新築/注文住宅の価格

外壁の種類・値段・性能を総まとめ!|新築の壁材選びに役立つポイントをご紹介

2019年5月30日

新築 外壁 種類

外壁は、家の印象を大きく左右する要因のひとつです。

  • 「高級感溢れる感じの外壁がいいな!」
  • 「童話の世界に出てくるような赤レンガを採用したい!」

いろいろな希望がありますよね。

とはいえ、値段やメンテナンスの手間も考えながら決めていく必要があります。

そこで今回は、外壁選びのポイントを知りたい方のために、外壁の種類や価格をご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

外壁選びのポイント

外壁選びのポイントは、デザインだけではありません!

  • 性能(遮熱性・遮音性・防水性・防火性・耐震性など)
  • メンテナンス性(張替えや塗りなおしの頻度、傷が目立たないかなど)

といったことも、考えて選びましょう。

外壁は、住宅の見栄えを整えているだけではなく、住宅を保護する役割も担っているんですよ。

また、数年おきにメンテナンスが必要なものも多いので、メンテナンスコストも考慮したいですね。

 

外壁の種類&気になる価格をご紹介!

外壁材の種類を、大きく6つに分けてご紹介します。

外壁の種類

  1. 窯業系(ようぎょうけい)サイディング
  2. 金属系サイディング
  3. モルタル
  4. 塗り壁
  5. ALC外壁
  6. レンガ

順番に、特徴と価格の相場をみていきましょう。

1.窯業系サイディング

新築住宅を建てる際に、一番人気の外壁です。

日本窯業外壁材協会の調べによると、新築戸建て住宅の約78.6%が採用しているそうです。

  • 工事費用が安い
  • 種類やデザインが豊富

といった点が評価されています。

種類豊富なので、価格は幅がありますが、相場は1㎡あたり4,000~8,000円となっています。

ただし、経年劣化によって、ヒビ割れを起こす危険性が高いという欠点があります。

また、目地の隙間から水が浸入するのを防ぐために、5~8年に一回、コーキング材を塗りなおさなければいけません。

また、10~15年に一度、塗装し直す必要があります。

2.金属系サイディング

価格の相場は、1㎡あたり4,000~7,000円となっています。

サビにくく、窯業系サイディングより、メンテナンス性が高いです。

金属サイディングは20年前後で塗り替え時期がくると思います。
窯業サイディングは10年~15年ですかね。
そう考えると、新築時も安い金属(ガルバニウム鋼板)が経済的かと思います。

引用:yahoo!知恵袋

ただし、「倉庫っぽいみためになるから嫌だ」という方も多く、好みが分かれます。

また、凹みやすかったり、雨の音が響きやすかったりするというデメリットもありますね。

外壁材にガルバリウムの施工を考えています。しかし先日、友人の家のガルバリウムの外壁が、10箇所ほど凹んでいるのを見てショックを受けました。

引用:yahoo!知恵袋

3.モルタル

モルタルとは、セメントと砂と水を混ぜあわせてできたものです。

1990年代には、とても人気がありました。

  1. リシン(ザラザラした独特の質感。カビが生えやすい)
  2. スタッコ(大きめの凸凹が目立つ質感。耐用年数が長い)
  3. タイル(つるつるした質感。シリコンやフッ素を上塗りして耐用年数を上げる)
  4. ジョリパット(デザイン性が高く、最近注目されている)

の4種類があります。

サイディングのように、つなぎ目のある壁にならないのがポイントです。

独特な質感に惹かれて、今でも選ぶ人が少なくありません。

ただし、ヒビ割れしやすく防水性能が劣るというデメリットもありますよ。

価格の相場は、1㎡あたり2,000~8,000円となっています。

 

スポンサーリンク

 

4.塗り壁

塗り壁とは、「荒塗り→中塗り→上塗り」と何層にも塗り重ねる手間のかかった外壁です。

漆喰は不具合が非常に出やすいんです
どんな熟練工が施工しても季節や湿度や環境によってうまくいかない場合があったりする
そのため数回やり直すなんて案外ざらなんです

引用:yahoo!知恵袋

上塗りの素材によって、価格が変動しますが、1㎡あたり5,000~20,000円が相場となっています。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

5.ALC外壁

ALC外壁とは、「軽量気泡コンクリート」のことを指します。

小さな気泡の穴が空いているので、空気の層ができて、高い断熱性を誇ります。

「夏は涼しく、冬は暖かい家に住みたい・・・!」と考えている方に人気ですね。

ただし、他の外壁材と比較するとかなり高価です。

相場は、1㎡あたり7,500~10,000円程度になります。

ALC外壁を検討している方は、実績豊富なヘーベルハウスでの建築がおすすめですよ。

6.レンガ

外国風の住宅にあこがれている方が多く選ぶ外壁です。

「メンテナンスなしで100年もつ!」と言われるほど、高いメンテナンス性を誇ります。

ちょっとした色あせや、欠けができても、レンガならば味わいになるのが魅力ですね。

ただし、1㎡あたりの相場はお高めです。

  • スライスレンガ:5,000~20,000円程度
  • 積みレンガ:5,000~15,000円程度
  • レンガ調タイル:4,000~8,000円程度
  • レンガ調サイディング:3,000~7,000円程度

予算と相談しながら、考えたいですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

外壁は家の顔です。

周りからよく見える部分なので、慎重に選びたいですね。

デザインはもちろんですが、性能やメンテナンス性も調べた上で、決めていきましょう♪

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅の価格
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.