ローコストHM

ロイヤルハウスの特徴と価格を徹底調査|気になる坪単価は?

2018年10月20日

ロイヤルハウス 特徴 価格

ロイヤルハウスは、木の家に住みたい人におすすめのローコストHMです。

天然素材の強さを十二分に生かした住宅を設計しています。

とはいえ、

  • 「木の家って耐震性能はどうなってるの?
  • 「すぐにシロアリがわいてくるんじゃない?」

心配な部分も多いですよね。

そこで今回は、ロイヤルハウスの特徴や、人気商品の価格を徹底調査しました!

 

スポンサーリンク

 

ロイヤルハウスで建てた時の価格目安

まずは一番気になるお値段から考えていきましょう。

ロイヤルハウスの坪単価は30万円~55万円ほどと言われています。

※2019年現在。

ただし、これらはあくまで坪単価のみです。

  • 登記など諸費用
  • 地盤調査
  • エアコンやカーテン
  • 外構費用

このような、その他の経費は入っていない計算だということを覚えておいてください。

オプションで床材を変えるとか、壁面にタイルを使うとか、そういう注文を増やしていけば当然、どんどんと値段が上がっていきます。

坪単価+数十万円も普通にあり得ることでしょう。

完全にローコストメインのメーカーですね。

安さ重視の方は、ぜひ候補に入れておきたいところです。

この坪単価だと単純計算でこのようになります。

ポイント

  • 30坪:900万円~1650万円
  • 40坪:1200万円~2200万円
  • 50坪:1500万円~2750万円

こちらの金額に土地代が別途加算されます。

 

ロイヤルハウスの特徴

ロイヤルハウスの特徴を大きく3つに分けてご紹介します!

  1. 安心の「ロイヤルSSS構法」
  2. うれしい「シロアリ10年保証」
  3. 7年連続グッドデザイン賞受賞

順番に説明していきましょう。

1.安心の「ロイヤルSSS構法」

ロイヤルハウスは、創業30年、累計20,000棟の実績を持つハウスメーカーです。

フランチャイズ形式をとっており、北海道から沖縄まで約110の加盟店が存在します。

 

多くの人に選ばれつづけてきたその魅力は、「ロイヤルSSS(スリーエス)構法」にあります。

従来の木造住宅は、経年劣化に弱いという弱点がありました。

ロイヤルSSS構法は、「引寄せの技」を使うことによって、この問題を見事に乗り越えています。

 

接合部に金物を使うのではなく、木の中に金物を捻じってとめるという、大胆な技を編み出したのです。

こうすることによって、時間が経過するほどに木が締まり、強固な構造になる仕組みが完成しました。

内側に向かって収縮する木の特性は、今まで木の家のマイナス面でしたが、ロイヤルSSS構法はプラスに働かせることに成功したわけですね。

長期優良住宅

ロイヤルSSS構法は、国土交通省が推進する「長期優良住宅認定制度」に適合する住宅です。

長期優良住宅とは、良い状態の家を長く保ち続けるために必要な条件をクリアした住宅を指します。

この制度を利用した評価書付きの家には、住宅ローンに金利優遇や地震保険の割引など、数々のメリットがあるんです!

 

また、ロイヤルハウスの住宅は、住宅の性能を測る10項目の条件のうち、なんと7項目で最高等級を獲得できます!

長く生活の基盤となる場所だからこそ、品質が保証されているのはうれしいですね。

木造合理化認定取得

ロイヤルハウスの住宅に使う木材は、JAS認定のプレカット工場でミリ単位の刻みを施されます。

その後は、専門検査員の厳しいチェックも入ります。

 

こうした徹底的な品質管理が評価され、ロイヤルSSS構法は「木造合理化システム」として認定されました。

公的機関である「日本住宅・木材技術センター」の審査を経ての認定です。

この認定は、家づくりの体制や、性能面、完成後の維持管理サービスなど、安心ブランドであることを証明してくれています。

家づくりにおいて安心感は非常に重要なので、うれしいポイントです。

2.うれしい「シロアリ10年保証」

ロイヤルハウスの魅力である、木造住宅ですが、シロアリ対策が心配になりますよね。

新築を建ててすぐにシロアリ被害にあったらたまりません。

ロイヤルハウスは、大きく3つの対策をしてくれています。

  • 基礎パッキング工法
  • 防腐防蟻処理
  • シロアリ10年保証

ロイヤルハウスは、「基礎パッキング構法」を採用しています。

木造土台部分と、コンクリート基礎の間にパッキンを入れて固定するという工法です。

これによって、一般的な換気口と比べて1.5~2倍の換気性能を発揮することに成功!

シロアリの繁殖や柱の腐食を防止することができます。

 

また、地面から1m以内の木材には、防腐防蟻性の高い樹種を用いたり、薬剤塗布を施したりしてシロアリに対する予防線を張っています。

しかも、薬剤は人の健康に悪影響を与えない物を使用しているので安心です。

こうした努力の上で、さらに「シロアリ10年保証」までつけてくれています。

木造住宅と聞くと、シロアリ出現の恐怖が脳裏をよぎりますが、ここまで対策してもらえれば安心できますね!

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

3.7年連続グッドデザイン賞受賞

ロイヤルハウスは、2012年にはじめてグッドデザイン賞を受賞。

それ以来7年連続で表彰されているんです!

グッドデザイン賞は、デザインが「くらしを、社会を、豊かにしうるのか」という視点から選ばれます。

つまり、デザインの効果・効用という視点から評価が行われるわけです。

 

2013年には、ロイヤルハウスの家づくりの基本となる「ロイヤルSSS構法」が受賞しています。

伝統的な木造住宅の美しさと、発想の転換による耐久性の確保が評価されたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ロイヤルハウスの商品&坪単価

  • 木ころ:40万円~50万円
  • 外暮らしの家:40万円~48万円
  • コムニ:30万円~45万円
  • グランドワン:40万円~55万円

詳しく見ていきましょう。

木心地のいい家Kicolo/木ころの特徴と坪単価

引用:ロイヤルハウス住宅ラインナップ

木の家にこだわるロイヤルハウスの魅力が詰まった住宅です。

坪単価は約40~50万円といわれています。

伸びやかな吹抜けのあるリビングや、空間に力強さと優しさをプラスする「あらわし梁」など、天然素材の「木」の魅力を存分に引き出す、「木心地のいい家」です。

※あらわし梁とは、通常なら隠してしまう木の構造部分を露出させることをいいます。

外暮らしの家の特徴と坪単価

引用:ロイヤルハウス住宅ラインナップ

ライフスタイル提案型住宅です。

ミニマムでスマートな住空間を特徴としています。

2012年にはグッドデザイン賞を受賞!

坪単価は40~48万円です。

夫婦二人で暮らすのにぴったりな住宅となっています。

COMUNI/コムニの特徴と坪単価

引用:ロイヤルハウス住宅ラインナップ

子育て夫婦におすすめの住宅です。

ダイニングキッチンのあり方や収納の工夫、生活動線の配慮など、子どもと親のコミュニケーションを育む20の工夫がポイント!

坪単価はなんと、30~45万円という低価格なところが魅力です。

GRRND1/グランドワンの特徴と坪単価

引用:ロイヤルハウス住宅ラインナップ

ライフスタイルにあわせて自由設計できる平屋住宅です。

外観のデザインも3つの種類から選ぶことができます。

  • フラットスタイル
  • 南欧スタイル
  • ふたり暮らしスタイル

坪単価は40~55万円程度といわれています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ロイヤルハウスは木の魅力を最大限に生かしながら、品質の高い住宅を提供しているということがわかりました。

木の温かさを感じられる家を探し求めている方におすすめです!

坪単価も約30万円~50万円という良心的なところが魅力ですね♪

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-ローコストHM
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.