大手八社ハウスメーカー

大和ハウスの強み・弱み&会社の歴史まで徹底リサーチ!|就活生必見の情報多数!

大和ハウスに就職したいと考えている学生の方も多いでしょう。

そのためには、他のハウスメーカーと比較して、大和ハウスの特色を理解しないといけませんよね。

  • 「大和ハウスの強みと弱みを教えて!」
  • 「大和ハウスの歴史の変遷が知りたい!」

このように、大和ハウスの特徴が気になる方は、一緒に確認していきましょう。

今回は、ライバル会社と比較したときの、大和ハウスの強みや弱みをご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

大和ハウスの強み:売上高・販売戸数ともにトップ

大和ハウスは、1955年に創業して以来、多くの建築実績を積み上げてきました。

  • グループ売上高:4兆1435億円
  • 住宅事業の建築実績:179万5000戸

その結果、売上高・販売戸数共に、2018年は業界トップを記録しました。

また、世界中の企業を対象とした総収益ランキング「フォーチュン・グローバル500」に10年連続ランクインしています。

以上のことから、大和ハウスが業績の安定した大企業だと分かりますね。

 

また、新たな取り組みを行い、事業を拡大させている点も評価できます。

住宅着工件数が減少する中で、大和ハウス工業は他社がコスト削減に注力する中で、コスト削減だけではなく、多角化を積極的に開始し、
ロボット事業やリチウム電池事業などで、一定の成果をあげている。

引用:就活SWOT|『大和ハウス工業』

例えば、業界で初めて、住宅床下点検ロボット『moogle(モーグル)』を運用するなどしていますよ。

さらに、2018年には、ストック事業を強化するため、新ブランド「Livness(リブネス)」を立ち上げています。

今後、日本はどんどん人口が減少し、新築住宅の需要は減ると考えられます。

そのため、ストック(中古)住宅に注目し、リフォームや買取再販に舵を切ったわけですね。

常に、新たなビジネスチャンスに挑戦しているのは、大和ハウスの強みですね。

 

大和ハウスの弱み:住宅需要の縮小

とはいえ、内部では、住宅需要の縮小に危機感を抱く声が多いです。

まあ、これはハウスメーカー共通の悩みなんでしょうけどね・・・。

実際、大和ハウスの社員さんは、この時代の変化をひしひしと感じているようです。

対外的な数字は順調にみえるが、2018年から賃貸住宅・商業施設共に受注が鈍化しているのを内部ではリアルに感じる。住宅部門はすでに低空飛行をしているが消費税駆け込み後に本当の地獄を迎えると思う。事業の分社化に向けていつ動き出し、給与体系の変化がいつくるか不安。

引用:カイシャの評判

大和ハウスは、この住宅需要の縮小を見込んで、事業を拡大しています。

しかし、その多角化を、不安視する声もありました。

広げすぎるスピードに会社、従業員の成長が追いついていない所もある。

役員や店長の待遇が悪く、いつか崩れる時が来るのではないかと不安もあります。

引用:カイシャの評判

会社の安定性については気になることは特にありませんが、建築関係だけでなく、福祉、農業、ホテル事業など展開していますので、本業以外での赤字があればその連鎖反応で経営、株価がやや心配されます。

引用:カイシャの評判

うーん、今のまま何もしなければ、時代の変化に順応できませんからね・・・

多角化は悪くないと思うんですけどねぇ。

 

スポンサーリンク

 

大和ハウスの住宅販売の歴史

大和ハウスは歴史ある企業ですので、遡って調べるのは大変ですよね。

ここからは、分かりやすく簡潔に、大和ハウスの住宅販売の歴史をご紹介します!

1955年:創業

大和ハウスは、1955年から64年つづく、老舗ハウスメーカーです。

1959年:プレハブ住宅の原点

引用:大和ハウス

大和ハウスは「プレハブ住宅の元祖」として知られています。

プレハブ住宅とは、建材の工業生産率を高めて、均一な品質を確保しながら、コストダウンを図った住宅を指します。

「ミゼットハウス」という商品名で、戦後の日本で、大ヒットしました。

1962年:「ダイワハウスA」を発売

「ダイワハウスA」は、居住性を考えた商品です。

ミゼットハウスは、住宅難を乗り越えるための最低限の性能を備えた商品でしたが、こちらは、断熱性・遮音性を強化したつくりに進化しています。

1963年:住宅展示場を全国展開

現在では当たり前の、展示場販売。

実物を見てから決められる販売方法の先駆けも、大和ハウスでした。

2004年:環境共生住宅建設実績NO.1

大和ハウスは、7回にわたり、環境共生住宅の実績No.1を達成していますよ。

環境共生住宅とは、建築環境・省エネルギー機構により、環境に優しいと認定された住宅を指します。

2006年:xevo(ジーヴォ)誕生

現在の大和ハウスのメイン商品である「ジーヴォ」シリーズが誕生しました。

ジーヴォは以下の機能を標準採用しており、高く評価されています。

  • 耐久性・省エネルギー性に優れた「外張り断熱通気外壁」
  • 長期間美観を維持する外壁塗装「XEコート(ジーコート)」
  • 従来いの1.3倍の強度の耐力壁(大空間・大開口実現!)

2011~2014年:「世界で最も持続可能な100社」に選出

大和ハウスは、環境への取り組みや、高いイノベーション能力を評価され、持続可能な企業に選ばれています。

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2014年1月22日、カナダの出版社コーポレートナイツ社やブルームバーグ社等が選定する「世界で最も持続可能な100社」(2014 Global 100 Most Sustainable Corporations in the World、以下「Global 100」)に選出されました。
当社は2011年、2012年、2013年に引き続き、日本の住宅メーカーとして唯一選出され、100社中65位で、日本企業の中では2年連続最上位となりました。

引用:大和ハウス|『4年連続「世界で最も持続可能な100社」に選ばれました』

5年前の話ではありますが、業種問わずの世界企業の中から選ばれるとは、なんともすごいですよね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

大和ハウスは、販売実績・販売戸数共に業界トップの、実績豊富なハウスメーカーです。

しかし、大和ハウスは、その実績に胡坐をかくようなことはしていません。

将来、新築住宅の需要が減少することを見込んで、事業の多角化に乗り出していますよ。

一方で、社内ではこの戦略に、不安を抱いている方もいるようでした。

将来のことは誰にも分りませんが、時代に順応しようと、挑戦する姿勢は評価できるのではないでしょうか。

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-大手八社ハウスメーカー
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.