スポンサーリンク



刃牙まとめ

刃牙キャラ【最強の一角】ピクルの強さはどれくらい?

投稿日:

ピクル 刃牙 最強 強さ

 

白亜の岩塩層から復活を果たした原人。

塩漬けの古代戦士は、現代に何を思うのか-

 

はい、ということでピクルについてまとめたいと思います!

『範馬刃牙』にて、親子喧嘩の先延ばしの為だけに登場したキャラと言えなくはありませんが・・・

その圧倒的強さにて、先延ばしだろうが関係なく、人気に火がつきました。

 

そんな彼は一体、どれほどの強さなのでしょうか?

注目してみます!

 

今回は、
刃牙キャラ【最強の一角】ピクルの強さはどれくらい?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

そもそも白亜紀に人間なんて・・・いた!?

もちろん、科学的に証明されている見地では・・・

人類が発生したのは、600万年前程度というのが通説です。

 

対して、ピクルの生きた白亜紀は1億9000万年前。

存在するハズないですよねーw

 

・・・と思いきや。

都市伝説には過ぎないのですが・・・

 

1980年代、アメリカにて人間の指の化石が発見されたとのこと。

その指の年代は、白亜紀に属するものだった、と。

 

まぁ、眉唾ものではありますが、板垣先生は、この辺の話から着想を得て、ピクルを生み出したのかも知れません。

恐竜と真っ向勝負をし、打ち克つ古代の戦士。

何とも勇ましく、格好良いキャラですからね!

 

本当にピクルのような戦士が存在していたらと思うと・・・・

めっちゃワクワクしますよね!

 

ピクルの戦績

ピクル、なんだかんだ猛獣以外でも、グラップラー達と結構戦っています。

  • △ 範馬勇次郎
  • 〇 烈海王
  • △ 花山薫
  • 〇 愚地克己
  • 〇 ジャックハンマー
  • △ 範馬刃牙
  • ● 宮本武蔵

数字にしてみると・・・

『3勝1敗3分け』ですか。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

勝利した3戦

3戦中3戦ともが、明確に勝負が決まりました。

グラップラーでも上位のファイターである、烈、克己、ジャックを撃破。

白亜の戦士が、その存在感を誇示するには十分な相手達でした。

 

引き分け2戦

まぁ、勇次郎と花山とは遊んだだけですが・・・

勇次郎には合気でひねられ、「ヤロウ、俺を技に追い込みやがった」と言わしめ、後の刃牙戦での勝負の決め手となる『合気』を習得。

 

花山とはおしっくらで、互角の押し合いを。

この時、ピクルの脳裏には、花山に対し、ライバル・トリケラトプスのイメージが。

恐竜に相当するパワーを感じたという事ですね。

 

んまぁ勇次郎はさておき、花山じゃ、ピクルには勝てなさそうですが・・・

見たいけどw

 

物議をかもす刃牙戦

オリバの時は、ラスト、真っ向勝負で押し切った刃牙でしたが・・・

ピクルに対しては押し切れず、しかし、追い詰めた結果、ピクルを技に追いやりました。

 

コレ、どこかで見ましたよね。

そう、ピクル編序盤で、勇次郎が技に追い込まれた状態です。

 

ですが、これは敗北とは呼べるのでしょうか?

技を使ったからと言って、敗北とは・・・

 

この結果に対し、武に生きる烈は敗北とし、侠に生きる花山は勝利としました。

 

ん~、確かに難しい所ですよね。

刃牙当人だって、技ばかりに徹して、パワー勝負さえやらなければ、勝ち逃げ出来ていたようにも思えますし。

そういった意味では、強さ比べに逃げたピクルの敗北とするのは、あながち間違いではない気もします。

 

判定が分かれるところだと言えるでしょう。

 

明確な敗北

これは・・・

致し方ないのかもしれません。

 

前作に出てきたキャラは、噛ませにされるのが世の常。

新キャラ・宮本武蔵を引き立てる為に敗北を喫してしまいました。

しかも"音”をあげて逃げ出す始末。

>>>刃牙道『宮本武蔵』プロフィールまとめ【圧倒的強さで地上最強か!?】

 

まぁ、そうはなるんだろうな、とは思いつつも、ピクルの勝利を願ったのは刃牙だけでなく、読者皆が同じ気持ちだったでしょう。

 

しかし、無刀状態で戦ったならば、勝敗は分からなかったかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

ピクルの強さは?

結局、ピクルの強さはどうなのかと言えば・・・・

『シリーズ通してフィジカルは最強』と言えるのではないでしょうか。

 

勇次郎に力で勝利した人間は、ピクル以外に皆無です。

※オリバも負けています。

いいとこ、刃牙が殴り合いを続けられたぐらい。

(結果、倒されてしまいますし)

 

合気を覚える格闘センスや、四足戦闘形態など、その他のセンスも秀でたものはありますが、いかんせん技術体系などは一切ある訳がないので・・・

恐竜を相手に力任せに戦ってきたピクルは、技を主体として戦う相手に対しては、苦手と言わざるを得ないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

宮本武蔵に敗北したとはいえ、刃牙ワールドの5指には入るであろう実力者、ピクル。

武蔵に敗北した今、彼は何を思うのか・・・

今後の登場にも期待です!

 

ピクル初登場を描く読切作品、『ピクル』はコチラから!

 

関連記事&スポンサーリンク



-刃牙まとめ
-, , ,

Copyright© トレンドマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.