ココナラまとめ

払わなきゃダメ?ココナラおひねり相場とは|手数料とマナーはいかに

2017年7月15日

ココナラ おひねり 相場 手数料

  • 商品を購入してみたけど、おひねりってしなきゃならないの?
  • するならいくら?
  • マナーはある?

実際に使ってみて疑問に思う点ですよね。

今回はココナラ独自のシステム「おひねり機能について」ご説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

ココナラ独自システムおひねりとは

おひねりとは、欧米諸国にあるチップのようなシステムです。

代金とは別にスタッフに直接渡すやつですね。

 

ココナラでは、出品者が予め設定した価格で様々なサービスを提供しています。

ココラナのおひねり機能とは、その価格とは別に追加で報酬を払うことができるシステムのこと。

これは他のクラウドサービスにはない独自のシステムです。

 

例えば私の場合「ブログ診断20000円で請け負います」というサービスを提供しています。

このサービスを購入後「20000円以上の価値があった!これなら25000円でも良かった!」と思って頂けた場合・・・

購入者は「おひねりとして追加で5000円を任意で支払うことが出来る」というような流れです。

 

もちろん、満足させるだけのサービスを提供しなければ頂くことは難しいことです。

ですが、もらえたら出品者にとっては「思わぬボーナス!」で嬉しいシステムですよね。

 

おひねりの相場はいくら?払わなきゃダメ?

出品者にとっては嬉しいおひねりシステム。

ですが、購入者にとっては「え?チップまで払わなければいけないの?マナー?」なんて考えると負担になってしまいますよね。

あくまで購入者の気持ちが基本になります。

ですから、渡さなくても全く問題ないですし、相場のようなものもありません。

 

せっかくのシステムですが、出品者にとっては不確定要素です。

あてにしない方がショックは少ないでしょう。

貰えたらラッキーぐらいに思っていた方がいいかもしれません。

 

サービスに満足できて、かつそのジャンルの出品価格相場よりも安い値段だった場合、その相場になるぐらいのおひねりを払うのはアリだと思います。

もしくは出品者にかかる手数料が、販売価格の25%なので、価格の25%分程度をおひねりにすると喜んでいただけるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

おひねりに手数料はかかるの?

購入者には関係ない話です。

出品者の収益に手数料がかかります。

ココナラの手数料は販売価格+おひねりの総額の25%です。

さらに手数料に対して8%の消費税がかかるので、実質の手数料は27%です。

 

またココナラから、お仕事の報酬の振込み依頼をする場合にも、報酬の合計が3000円以下の場合、160円の振込み手数料がかかります。

3000円以上貯まるまでは振込み依頼をしない方がお得と言えます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

おひねりとは、何とも面白いサービスではありますが、そこにルールやマナーなどは存在しません。

余裕がなければ払わなくてもいいし、期待以上の結果が得られたなら気持ちよく払いましょう。

 

関連記事&スポンサーリンク



-ココナラまとめ
-, , ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.