人物トレンド記事マニュアル

人物トレンド記事マニュアル

 

トレンド記事と一口に言っても色々な手法があります。

>>>資産型ブログのやり方とは|トレンドとの違いと具体的な稼ぎ方

これらの中で、進めていきたい手法が「人物のトレンド記事」です。

芸能人・有名人について深掘りして記事にしてく手法ですね。

 

人物記事の書き方について、私の手法をお伝えします。

 

 

人物の選定方法

これが一番の肝です。

「有名だから」だけで選定しては絶対にいけません。

 

分かるとは思いますが、例えば「明石家さんま」なんて超々ビッグネームで記事を書いたところで、上位表示を狙うことは不可能です。

普通にTVで露出しまくっている芸能人は人物トレンドネタとしては向かないのです。

 

では、どうやって選定するのかと言えば「一部界隈で熱烈なファンが存在する人」

これが全てです。

 

どうやって探していけば良いのか?

具体例がこちら。

  1. インスタなどSNSフォロワー数で調べる
  2. 雑誌専属モデルから探す
  3. ママスタや2ちゃんなどで話題の人物を探す
  4. 関連語として登場する人を選ぶ
  5. ラインブログやアメブロランキング上位から選ぶ

それぞれ解説していきます。

 

1.インスタなどSNSフォロワー数で調べる

インスタやツイッター、今ならユーチューバーでもいいかもしれません。

https://instagram.userlocal.jp/

こういうランキングサイトが存在しています。

これらの中から上記したようなビッグネームを除外します。

かつ、フォロワー数が多い方を選定します。

 

2.雑誌専属モデルから選ぶ

モデルと言っても、若いモデルは選ばないことが無難です。

なぜか?

トレンドアフィリエイトをやろうとする人は、若い人、特に男性のイメージが強いからです。

要は「若い女性」というくくりになってしまうと、競合過多なんですよね。

もちろん、それでも競合がいない場合はゴーでOKです。

 

どんな雑誌が最適かと言えば、30代~50代の女性向け雑誌。

落ち着いた女性が読む雑誌です。

 

年齢層が高いユーザーをターゲットにすることで、競合が少ない状態&RPMが高くなる傾向があります。

>>>アドセンス収益ページRPMとは|クリック単価×クリック率を左右する原因まとめ

私がよく狙っていたのがVERYという雑誌です。

 

3.ママスタや2ちゃんなどで話題の人物を探す

掲示板は人物を選定した後にも見てください。

ネタの宝庫となっています。

誰も記事化していなければオリジナルコンテンツとして有効に働きます。

 

4.関連語として登場する人を選ぶ

人物名を検索すると、ヤフーやGoogleで検索結果下部に関連した人物が表示されます。

既存記事と関連度が高い人物であれば、ユーザー層が近いですし、ページセッションも稼げる可能性が高まります。

 

5.ラインブログやアメブロランキング上位から選ぶ

https://www.lineblog.me/ranking/

無料ブログ系では、こういったランキングが用意されています。

これらの中からビッグネームを除外してレアな方を特集します。

 

実際の記事の書き方とワード選定

https://sake-renai-manga.xyz/category/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81/

https://kosodate-papa-kuruma.xyz/

https://trends-mania.xyz/category/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/page/3/

人物名の複合語として鉄板なワードが見えてくると思います。

結婚歴とか出身地ですね。

これらはどんな人物に限らず入れておいてください。

ロングテールを拾えます。

また、ウィキページも無いような方であれば、「ウィキ」や「wiki」も有効なワードです。

 

そしてメインワードの選定は、クリーンな人物に対しては「人物名+経歴やプロフィール系」。

叩けばほこりが出る人は「人物名+疑惑の事件について」。

 

クリーンな方は、競合さえいなければ無難な記事となります。

事件系は、あくまで中立的立場であることを忘れてはいけません。

アドセンスは誹謗中傷してはいけませんからね。

 

その事実や根拠を、公式ブログや個人のファンブログ、本人SNSや掲示板などに潜ってソースを確かなものにします。

本人が公式ブログとSNSをやっている時は穴のあくほど見てください。

 

SNSは積極的に埋め込んでいきます。

本人のものでも、ファンのツイートでも構いません。

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.