禁酒まとめ

二日酔い対策予防まとめ【明日を乗り切る力を手に入れよう!!】

投稿日:2017年6月29日 更新日:

二日酔い 対策 予防

「う・・・動けない。。。」

朝起きて、昨晩の酒が効いてしまっている時、本当にツライですよね。。。

「そんな飲み過ぎなければいいのに・・(呆)」

妻や家族にそうは言われても、付き合いという大義名分がある時などは仕方ないですものね。どうしても飲み過ぎてしまう機会ってあると思うんです。

では、そんな『二日酔い』の対策や予防法はないのでしょうか。私の実体験を基に解説したいと思います!

ということで、
二日酔い対策予防まとめ【明日を乗り切る力を手に入れよう!!】
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

二日酔いのメカニズム

何故辛い頭痛や吐き気が起きてしまうのかと言えば、アルコールの分解途中に発生するアセドアルデヒドによるところが大きいです。アルコールを無毒化する際に有害物質が生まれてしまう訳なんですね。

この他にも、アルコールを分解する為に水分が消費され、水分不足による脱水症状が現れたり、つまみの脂っこい食事や、食欲増進効果によって食べ過ぎてしまった胃腸への負担が原因であることも。

これらが複合的に現れて、辛い症状が引き起こされてしまうという事です。

では、どうしたら、辛~い二日酔いを防止することが出来るのでしょうか。
対策を見ていきましょう!

 

二日酔いになりやすい状態に注意!!

二日酔いになってしまいやすい状態って実はあるんです。

「体質や個人差じゃないの?」

もちろん、それもあるのですが、同じ人であっても、その時々によって全く変わってくるのです。これらを把握しておくことで、必要以上に二日酔いに苦しむことを無くせる可能性があります。

それは・・・【体調】

当たり前の事ですが、健康であればあるほど、二日酔いが起きにくくなります。
裏を返せば、体調に心配がある時は、お酒の量を控えることが非常に重要になってくる訳です。

  • 疲労や睡眠時間
  • 水分量や食事量
  • 内臓の疲れ度

これらによって大きく変わってくるのです。

順に見ていきましょう。

 

疲労や睡眠時間

極々単純な話ですが、身体や頭が疲労を感じている時は、当然お酒に対しても弱体化してしまっています。

  • 思い切りスポーツや運動をした後
  • 長時間の残業後
  • 夜勤明け

確かに、これらの後に飲むお酒は格別かも知れません。ですが、こういう時こそ量に注意です。
体が弱っている状態にアルコールを入れてしまうと必要以上に酔っぱらってしまいます。

結果、二日酔いを引き起こしてしまうのです。

 

水分量や食事量

お酒は飲み物であり、いかにも水分を補給しているかのように思えますが・・・
実際は【真逆の効果】です。

アルコールの分解の為に、水分補給どころではなく体内から水分を奪われてしまうのです。思い当たる節があるでしょう?お酒を飲んでいるとトイレが近くなるハズです。水分を奪われ、利尿作用も強められてしまう訳です。

ですから、お酒を飲む際には、

  • あらかじめ水分を補給しておく
  • チェイサーを飲む

ということが大事になってくるのです。

同様に食事にも気を付けるべきです。
すきっ腹だと非常に効いてしまいますよね。胃腸にも悪影響です。無理のない量の食事をとりながら飲めば、二日酔い防止に繋がるのです。

 

内臓の疲れ度

連日連夜、飲み歩いているようでは、内臓もボロボロです。二日酔いも起きやすい状態と言えます。
(段々マヒしてきて、二日酔い状態であることを自覚できなくなってしまう場合もありますが・・・)

三日四日続いてしまった後は、必ず休肝日を設けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

二日酔い対策まとめ

体調によるところが大きいことは分かって頂けたかと思います。

「でも!!今日は飲まなきゃいけないんだよ!!どうにかしてくれ!!」

そうですよね。どうしても外せない飲み会ってありますからね。
では、どうすれば、辛い二日酔いを少しでも軽減できるのでしょうか。

体調を整える以外で対策の取れる予防法を見ていきたいと思います。

 

ペース配分を守る

お酒のペース、自分に合った量というものがありますよね。
このペースを乱さずに、飲み過ぎないようコントロールしていきましょう。

ただし、これの最大の敵は【上司】や【諸先輩方】
特に【グラスビール】の飲み会は危ないですよね。

「まぁまぁまぁ~!」を防ぐためには、早々とジョッキの飲み物や、その他の飲み物に切り替えていきましょう。

 

〆を食べない

締めににラーメンだとかご飯ものだとか、悪魔的に美味しいのは分かりますが、ダメッッ!!
この後寝るだけなのに、そんなにズッシリとしたもの食べては、胃腸が休まりません。〆を抜くことで多少なりとも二日酔いを軽減することが期待できるでしょう。

 

二次会(三次会/四次会)をドロンする

単純な話、遅い時間まで飲んでいればいるほど、二日酔いにはなりやすいものです。

「あ、嫁が怒ってまして」
「子供を迎えに」
「もう一か所、顔を出さないと行けなくて」

なんでも良いですから、適当に理由をつけて離脱をしましょう。

 

奥の手に頼る

コンビニでも簡単に売っていますよね。ドリンク剤。

やっちまった後にはヤッパリこいつらに頼ると効きますね。

飲む前に飲む!!という方法も・・・
逆に飲み過ぎてしまう可能性があるので、おすすめはしませんが・・・

あとは、個人的に結構便利に使っているのが錠剤タイプ。
【第三類医薬品】ということで、非常に高価なのですが、お酒に限らず、体調がすぐれない時にも使えるのが嬉しいです。
滋養強壮に嬉しいコチラ。

あとは定番ですけど『しじみの力』っすかね。
味噌汁で飲むのもモチロン効果的ですが、コチラも凝縮した錠剤タイプがメッチャ効きます。



-禁酒まとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.