スポンサーリンク



ジョギングまとめ

ランニングとジョギングの違いとは?【時速と心拍数】に秘密が・・・

投稿日:2017年10月22日 更新日:

ジョギング ランニング 違い

 

健康やダイエット目的で日頃から『走り』を日課にしている人、多いですよね。

 

でも・・・

「毎日”ランニング”している」と言う人や、「”ジョギング”している」と言う人がいるような・・・?

 

そもそも【ランニングとジョギングの違い】ってなんなんでしょう?

 

今回は、
ランニングとジョギングの違いとは?【時速と心拍数】に秘密が・・・
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

ランニングとジョギングは速さが違う

両者について辞書的な意味を調べてみると次のようになります。

ランニング
1 走ること。「健康のため毎朝ランニングをする」
2 ヨットで、追い風を受けて帆走すること。
3 「ランニングシャツ」の略。

引用:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/230202/meaning/m0u/

ジョギング
ゆっくりと走ること。健康維持や体力増進のために行う軽いランニング。

引用:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/110820/meaning/m0u/ジョギング/

 

明確な違いはありませんが、どうやら、『ゆっくり走ればジョギング』になるようです。

 

けど、ゆっくりってどれぐらいでしょうか?

陸上『選手のゆっくり』と『私のゆっくり』ではだいぶ違いがありそうですが(汗)

 

国立栄養研究所では時速で定義づけ!?

国立栄養研究所というところが、運動強度についてまとめた資料を公開しています。

http://www.nibiohn.go.jp/files/2011mets.pdf

 

【METS(メッツ)】という言葉を聞いたことがありますか?

METSとは『運動強度を示す指標』で、ざっくり言うと値が大きいものほど『運動を頑張った』ということです。

 

上記資料では、様々な運動(行動)のMETSをまとめています。

この国立栄養研究所の資料中のランニングとジョギングについて書かれた箇所をまとめると、

  • 走ること全般をランニングに分類
  • 6.4km/時速以下のランニングをジョギングに分類

としています。

 

国立栄養研究所でも『速さ』でジョギングを定義付けているようで、『ジョギングはランニングの一種』とし、その中でも時速6.4km以下の走りはジョギングに分類しているようです。

 

ちなみに日本の法律では、徒歩は時速4.8kmとされています。

そう考えると時速6.4kmは、歩くより少し速いぐらいのスピードですね。だいたい100mを走るタイムが1分ぐらいの速さです。

 

そう考えると、私、ちょっとペース速いかも。

距離から算出した時速は8.5kmほどだったんですよね。

 

これじゃランニングなのか?

自分では、『デブがドスドスみっともなく走っているイメージ』だったんですがw

 

 

スポンサーリンク

 

もっと分かりやすい指標は?

ただ時速と言われてもいまいちよく分かりませんよね。

そして大人の時速6.4kmはゆっくりでも、3歳児ぐらいにとっては時速6.4kmでも、わりと全力疾走です(笑)

このように単純に速さで定義付けしても、人によってバラバラです。

 

もう少し分かりやすい、万人共通の分け方をするなら、【会話ができるかどうか】と言えます。

誰かとおしゃべりしながらでも走れるならジョギングで、まともに会話をする余裕がなくなると、それはもうジョギングとは言えません。

 

また会話をできるということは、心拍数や呼吸に大きな乱れがなく、走りつつもリラックスした状態とも言えます。

確かに私のペースだと、走っている時に会話はキツイかも。

 

ランニングとジョギングの目的

両者の違いはそれぞれの【目的】にもあります。

主にランニングはトレーニング目的で行うことが多いと言えます。

  • タイムを上げたい
  • 下半身を鍛えたい
  • 心肺機能(スタミナ)を向上させたい

という目的でスポーツ選手が走るのはランニングにあたります。

 

一方、ジョギングは『痩せたい』『運動不足を解消したい』と言った健康目的であったり、趣味で行うことの多くがジョギングにあたります。

 

ただ、これはあくまで、両者をざっくりと分けた場合の話なので、必ずしもそうとは限りません。

陸上選手のトレーニングにもウォームアップ、クールダウン目的でジョギングは取り入れられていますし、ダイエットとしてジョギングとは呼べない速さで走っている人もいますしね。

 

目的によって使い分けよう!

速く走る方がカロリー消費量は大きく、ダイエット効果も高いです。

しかし、単なる健康増進やダイエット目的ならジョギング、もしくはジョギングとランニングの併用をオススメします。

 

理由は簡単、ランニングは心拍数が極端に上がるため、心肺機能への負荷が大きいからです。

ダイエットをしたがる多くは女性ですが、私のような中年太り真っ盛り(照)の男性もいます。

そしてそのような男性の多くは『若い頃は身体が動いた』という思い込みのせいで【無理をしてしまう】傾向にあります。

日頃から運動をしているならまだいいのですが、いきなり身体に負荷をかけるとダメージが大きく取り返しのつかない事態になりかねません。

私の場合は、一応、仕事でも身体を使っていますし、最初は短い距離から無理なくならしました。

 

だから健康増進やダイエット目的なら、ジョギングのようなゆっくりな走りだけにしておくことです。

 

ただ、『もっと効果を得たいからスピードを上げたい』というのであれば、ジョギングとランニングの併用は効果的ですね。

具体的にはゆっくりジョギングからスタートし、しばらくしてから徐々にスピードを上げてランニングに切り替え、最後にゆっくりスピードを落として、ジョギングに切り替え、暫く走ってから止まるようにしてください。

たまにランニング後すぐにウォーキング、もしくはその場で膝に手をつき『ぜぇぜぇ』息を切らしている人もいますが、ランニング後、急に止まると心臓も止まりますよ、冗談抜きのマジで。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ランニングとジョギングは全く別物というわけではなく、ランニングの分類の中でも、ゆっくり走ることがジョギングと呼べます。

ジョギングの目安としては走りながら会話ができるということです。

 

ちなみに国立栄養研究所の資料によると、性行動のMETSも載っています(笑)

性行動の中でも『積極的』なものは2.8METS、『受動的』なものは1.3METSだそうです。

 

『よーし、今夜はパパ頑張っちゃうぞ』なんて言葉もありますが、2.8METSは散歩以下の運動強度です。

たいして頑張ってませんよ、パパ(笑)

ジョギングの効果とは【メリットが凄い!!】しかも楽しいの!?

ジョギング【健康で効果的な頻度】はどれくらい?え?毎日!?

関連記事&スポンサーリンク



-ジョギングまとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.