大手八社ハウスメーカー

パナソニックホームズで実際に建ててみたブログまとめ|欠陥の声が圧倒的に少ない!

2019年3月11日

家づくりの第一歩、ハウスメーカー選びは非常に重要です。

公式サイトには書かれていない評判を、しっかり把握しておきましょう。

そのためには、何年か前に家を建てた先輩方のブログを参考にするのがお勧め。

今回はパナソニックホームズ(旧パナホーム)で実際に家を建てた方のブログサイトを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

おすすめブログサイト紹介

それでは早速、参考になりそうなおすすめブログを見ていきましょう。

おすすめブログ①「おうちたてる。」

パナソニックホームズで、40坪の2階建て住宅を建てた方のブログです。

全館空調「エアロハス」を導入しており、利用してみての記事が豊富ですよ。

初期費用で約200万円かかったものの、

  • 家の中(部屋・お風呂・トイレ・廊下)の寒暖差がない
  • 部屋ごとに温度調整可能
  • 吹出口が天井にある(→冷房効率が良く、汚れも気にならない)
  • フィルター掃除は半年に一回で良い
  • 一般的な全館空調の半分の電気代で済む
  • (春や秋など)換気システムだけの利用なら電気代は、年間300円程度しかかからない
  • ZEH(ゼロエネルギーハウス)申請可能
  • 室外機は1つしか設置しなくて良い

といった点にメリットを感じており、結果的にエアロハスの導入に満足しているようです。

 

また、新築住宅を建ててみて、後悔した点に関しても紹介してくれています。

  • 吊戸棚の高さを考えるべきだった(頭をぶつけてしまうから)
  • 段差のあるところには手すりをつけるべきだった
  • 横窓にロールスクリーン(窓に吊るして日差しや風を遮る布)をつけるべきだった
  • インテリアカウンターの高さは、手が届くように設置すべきだった
  • コンセントの位置は家具が入った時のことも考えて決めるべきだった
  • キッチンの手元灯は角度調節機能つきタイプにすべきだった

など、完成してから気づく、リアルな問題点は非常に参考になります。

こうした体験談が読めるのは、個人ブログならではですね。

「家は三回建てないと理想の家が建たない」などという言葉もあります。

完全完璧な住まいの実現は非常に難しい話ですね。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

おすすめブログ②「パナソニックホームズで快適生活」

44坪の2階建て住宅に、家族4人で暮らしている方のブログです。

こちらのブログ主もやはり、エアロハスの導入に満足しています。

  • 想像以上に安く利用できている
  • 玄関を開けた瞬間から暖かく快適
  • 朝布団から出るのが楽

といったメリットを挙げていました。

また、電気代について気になる方は、要チェックです。

1年の電気代を公開してくれていますよ。

 

一方、トラブルもあったようです。

お風呂場に設置したミストサウナで、「うるおいモード」「サウナモード」のミストを使うと、洗い場に冷たい排水が流れ出すという事態が発生しました。

しかもそれが仕様で、解決は保証の対象外。

このことに関して、ショールームや営業担当からは何の説明もなかったというのは驚きです。

事前確認は重要ですが、これは教えてほしかったですね・・・

導入の際は注意しましょう。

私はパナではなく大和ハウスですが、同じくミストサウナがついています。

エネファーム導入でついてきた代物ですが、そういった冷水が排出されてしまう仕様ではないですね。

身体を温めるためなのに冷水が出てくるのは何ともイヤですよねぇ。

 

スポンサーリンク

 

おすすめブログ③「パナソニックホームズ(パナホーム)新築ブログ2018」

パナソニックホームズで、3階建て住宅「ビューノ3E」を建てた方のブログです。

坪単価を公開してくれているので、非常に参考になります。

建物本体+工事経費で計算すると、坪単価は91万円になったそうです。

さらに、各種申請料や外構費、カーテンや照明、消費税を合わせた全体の金額で計算すると、坪単価は113万円とのこと。

  • 吹き抜け追加
  • キッチンや洗面設備のグレードアップ
  • 地盤改良

などが、価格を上げた原因のようです。

さすが大手・・・高額ですね。

とはいえ、本来は坪単価計算の際、本体価格と工事価格のみで計算することが普通です。

諸費用やカーテン類まで含んでしまうと、どうしてもかさんでしまうのは仕方がないですね。

 

また、エアロハスの問題点についても記事で取り上げています。

  • 空調ユニットの設置位置(屋根裏に置くことができない)
  • 空調ユニットが大きい(半間を超えるサイズで邪魔)
  • 噴出口の色が白しかなく浮いてしまう
  • (当時は)三階建てに対応していなかった(→現在は対応できる場合もある)
  • ダクトを通すために天井を下げる必要がある
  • 1階と2階の面積バランスの調整が必要

といった点を挙げています。

エアロハスは2017年8月頃から導入できるようになったオプションです。

まだ新しいシステムなので、これから徐々に改善が見られるかもしれませんね。

 

おすすめブログ④「パナホーム(パナソニックホームズ)で平屋を建てる」

20近くのHMを比較検討して、資料請求したり展示場に足を運んだりした末に、パナソニックホームズに決定しています。

20社を検討するってすごい気迫ですよね・・・!

パナソニックホームズの「カサートS」で、30坪の平屋住宅を建てた方のブログです。

間取りも公開されているので、平屋住宅を検討中の方は是非参考にしてみてください。

約400万円の値引きに成功し、2350万円で契約することができたそうです。

かなりの値引き率ですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

満足できる家を実現するためには、リアルな体験談を元に試行錯誤しましょう。

パナソニックホームズでは目立った欠陥に関する情報はありませんでした。

さすが歴史ある大手HMですね。

家づくりの先輩方が残してくれた情報から学びながら、より良いマイホームを目指しましょう!

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-大手八社ハウスメーカー
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.