心部が空洞になってしまう様から名づけられた社会問題。

 

平均値に過ぎない

先に紹介した相場で家が建つのかというと、そういう訳ではありません(汗)

上記の数値は建築【予定額】であるため、実際にはさらにかかるケースも、逆に安いケースもあります。

あくまでも参考値としての相場です。

 

また地域や敷地面積、間取り、オプションなどの違いで、数百万円は平気で変動します。

流行りのエコキュートをつけただけで、数百万値上がりしたなんて話も聞きます。

 

結婚式もそうですが、家についても相場なんてあって無いようなものなんですよね(汗)

 

自分が望む家の相場を知るために

「いつかは家が欲しいな」と考えている場合は、今回紹介した相場でも充分に参考になるかと思います。

 

しかし、もっと現実的に家の購入を考えている段階であれば、近くの工務店やハウスメーカーに足を運んで、実際に見積りをもらう事が必須です。

条件によって価格は大きく変わりますから、自分の希望の条件を伝えた上での見積りをお願いしましょう。

 

また、家を建てる場合には、建物本体以外にも、土地代は勿論のこと・・・

登記やらの【諸経費】もかかってきます。

 

実際に見積り書を出してもらう場合には、そのあたりのことも考慮してもらうことで、『実際に払う金額がいくらなのか』をイメージすることができます。

 

安物買いの銭失いにならないために

見積りを出して貰うとなると、当然一箇所だけでなく、複数の工務店、ハウスメーカーに出して貰い、比較することが必要です。

>>>ハウスメーカー建築【家を建てる時は相見積りが必須?】

 

しかし、家を買うとなるとどうしても、【金額】ばかりに目が行きがちですが、実際には価格以外にも注意を払う必要があります。

 

価格は安いのに家のアフターフォロー体制が違うだとか、実績が少ないだとか、色々と注意が必要です。

、、、本当に面倒ですね(苦笑)

 

私の場合は、多少高くつきはしましたが、アフターフォローが万全で、先々も会社が揺らいでしまう可能性は低いであろうことから、最大手の大和ハウスを選択しました。

 

・・・高かったけど。

 

面倒だなと感じたら

家を買うとなると分からないことだらけで、かなりの手間と時間がかかります。

しかも、複数の工務店やハウスメーカーで見積りを出して貰うとなると・・・

何度も何度も同じ話をすることになるんですよね(汗)

 

最初は分からないことだらけなので、直接話を聞けるほうがいいのですが・・・

いくつもお店を回るとなると、「無駄な話はいいから見積りだけ出して!」と言いたくなってしまいますよね(笑)

 

まぁ、向こうも商売ですから、できるだけ会話を繋いで、依頼を貰えるよう仲を深めることに命をかけてます。

仕方ない部分なのですが(汗)

 

とにかく、変なところで疲弊して、「まぁこれでいいか」と妥協してしまわないために、ネットでできる見積りなどの資料一括請求もオススメです。

同じ条件で資料を請求し、見積り価格や条件の比較もできるので、かなりの手間を省くことができます。

>>>【タウンライフ注文住宅】注文住宅の一括無料見積もりプロモーション?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

家一軒の価格の相場は条件によって全然違います。

ですが、一般的には、木造なら2000万円前後、鉄骨造なら3000-4000万円程度で建てている人が多いようです。

 

しかし、地域など、その他条件によっては、1000万円近く変わってくることもあるので、本気で家の購入を考えている人は、工務店やハウスメーカーに足を運んで見積もりを貰うか、ネットの一括見積りサービスを利用しましょう。

 

「どこのHMを選んだら良いのか分からないよ!」

そんな方におすすめなのが・・・

>>>タウンライフ家づくり一括見積り

家づくりに必要な以下の項目を無料ウェブ申し込みが、たったの3分で解決しちゃうんです。

  • HM/工務店探し
  • 土地探し
  • 資金計画
  • 間取りプラン提案

まともにやっていたら、数か月以上はかかってしまう話を・・・

サクッと時短してしまいましょう。

空いた時間は趣味に費やすも良し、家族サービスに使うも良しです。

タウンライフ家づくり注文住宅

細かくて大変な注文住宅の打ち合わせ。その第一歩として、多数のHM/工務店からの提案を受けるのは最大の時短に繋がります。

タウンライフを上手に使って家づくりの第一歩をスタートさせましょう。

プロモーション
住宅一括見積り

関連記事&スポンサーリンク



タウンライフ家づくり注文住宅

細かくて大変な注文住宅の打ち合わせ。その第一歩として、多数のHM/工務店からの提案を受けるのは最大の時短に繋がります。

タウンライフを上手に使って家づくりの第一歩をスタートさせましょう。


タウンライフ相談センター

「家づくりを始めたいけど、右も左も分からない」そんな方に嬉しいサービスがタウンライフ相談センターです。住まいの専門家がそれぞれの方の悩みに対して親身にアドバイスしてくれます。

-新築/注文住宅まとめ
-, , , ,

Copyright© トレンドマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.