ハウスメーカー情報

住宅展示場は行かない方がいい?デメリットと展示場がおすすめの人とは

住宅展示場 デメリット 行かない方がいい

住宅展示場には、美しいモデルハウスが建ち並び、なんともワクワクしますよね。

子供向けイベントを行っていたり、プレゼント企画を行っていたり、ちょっと覗いてみる分には非常に楽しいものです。

しかし、本気で家づくりを進めていきたい場合、まず住宅展示場へ行くというのはおすすめできません。

「絶対に行かない方がいい!」…とまでは言いません。

しかし、デメリットが多いことを覚えておいてください。

また、住宅展示場に行きたいのに物理的に行けない!という方へもおすすめの内容となっています。

展示場に行く前にやれること。

ぜひ確認してみてください。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

住宅展示場見学のデメリット4つ

まさに「経験者は語る」といったところです。

私が苦労したのが以下の通り。

デメリット

  1. 時間がかかりすぎて疲れる
  2. 営業マンがしつこい!
  3. どれも良くて目移りしてしまう
  4. 結局ろくな資料がもらえない

「住宅展示場にさえ行けば、家づくりが一歩前へ進める・・・!!」

私もこう思っておりました。

なんせ住宅に関する知識がまるでありませんでしたからね。

確かに参考にはなったのですが・・・

順番に解説していきましょう。

1.時間がかかりすぎる!

「ついに憧れのマイホームを作るのか…!」

感慨深い第一歩ではありますが、その感傷は時間を重ねるごとにゲンナリしていくことでしょう。

なぜなら・・・

とにかく、どこのメーカーも話が長く時間がかかりすぎるからです。

モデルハウス内での流れ

  • 見学:20分~30分
    (豪邸といった趣のモデルハウスが多いので見て回るだけで時間が)
  • カタログや資料を見る:10分~1時間
    (モデルハウス内に資料が散りばめられています)
  • 話を聞く/質問する:10分~1時間
  • こちらの要望を伝える:15分~1時間
    (建設地や時期、収入や予算を伝えていると1時間じゃききません)

1社あたり、どれだけ急ぎ足で回ったとしても、30分から1時間はかかることを予定しておいてください。

ちょっと気にいったからといって、事細かに話を聴いていると、数時間経ってしまっていた、なんてことはザラです。

あなたは何社回ってみたいですか?

めちゃくちゃ消耗することを覚悟しておきましょう。

 

ふらっと全体を見て回りたいなと思ってみても、1社につかまってしまうとそれだけで終わってしまいます。

逆に、営業お断り!の姿勢で、何となく回っているだけだと、あまり内容が頭に入らず「どこがどれだったっけ?」状態になってしまいます。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

2.営業マンがしつこい!

それもそのはず、営業マンは他のハウスメーカーに流れてほしくないわけです。

「できる事なら自社で契約させたい!」と心から考えています。

ですから、話す時間も長くなる。

向こうのペースに合わせていたら、とてもじゃないですが身が持ちません。

 

私、最初、旭化成ヘーベルハウスに行ったのですが・・・

妻が痛く気に入ってしまっていたものですから、軽く5~6時間はいたのではないでしょうか。

昼過ぎに入ったのに、帰る頃にはトップリと日が落ちてしまっておりました。

 

えぇ、その日、話を聴けたのはヘーベル一社だけです。

私的には、もっと他のメーカーの話も聞きたかったのですが・・・

3.どれも良くて目移りしてしまう

同じようによくある話が・・・

「どこのメーカーも良く見えて、分からなくなってしまった」という感想。

なぜ、こうなってしまうのでしょうか?

それは・・・

『モデルハウスは最上級グレードの物を使用しているから』です。

それはそうです。

お客を集める為に、各社、一番良い商品を目立たせて集客をしていますからね。

しかし、いざ建てるとなっても、モデルハウスと同じ家が建つかと言えば、そうではありません。

 

私の場合は、ダイワハウスのジーヴォシグマで建築しました。

ジーヴォシグマと言えば、天井が高い家のCMが印象的ですよね。

でも・・・

実際には予算との兼ね合いから、天井の高さは普通になってしまいました。

 

モデルハウスのように広々とした間取りを確保する土地はありませんし、際限なく使える予算もありません。

それこそ、お金がありあまっている方であれば、モデルハウスのような豪邸を建てることができるでしょう。

でも私の場合は違いました。

最上級グレードの住宅を建てるお金はありません。

 

それに、そもそもの話ですが、高級住宅メーカーで建てるほど予算がない人だっているでしょう。

私自身、ダイワハウスで建ててしまったので住宅ローンにはヒイヒイしてます。

予算ギッリギリです。

そういう、はなから予算が完全に食い違ってしまっているハウスメーカーの見学や話を聞いても無駄ですよね。

4.結局ろくな資料がもらえない

あなたは住宅展示場に行った場合、どれだけの資料がもらえると思いますか?

なんとなく…「現地に行けば、自分にピッタリのすごい詳しい資料がもらえるだろう」なんて考えていませんか?

ハッキリ言ってそんなものは存在しません。

もらえるものは、会社の概要や商品ラインナップのカタログだけ。

もらえたとして、家づくりのコツとかハウスメーカーの選び方といった小冊子程度でしょうね。

 

もちろん、無駄とは言いません。

言いませんが、あなたが欲しいのってそれですか?

家づくりに役立つ資料として本当に欲しいものは、

家づくりに必要な資料

  1. 実際の価格が入った見積書
  2. 実際に生活していく間取り図
  3. 実際に返済していかねばならない予算計画

コレでしょう?

もちろん、打ち合わせを重ねればそのうち出てきますが、パッと行ってサッと出てくるものではないのです。

ハウスメーカーによっては、概算見積もりですら出すのを渋るところだってあります。

「まずは現地確認を、地盤調査を。これらをしないと見積もりが出せません。」

「いや、だからおたくに決めるなら喜んでお願いするけどね…その決めるにあたっての比較資料が欲しいんだけど。」

と、堂々巡りになってしまう場合もあるのですよ。

特に有名な話、地盤調査費用は無料でやってくれるハウスメーカーが多い中、住友林業では5万円が請求されます。

住林に決めれば、総額から引かれるとはいえ、逆に言えば、相見積もりで候補から外した場合、5万円をドブに捨てるのと同じです。

たかが見積もりをもらうために5万円が必要って…ほとほとバカらしくありませんか?

住宅展示場見学がおすすめの人

デメリットばかりをあげましたが、住宅展示場が完全に悪者というわけでもありません。

住宅の雰囲気を知ることができますし、疑問や気になる点を気のすむまで質問することができますからね。

候補が十分に絞れていて、最終的な比較をしたい時には大いに役立ちます。

 

しかし、そうではなく、住宅展示場見学から家づくりをはじめるとなると話が別ですからね。

いきなり住宅展示場見学がおすすめな人というのはどういう人かと言えば、以下の通り。

住宅展示場がおすすめの人

  • 家づくりに好きなだけ時間や予定を使える人
  • 営業と話をするのが好きな人
  • 取説などが嫌いで百聞は一見に如かずな人
  • どこのハウスメーカーでも選べる予算がある人

なんというか、こう書き出すだけで・・・

お金持ちのステータスを書いているみたいですね(笑)

時間とお金にいくらでも余裕がある方は、気の向くまま気の済むまで住宅展示場に行きましょう!

住宅展示場へ行くより効率的な家づくりをする方法

では、家づくりを何から始めたら良いのか?

まずは、注文住宅の資料一括請求が便利です。

一括資料請求がおすすめの人

  • 具体的なハウスメーカーが決まっていない人
  • じっくり資料で比較したい人
  • 家づくりの第一歩目の人

一括請求と言っても、様々なサイトがあります。

一覧表から希望に合うサービスを選んでみてください。

タウンライフ ライフルホームズ スーモ 持ち家計画
カタログ請求
参加企業数
地域A 12件 8件 59件 17件
地域B 10件 8件 69件 22件
見積もり ×
間取り提案 ×
土地探し × × ×
申込み特典 ×
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※2020年3月時点での調べ。参加企業数は2つの地域で調べてみた結果です。時期によって増減します。

どこも一長一短であることが分かるかと思います。

しかし、個人的には、すべての資料が手に入るタウンライフが圧倒的におすすめですね。

ハウスメーカーを比較検討していくために必要な書類がすべて手に入ります。

家づくりに必要な資料

  1. 実際の価格が入った見積書
  2. 実際に生活していく間取り図
  3. 実際に返済していかねばならない予算計画

比較検討するには、具体的な数字や図面が必須ですからね。

ここまで複数社からもらえれば、比較も簡単。

自分に合ったハウスメーカーが一目瞭然になります。

 

対して、参加企業数だけで見れば、スーモが圧倒的ですが…

50冊もカタログが届いてしまったら、家が建つのは一体いつになるやらって感じでしょう(笑)

比較検討するだけで数か月、下手すると一年以上かかってしまいますね。

しかも届くのは、住宅展示場でもらえるものと同じ、会社概要レベルのカタログです。

本当の意味で比較をすることはできませんよね。

 

また、タウンライフは参加企業数こそ少ないものの…

大手ハウスメーカーばかりではないのも嬉しい特徴のひとつです。

長らく地域に愛されてきた、優良なハウスメーカーや地元工務店も多く参加しているのです。

大手のように莫大な広告費をかけられない…。

でも、大手にそん色のない良い家を提供している…!

こういった地域に根差した中小の住宅会社は、評判が良くないと長くはもちません。

CMすら打たずに長年経営できてきたという、確かな技術力や密接なアフターフォローの裏打ちがなければ成り立ちませんからね。

タウンライフでは、そういった大手の影に隠れがちな優良メーカーに出会うこともできるのです。

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

まとめ

住宅展示場は楽しむために行くのであれば、これほど素晴らしい場所はありません。

しかし、本気で家づくりをスタートさせたい時には、デメリットも多いのですね。

あなたに合った方法で、理想の家づくりをスタートさせていきましょう。

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

不要不急の外出や接触を控えるべき今は特にそう言えるでしょう。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

サイト内検索



-ハウスメーカー情報
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.