住宅まとめ

ヘーベルハウス口コミ評判まとめ【ヘーベリアンVSアンチの戦いが荒れ過ぎ!?】

投稿日:2017年3月13日 更新日:

ヘーベルハウス 口コミ 評判

 

旭化成ホームズのヘーベルハウス。

【災害に強い家】を謳うこのHMは、果たして実際の口コミや評判はどうなっているのでしょうか。

実際に見ていきたいと思います。

 

ということで、
ヘーベルハウス口コミ評判まとめ【ヘーベリアンVSアンチの戦いが荒れ過ぎ!?】
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

ヘーベルハウスとは

ヘーベルハウスとは・・・

実はそういった名前のハウスメーカーは存在しません。

HMである、『旭化成ホームズ』が提供する商品名になります。

 

セキスイハイムとか、三井ホームとか、HMの名前に『家』的なワードが入るHMが多いので、ついついヘーベルハウスもHMの名前なのかと混同しがちですよね。

 

そんなヘーベルハウスの最大の特徴と言えば、数多くあるHMの中で唯一の『鉄骨ALC工法』です。

 

詳しくはコチラをご確認ください。

ヘーベルハウス特徴まとめ!

 

そんなヘーベルですが、実際に建てられた方や、検討している方たちの評判はどうなのでしょうか。

 

ヘーベルハウスの口コミ評判まとめ

肯定的な意見として挙げられているのは、

【アフターフォローが良い点】

この口コミは多数お見掛けします。

 

1.昨日、浴室の不具合(水栓)があってアフターにTELした。(午前中)
2.間もなくメーカーより訪問日伺いのTEL。(昼間)
(部品はその日のうちに発注)
3.今日の朝一には業者が来て、修理完了。
我が家はまもなく築15年。
これまで何度となくアフターを呼んだが、100%即対応だった。
(その日のうちに修理に来たこともある。)

へーベルのアフターは本当にいいよ。

引用元:https://www.e-kodate.com/bbs/search/%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9/

 

いやー・・・
しかし、なんなんでしょうね?

 

その他の口コミを確認してみると・・・

どう考えても、肯定的な口コミよりも、否定的な口コミを多く感じるのですが・・・・

 

その中でも特に言われているのは、

  1. 断熱性がない点
  2. 衝撃に弱い点
  3. 遮音性などない点

これらの3つです。

 

本当にそうなのでしょうか?

それぞれ考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

断熱性に問題アリ!?

これ、口コミで凄まじい勢いで確認できるんですよね。

『冬寒く夏熱い家』

ヘーベルハウスの代名詞のように書かれているのですが・・・

 

何故でしょうか?

気泡コンクリートであるALCは断熱性に優れているという話ですが・・・

 

ALCは気泡が多く含まれることで、
断熱性が良いというふれこみで販売されてきたようであるが、
実は断熱性に関しては非常に悪いということが弊社の検査で実証されるに至っている。

引用元:http://www.kensa-firm.com/s/news/detail.html?1439190048

 

『株式会社日本建築検査研究所』という第三者機関のHPに記載されている内容です。

 

こ、ここまで書いていいの?って感じの内容なのですが・・・

営業妨害とか、訴訟問題にならないのかしら?

 

ここまでオープンに批判をしていて問題になっていないということは、事実ということなのでしょうか。

 

衝撃に弱い・・・?

ALC板、普通のサイディングとは違って、かなり分厚いですよね。

見た目にも頑丈そうですし、強度もあるのでは?

 

・・・と思いたいとこですが。

実はそうでもなかったり?

 

強度 ヘーベルハウス サイディング画像引用元:http://www.kinzoku-yane.or.jp/technical/pdf/no296.pdf#search=%27飛来物被害%27

 

上の表は『一般財団法人日本建築総合試験所』、ならびに『株式会社風工学研究所』の両組織が行った、【飛来物に対する外壁の耐衝撃性能】の実験結果です。

 

この実験では下記の4種類の外壁材での実験を行っています。

  1. 窯業系サイディング
  2. 金属系サイディング
  3. ラスモルタル
  4. ALC

結果は表のとおり。

『ALCが弱い!』という訳ではありませんが、特筆する部分もない結果に終わっています。

 

対して耐衝撃性能が一番優秀だったのは、『金属製サイディング』だったという結果になっています。

 

ただし、他の外壁材は14㎜~21㎜ですが、ALCは37㎜での実験になります。

「厚みがあるから強い!」というイメージを持ってしまいますが、そんなことはないみたいですね。

 

ウソでしょ?遮音性ないの?

これまた、少し驚きなのですが・・・・

百聞は一見に如かずです、コチラの動画をご覧ください。

 

ウソでしょ?

マジなんですかね?コレ。

 

確かにヘーベルハウスの文字が動画内にありましたし、私も展示場に行った時にはこの装置は見ました。

他社がイメージダウンを図った動画を作成したとか?

その説も無きにしも非ずですが・・・

 

とはいえ、賃貸住宅を建築する際には、ALC床でないと許可が下りなかったりするので、ALCの遮音性自体は、ヘーベル板に限らず国に認められているのもまた事実です。

 

この動画がホンモノであったとするなら、遮音性に関しては『ちょっとやり過ぎの誇大広告だった』と言えるのかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

お高い買い物だからこそ、後悔のないものにしたいですよね。

なんだかんだ悪評があったところで、実際に契約を決めるのはアナタです。

ウェブの情報に惑わされずに決めていきましょう。

 

後悔しない家づくりの為に。

>>>ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

関連コンテンツ

関連記事&スポンサーリンク



-住宅まとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.