刃牙まとめ

刃牙最強キャラとは|外伝含むベスト10強さ議論まとめ

2017年12月30日

刃牙 最強 全シリーズ 外伝

今回は刃牙シリーズ全作品をひっくるめての最強キャラは誰なのかッ!?

強さ議論をしたいと思います。

今まで、シリーズごとでは強さランキングを作って決ました。

基本的には刃牙本編を軸に、各シリーズでのランキングとしてきました。

今回は外伝も含めて、コイツは強いだろう!!というキャラを交えての議論をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

刃牙シリーズ最強キャラはコイツ!

いきなりですが・・・(笑)

刃牙シリーズ最強は「範馬勇次郎」、この人以外にはあり得ません。

コレは当然の答えと言えますよね。

しかし、それでも刃牙シリーズが面白いのは、それぞれのキャラが立っているから。

ワクワクさせる強さや特技を持った、多彩なキャラクターがいっぱいだからです。

そして、明確に勝負結果が出てしまっているキャラクターもいれば、全くぶつかっていないキャラ同士もいるわけで・・・

勇次郎には一段落ちてしまう訳ですが、最強キャラとして数えても良いキャラは多数存在しています!

見ていきましょう!

第10位:レックス

レックスこと、登倉竜士(とくら りゅうじ)。

刃牙外伝疵面-スカーフェイス-に登場するキャラです。

独断ではありますが、刃牙シリーズ通しても・・・

ベスト10にランクインしてもおかしくない戦闘能力を有しています。

 

例えば独歩。

技のデパート、神心会の元・長と比べたらどうでしょうか。

おそらく、技が通用しません。

パワーとスピードで押し切られてしまうでしょう。

例えばガイア。

いくら環境利用闘法を利用しても、レックスの野性的勘の前には、通用しないのではないでしょうか。

 

例えば花山薫。

スカーフェイスでは主人公補正で強化されている彼ですが、にしても、レックスと同程度に描かれていますし、スカーフェイス最強のライバル・GM(グランドマスター)はレックスが倒してしまいました。

外伝における花山はタフネスばかりが目立ち、戦闘自体はあまりしていないんですよね。

本編・花山においては・・・

レックスよりもスピード・パワーともに劣っているように思えてしまいます。

第9位:ビスケット・オリバ

大国・アメリカにおいては、範馬勇次郎に次ぐ存在として認識されています。

アメリカが軍事衛星にて監視しているのは、

  1. 範馬勇次郎
  2. ビスケット・オリバ
  3. J・ゲバル

以上のたった3人だけ。

さすがに勇次郎と同格とは言えませんが、少なくとも監視体制だけで言えば、範馬勇次郎と同格と言えます。

擂台賽では、同じアンチェイン(Mr.不可拘束)の称号を持つ、龍書文と激闘を広げ、名実ともに唯一の地上最自由(アンチェイン)となりました。

下位グラップラーに敗れるとすれば、渋川先生の合気とは相性が最悪なので、それくらいなものでしょうか。

鎬昂昇の斬撃空手さえ、本気で固めた筋肉の前には意味を成さなそうです。

「ひ、紐切りが、通じない・・・!?」

そんな画、見てみたいものですね!

 

・・・ですが、バキ道ではなんともまぁ・・・

見るも無残な噛ませっぷりを見せられてしまいました(泣)

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥13,766 (2019/12/11 04:40:04時点 Amazon調べ-詳細)

第8位:郭海皇

究極の理合い・中国武術の結晶・海王の中の海王。

その名は・・・郭海皇。

作中で負けた相手は範馬勇次郎だけです。

敗れたとはいえ、勇次郎と生身でまともに戦うことの出来る数少ないファイターの一人。

愚地克己にマッハの先を伝授し、烈海王に消力を伝授し、すっかり師匠キャラになってしまいました。

克己VSピクル戦では、ギャグキャラのようにグラサンがはじけ飛びました。

 

スポンサーリンク

 

第7位:ジャック・ハンマー(二回目の骨延長)

ピクルに敗れたのち、TVごしに刃牙と勇次郎の親子喧嘩を見たのち。

ジャックはさらなる骨延長手術を選びました。

2メートル43センチ

2度目の骨延長手術を成功させた彼の身長です。

 

・・・とはいえ、本部には完封されてしまいましたし、これでもピクルには届いていないのではないか、というのが個人的見解です。

強いのは間違いないのですけどね。

第6位:烈海王(消力アリ)

対・宮本武蔵戦に備え、大天才が郭海王の得意技・消力(シャオリー)を伝授されました。

結果、宮本武蔵には通じず、凶刃に倒れてしまった訳ですが・・・

確実に地力はアップしたことでしょう。

覆水盆に返らず、ですが・・・

ピクル戦では四足歩行形態を引き出すのに、大分時間がかかった烈ですが、消力を習得すれば、もう少し早く引き出せるかも?

さすがにピクルの傷跡形態までは・・・無理か?

第5位:ピクル

武蔵に負けたものの、やっぱり強いですよね、ピクル。

敗れはしたものの、そのフィジカルの強さは勇次郎よりも上だと言って良いでしょう。

でも、今や、そんなピクルまでもが、この順位とは・・・

第4位:本部以蔵

うーむ。

まさかまさかで、勝っちゃうんだもんな~~~。

まだ、ジャック相手に勝利するのはよしとしても、武蔵相手に勝っちゃったからなぁ~~~。

武蔵さん、一応「手を抜いていた」ということと、本部の方が重症なのでこの順位。

第3位:宮本武蔵

刃牙道におけるラスボス・武蔵。

勇次郎戦では、あわや勝つか!?という所で本部に水を差され、さらには、その本部に敗北を喫するわけですが・・・

あくまで試合用の実力だったとか言う、よくわからない理由によって、格を落とさずにすみました。

・・・ピクルや花山のことは斬りまくっていた上に、とどめを刺そうとしていたくせに。

とはいえ、最後の最期に徳川寒子にとどめをさされるのは、なんとも言い難いですよね。

ババアに抱き着かれてしまうとは・・・

第2位:範馬刃牙

やっぱり、勇次郎が一度は「地上最強を認めた唯一の男」ですから。

舐めプで武蔵に負けた訳ですが、見事、武蔵を昇天させることに成功しました。

スクネ戦においても、胸を貸すという最大の舐めプをしましたが、ほぼほぼ刃牙の勝利でした。

やはり主人公補正は最強か。

というか、オリバとあれだけ熱戦を繰り広げたのになぁ。

  • オリバ→スクネに瞬殺される
  • 刃牙→スクネを手玉に取る

この差がなんとも悲しいですね。

未知数:2代目スクネ

バキ道の今後の展開次第ですが・・・

既にオリバを屠ったスクネは高順位に食い込むことは間違いありません。

最終的には・・・刃牙が倒すのか、はたまた意外なキャラの爆上げがあるのか・・・ッ!?

※追記:刃牙が胸を貸し、優勢のままバトルを終えました。ぶっちゃけあまり強くない?(笑)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

きっとバキ道が終わったとしても・・・

板垣先生は大人の事情から、刃牙シリーズを書き続けることでしょう。

いくら引き延ばしと呼ばれても、そこに魅力的なキャラさえ出てくれば文句はありません。

今後も刃牙シリーズを応援します♪



-刃牙まとめ
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.