新築/注文住宅まとめ

ゼッチ住宅に強いハウスメーカーランキング|補助金に合格しやすいのはどこ?

投稿日:

ゼッチ ハウスメーカー ランキング

せっかくゼッチ住宅を建てるなら、作りなれているハウスメーカーに任せたいですよね。

  • 「ゼッチ住宅に力を入れているハウスメーカーはどこ?」
  • 「補助金に合格しやすいハウスメーカーってあるの?」

という風に、気になっている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ゼッチ住宅に強いハウスメーカーを、ランキング形式でご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

\本当にその会社で大丈夫ですか?/

※ダメ会社をあぶりだす為に。

 

ハウスメーカーによって補助金の当選・落選格率が違うの?

少し前までは、ハウスメーカー選びによって、補助金の合格率が違いました。

それは当選の基準が、性能の良いものから順に補助金を与えるものだったからです。

実績のあるハウスメーカーは「基準値をこれくらい超えれば受かるだろう」というのを予測できたため、受かりやすかったと言われています。

しかし、2019年からはゼッチの基準を満たした住宅の中から「抽選」で選ばれます。

補助金の当選・落選は完全に運任せだと言えるでしょう。

それを踏まえた上で、ZEH実績をもとにしたランキングをご覧ください。

 

ゼッチ住宅に強いハウスメーカーランキング

新築戸建て住宅における、2018年のゼッチ住宅の実積率を見てみましょう。

住宅産業新聞社の記事によると、次のような結果となりました。

ポイント

  • 1位:積水ハウス:79%
  • 2位:一条工務店:77%
  • 3位:セキスイハイム:73%
  • 4位:旭化成ホームズ:44%
  • 5位:住友林業:40%

上位3つが強いですね。

これら3社の取り組みについて、もう少し詳しくご紹介しましょう。

1位:積水ハウス/グリーンファースト ゼロ

積水ハウスは、「グリーンファースト ゼロ」というゼッチ対応モデルを展開しています。

この商品は、2013年に発売されたものです。

積水ハウスが、早い段階からゼッチ住宅に取り組んでいたことがわかりますね。

2016年の積水ハウスのZEHの普及率は74%、対してダイワハウスは22%にとどまり、後れを取っています。

というのも、ZEHというのは積水ハウスの会長が国の偉い人達と言い出したことなので、積水ハウスは一丸となってZEHを押しまくってるからなんですけどね。

ZEHの考え方はいいと思いましたし、ZEHの家にすれば光熱費のランニングコストが抑えられるメリットがあるため、積水ハウスを選ぶことにしました。

引用:life work share|『わが家がダイワハウスより積水ハウスを選んだ理由。ダイワハウスのデメリットを挙げてく』

積水ハウスは、ゼッチ住宅の実績が長い企業なので、安心して任せることができますね。

「グリーンファースト ゼロ」には、

  • 「アルゴンガス封入複層ガラス」や「高断熱サッシ」を採用
  • 東北北部レベルの「ハイグレード断熱仕様」
  • 「高効率エアコン」「LED証明」など省エネ設備採用

といった特徴がありますよ。

2014年には、省エネルギー性に優れた住宅を提供していることが認められ「省エネ大賞」で、審査委員会特別賞を受賞しています。

 

\本当にその会社で大丈夫ですか?/

※ダメ会社をあぶりだす為に。

 

2位:一条工務店/i-シリーズZero

一条工務店は、「i-シリーズZero」というゼッチ対応モデルを用意しています。

  • 北海道で求められる断熱条件を標準仕様でクリア
    (←断熱性の高さだけ見ると積水以上!)
  • 高性能な三層窓を導入
  • 太陽光発電「夢発電システム」を初期費用ゼロでお届け
    (ただし、売電金で支払う)

といった特徴をもっていますよ。

省エネ性能の高さを評価され「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2015」では大賞を受賞しました。

 

スポンサーリンク

 

3位:セキスイハイム/未来基準の家/スマートパワーステーション

セキスイハイムは、「未来基準の家」というゼッチ対応住宅を提供しています。

  • Ua値:0.54(つまり、東北北部レベル)
  • 「高断熱アルミ樹脂複合サッシ」標準仕様
  • 消費電力が見える化できる「スマートハイム・ナビ」採用

といった特徴があります。

さらに、「蓄電池」を導入した「Smart Power Station(スマートパワーステーション)」という商品もあります。

これは、使うエネルギーより、創るエネルギーがプラスになる住宅です。

ポイント

  • 災害のとき停電になっても蓄電池でまかなえる
  • 昼に発電した電力を夜に利用することができる
  • 光熱費の削減だけでなく、売電で儲けることができる

といったメリットがありますね。

しかし、お値段はもちろん高くなります。

建物費用が2,673万円とその他の費用が582万円かかりましたので合計3,255万円となっており、坪単価は90万円になりました。

引用:おうちナビ|『【実録】セキスイハイムのスマートパワーステーション新築費用を大公開!』

 

スポンサーリンク

 

まとめ

やはりゼッチ住宅の実績豊富なハウスメーカーは、安心して任せられますね。

しかし、ゼッチ住宅を得意とするハウスメーカーだからと言って、補助金に受かるとは限りません。

2019年における補助金は、抽選で決まるので運次第としか言えません。

今後、制度の見直しがあるかもしれませんが・・・

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べてみても、どんどん分からなくなってきますよね。

「あとはもう実際に話を聞いてくるしか・・・」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

ウェブでサクッと複数社からの一括請求が一番ですよ。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料申し込みするだけで、信頼できるHM/工務店各社がなんでもかんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求でじっくり徹底比較。

使えるものは便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較すれば簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-新築/注文住宅まとめ
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.