スポンサーリンク



刃牙まとめ

グラップラー刃牙【最大トーナメント編】ベストバウト×夢のカードまとめ!!

投稿日:

最大トーナメント グラップラー刃牙 夢のカード

 

・・・ほんっとに面白いなぁ、最大トーナメントは。

えぇ、グラップラー刃牙における、最大トーナメント編についてです。

 

私ごとながら、ちょっと引っ越しましてね、それをきっかけに実家から漫画を引き上げてきたんですよ。

久々に再開するバキ全巻。

数年ほど、放ったらかしだったでしょうか。

 

 

久しぶりの再会にもかかわらず・・・・

否、久しぶりの再会だからか・・・

いや、いつ読んでもか・・・

 

読む手がとまらねぇッッ

特に、最大トーナメントに突入してからヤバくて・・・・

 

今回は、そんな最大トーナメントに注目したいと思いますよ!!

 

ということで、
グラップラー刃牙【最大トーナメント編】ベストバウト×夢のカードまとめ!!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

最大トーナメントとは

最大トーナメントとは、徳川光成が主宰する、地上最大の格闘トーナメントですッッ

 

横綱、ヤクザ、ボディガード、空手家・・・

格闘技の垣根を超えた、異種格闘大戦!!なのです!!

 

・・・って、そら、別の格闘漫画のタイトルでしたw

え?ご存知ない?

これです、これ。

 

物語序盤では、刃牙のオマージュキャラの登場も楽しめ、それでいてガチの生き残りバトルが繰り広げられる、刃牙とは一風変わって楽しめる作品ですよ♪

作者の相原コージ先生は、めっちゃ売れている!とは言えませんが、細く長く、といった感じの先生です。

味のある画とストーリーがとても楽しめます^^

 

と、話がそれました(笑)

刃牙における、最大トーナメントとは、異種格闘技の最大トーナメントなのです!!

こんなん、盛り上がらない訳がねぇッッ

 

最大トーナメント名バトルベスト5

独断と偏見で決める、めっちゃ熱い対戦カードをランキングしたいと思います!

 

正直、どのカードもマジで熱くて、本気で読む手が止まらないんですけどねぇ・・・

それこそ、李猛虎VSアイアンマイケルなんかでも、白飯食えますよ、わたしゃ。

この頃は、今と違ってめっちゃテンポよかったですからね!

>>>刃牙道あらすじ展開まとめ【結局ナニ道なの?】

 

【怪物対決】ジャックハンマーVSアレクサンダー・ガーレン

引っ張りに引っ張り、グラップラーにおけるラスボス、ジャックを引き立てる為に用意されたこのカード。

ガーレンは、登場するや否や、コマンドサンボの達人、セルゲイ・タクタロフを一蹴。

※しかし、タクタロフは烈さんと戦うなど、戦う相手が最悪な気の毒なヤツだったとも言えますね。もしかしたら、もっと戦えるヤツだったのかも・・・

 

さらには、千春を天井にめりこませ、次いで花山を床にめりこませ、やりたい放題です。

そんな強キャラとしてのおぜん立てをされたガーレンを、ジャックの壮絶な過去を回想しながらのバトルは、ジャックを引き立てる最高のバトルだったと言えるでしょう。

 

後の最凶死刑囚編でも、このパワーバランスは変わりませんでしたね。

※ガーレンをボコったシコルスキーを、ジャックがシメるという図。

>>>『BAKI最凶死刑囚編』強さランキングまとめッッ!!アニメ化はいつなんだよゥッッ!!

>>>ジャックハンマーwikiプロフィール【骨延長の果てに辿り着いた強さとは】

 

クソ熱い!!兄弟バトル鎬昂昇VS鎬紅葉

ちょっと、ひいき目があるかもな~ってとこですが・・・

個人的に鎬兄弟は好きなんですよね。

はねっ返りの昂昇と、健康優良な紅葉。

 

昂昇は、ひも切りの絶技や、あわや渋川剛気に勝利か!?となった、眼底砕きなど、紛れもない実力者です。

かたや、紅葉の方だって、あの勇次郎をもってして、「あんたとやってみたかった・・・」と言わしめるほどの実力者。

 

刃牙シリーズ通して、結局紅葉のバトルシーンは刃牙との一戦のみというのが、紅葉ファンとしては非常に寂しいところであります・・・

 

【暴か武か!?】花山薫VS愚地克己

偉大なる素人・花山薫VS近代空手を終わらせた男・愚地克己の一戦。

正直、調子こきまくっていた新参キャラの克己を、古参キャラの花山が追い詰めるのが気持ちの良い戦いでした。

 

二転三転するバトルは、最後までどちらが勝つのか!?全く分からない展開というのも、名バトルたる所以ですね。

ラストの任侠立ち(おとこだち)演出も流石、花山の格を落とさない一つの要素です。

 

刃牙と同じく、舐めプが得意な克己は、花山と違って死刑囚編では敗北を喫していますからね。

(その後、シメたけど)

>>>花山薫wikiまとめ『刃牙道で宮本武蔵と激突!?実はスペック戦後【ほとんど戦っていない】件』

 

【キリストの凱旋】アイアンマイケルVS柴千春

正直、他のキャラたちと比べたら、一段格が落ちる戦いです。

ですが・・・

かと言って、達人たちのバトルだけがバキじゃありません。

 

柴千春のド根性・・・

というか、あんなにヘヴィ級ボクサーにブッ叩かれたら普通に死んでる気もしますが・・・

それでもなお、倒れない千春のタフネスを支えるのは、花山譲りの精神性か。

 

【巨凶の血】ジャックハンマーVS範馬刃牙

やっぱり、この一戦は外せませんよね。

因縁の対決、範馬の血を引く両者のバトル。

明日を捨てるジャック、明日を見るバキ。

全く対極的な2人が織りなすラストバトルは、グラップラーを締めくくる戦いにふさわしい名バトルでした。

 

まさか、この名バトル以後、ジャックがあそこまで格を落とすことになるとは・・・・(泣)

 

スポンサーリンク

 

最大トーナメント「このバトルが見たかったッッ」夢のカード3まとめ

最大トーナメントでは、魅力的なキャラが多数登場しています。

しかし・・・

トーナメントという特性上、どうしても日の当たらないキャラクター達や、「アイツとコイツ、どっちが強えぇんだ!?」というのが実現しなかったキャラが多数いますね。

 

そんな「見たかった!!」とういカードをまとめていきます!

 

【喧嘩道VS喧嘩空手】花山薫VS愚地独歩

空手界のリーサルウェポン・愚地克己に敗北を喫してしまった花山でしたが、その決め手と言えば、克己オリジナルの『音速拳(マッハ突き)』

この音速拳は、独歩には出来ない技です。

 

もし独歩が花山と対峙したなら・・・

その圧倒的な暴の前に、独歩はどう立ち回るのか?

人気キャラ同士のバトルは、非常に見てみたいところでしたね。

 

【おごるガーレン久しからずや】渋川剛気VSアレクサンダー・ガーレン

十中八九、渋川先生の価値なのは間違いないのですが・・・

あれだけイキっていたガーレンが、サイズ差が激しい老いぼれに負ける様は、ロジャー・ハーロンとのバトル以上に爽快なのでは?

 

・・・ん~、シコルにも負けてしまったガーレンでは、ちと力不足か?

 

【デンジャラスライオンの戦い】加藤清澄VS?

神心会、きってのラフ野郎、デンジャラスライオンの加藤清澄。

初登場時からの序盤までは、完璧に刃牙のライバルキャラとして出てきたキャラです。

しかし、克己に取って喰われてしまった彼・・・

 

最大トーナメントでは、夜叉猿に敗退した訳ですが、そもそもトーナメント出場者の半数くらいは夜叉猿に勝てるかアヤシイものですし、例えばタクタロフやリチャードフィルスあたりを相手にすれば、善戦出来たかもしれないですからね。

>>>刃牙「動物(?)編」強さランキング【カマキリより強い】アイツは何位!?

 

死刑囚編では一瞬のきらめきを見せた彼ですが、トーナメント編では、敗退後、勝利したバキに「オメデトウ!」と賛辞を贈る爽やかキャラに成り下がってしまいました・・・

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いや~、マジで寝不足です。

一気読みに近いです。

グラップラー刃牙、最大トーナメント編・・・

マジで熱すぎるッッッッ

>>>グラップラー刃牙編【強さ議論ランキング】まとめ

関連記事&スポンサーリンク



-刃牙まとめ
-, ,

Copyright© トレンドマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.