その他のハウスメーカー

ウィザースホームの特徴とは?坪単価や口コミ価格まで徹底解説

ウィザースホーム 価格 特徴

マイホーム選びは、一生に一度の大きな買い物です。

  • 「高級感のある家がいいけど、高いのは困る」
  • 「断熱性に優れた、夏も冬も住みやすい住宅がいい」

いろいろな希望があると思います。

ここで大事なのがハウスメーカー選び。

自分の理想を、手の届く範囲で叶えてくれるハウスメーカーを見つけることが重要ですね!

そこで今回は、ウィザースホームについて、特徴や坪単価をまとめてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

ウィザースホームで建てた時の価格目安

まずは一番気になる価格を確認しましょう。

ウィザースホームの坪単価は45~65万円と言われています。

※2020年現在。

ただし、これらはあくまで坪単価のみです。

  • 登記など諸費用
  • 地盤調査
  • エアコンやカーテン
  • 外構費用

このような、その他の経費は入っていない計算だということを覚えておいてください。

オプションで床材を変えるとか、蓄電池をつけるとか、そういう注文を増やしていけば、当然、どんどんと値段が上がっていきます。

ともすれば、坪単価+数十万も普通にあり得ることでしょう。

ポイント

  • 30坪:1350万円~1950万円
  • 40坪:1800万円~2600万円
  • 50坪:2250万円~3250万円

この坪単価だと単純計算でこのようになります。

もちろん、こちらの金額に土地代が別途加算されます。

価格の目安を見ると、ローコストと大手ハウスメーカーの間くらいと言えますね。

 

ウィザースホームの特徴

ウィザースホームの特徴を大きく5つに分けてご紹介します。

ポイント

  1. 「LCC」を考えた住宅
  2. 「超・高断熱」で年間冷暖房費を約70%削減!
  3. こだわりの「外壁タイル」
  4. 安心の「半世紀サポートシステム」
  5. 耐震等級3「相当」の住宅・・・?

それぞれくわしく解説していきます。

1.「LCC」を考えた住宅

ライフサイクルコストとランニングコスト

引用:ウィザースホーム3つのこだわり

ウィザースホームは「LCC(ライフサイクルコスト)」を考えた住宅を提供しています。

ライフサイクルコストとは、

  • 家を建てる際に必要な建築費など「イニシャルコスト」
  • 実際に暮らし始めてからかかる光熱費などの費用「エネルギーコスト」
  • 住宅の保守や修繕に必要な「メンテナンスコスト」

の3つから構成されます。

ウィザースホームの住宅は、相対的にライフサイクルコストを落とす住宅に力をいれています。

つまり、新築時の建築費は多くかかるけれど、光熱費や修繕費がかからない住宅を目指しています。

2.「超・高断熱」で年間冷暖房費を約70%削減!

ウィザースホーム 断熱性

引用:ウィザースホーム断熱性

ウィザースホームの住宅は「超・高断熱」です。

断熱性能を表すUa値は、業界トップレベルの「0.39W/㎡K」

北海道の住宅に必要とされる断熱性能を余裕で超える、高い断熱性能を示しています。

  • 高断熱「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」採用
  • 熱の出入りを許さない「アルミ樹脂サッシ」採用
  • 隙間を逃さない吹き付け施工の「エアロフォーム断熱」採用

といった工夫によって、エアコンの空気を逃がさない住宅づくりに成功しました。

これによって、一般的な在来木造住宅(平成4年省エネルギー基準住宅)と比較した場合、年間の冷暖房費を約70%削減することが可能になりました!

公式ホームページの試算では、50年間で水道光熱費を約1348万円節約できる計算です。

ウィザースホーム 節約

引用:ウィザースホームLCC(ライフサイクルコスト)

さすがにちょっと胡散臭い感じは否めませんが・・・

エネルギーコストを削減できるのは嬉しいですね!

 

スポンサーリンク

 

3.こだわりの「外壁タイル」

「タイルの高級感」に惹かれて、ウィザースホームで建築を決める方も多いです。

ウィザースホームのタイルは、見た目が良いだけではありません。

  • モノが当たったりこすれたりしても傷つきにくい「耐傷性」
  • 台風や豪雨が襲っても安心!吸水率1%以下の「耐水性」
  • 雨水を利用したセルフクリーニング特性で汚れ知らずの「耐汚性」
  • 紫外線にさらされても劣化や変色がない「耐候性」

などの特徴をもち、「メンテナンスコスト」がかからないというメリットがあります。

新築当初だけでなく、入居後も、長く外観の美しさを保てるのは、嬉しいですね。

 

ちなみに、「タイルは、地震の際に剥がれ落ちてこないか不安・・・」という方もいるでしょう。

しかし、ウィザースホームは、実物大の外壁タイルの家で耐震実験を行い、安全性を示しています。

阪神・淡路大震災で観測された地震の100%・150%・200%の地震派を2回ずつ、計6回加振した結果、タイルに損傷や剥離は一切なかったそうです。

4.安心の「半世紀サポートシステム」

ウィザースホームは、50年間のサポートシステムを用意しています。

なんと「30年保証+20年のサポート」を受けることができるんです。

とはいえ、ここで注意したいのが、30年の保証を受けるには10年ごとの「有償メンテナンス」が必要という点です。

また、防蟻処理工事にいたっては、5年ごとの優勝メンテナンスによる、保証延長が必要になります。

定期的なメンテナンス費用を支払わなければ、10年で保証が切れてしまうということに注意しましょう。

保証継続のメンテナンスだと10年後に足場含めて55万から75万程度かかると言われました。

引用:マンションコミュニティ

5.耐震等級3「相当」の住宅・・・?

ウィザースホームは、「耐震等級3相当」の住宅を提供しています。

「耐震等級3」は、建築基準法で定められた耐震性の1.5倍の強度を示します。

日本は地震の多い国なので、耐震性の高い住宅を提供してくれているのは、嬉しいですよね。

とはいえ、「相当」の部分がひっかかります・・・。

耐震等級に関しては、あくまでも相当なので世間で言う耐震等級3とは全く別物です。
展示場のパンフにも性能の売りとして強調してますが、どちらも公的には保証されてませんのでお気をつけください。

引用:マンションコミュニティ

「耐震等級3」は、住宅性能評価機関による正式な検査に合格しないといけません。

申請には費用がかかるため、「相当」にとどめているハウスメーカーが多いんです。

ウィザースホームの「耐震等級3相当」は、ただの自己申告だという点に注意しましょう。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

ウィザースホームの人気商品&坪単価目安

ウィザースホームの商品と坪単価の目安をご紹介します。

  • プレステージ リアード:坪単価50~60万円
  • リモージュ:坪単価45~55万円
  • ラ・ヴィアンシュ:坪単価50~60万円
  • ソライエ・ゼロ:坪単価50~65万円

詳しく見ていきましょう。

Prestige Realed/プレステージ リアードの特徴と坪単価

時代に左右されない、格調高い邸宅の系譜。

引用:ウィザースホーム商品ラインナップ

ウィザースホームのハイグレード商品です。

タイルで覆われた外観は、高級感のある雰囲気を演出しています。

お値段は、50~60万円程度。

外観や標準装備の質の高さ、自由設計を考慮すると、お得だと思いますよ!

Limages/リモージュの特徴と坪単価

引用:ウィザースホーム商品ラインナップ

ウィザースホームの標準的な商品です。

坪単価45~55万円というリーズナブルな価格設定も嬉しいですね!

外壁タイル貼りが標準なので、価格以上の高級感を醸し出すことができます。

La Vieunche/ラ・ヴィアンシュの特徴と坪単価

引用:ウィザースホーム商品ラインナップ

やわらかな光と木のぬくもりに触れられる商品です。

外観は「スペイン南部アンダルシア地方」を意識しており、大変おしゃれなので、女性に人気ですよ。

坪単価は50~60万円程度と言われています。

Sola∞ieZERO/ソライエ・ゼロの特徴と坪単価

引用:ウィザースホーム商品ラインナップ

ZEH基準を高い基準で満たした、環境に優しい商品です。

  • エネルギーの無駄を減らす「超・高断熱」
  • 消費エネルギーを抑える「省エネ設備」
  • エネルギーを創る「創エネ設備(太陽光発電システム)」
  • 自然の力を生かす「涼風温熱設計(日射・通風を考えた設計)」

を特徴としており、ウィザースホームの理想「LCC」を実現するのにピッタリです。

坪単価は50~65万円と言われています。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

ウィザースホームの特徴と価格まとめ

ウィザースホームは、ランニングコストをとことん下げた住宅を提供しています。

住宅を購入する際は、つい「建築費」に目が行きがちですが、何十年も暮らすことを考えると大事な視点でしょう。

また、高級感あふれるタイルも魅力ですね。

 

ウィザースホームの口コミ

ここからは実際の口コミをまとめてお送りします。

ポジティブな意見もネガティブな意見も知っておくことは、自分の中で多くの情報を精査するときに役立ちます。

では、順番にみていきましょう。

好意的な口コミ

ウィザースホームで建てた方は、おおむね満足しているという口コミが多いです。

ウイザースは基本的には良いHMと思います。
構造、設備等も、それなりにしっかりしています。
金額的には大手HMとローコストの中間ぐらい。2x4で屋根に瓦、外壁にタイル、次世代省エネでもあまり高くなりません。

引用:e戸建て

特に、金額と実際に建った家を見比べて、妥当な買い物だったと考える方が多いようです。

数年住んで・・・今の処、特に問題なくメンテナンスもきちんとやってくれています
設備と金額のバランスから考えると正解かな

引用:e戸建て

また、低価格でタイルを採用した住宅が建てられる点も、評判が高いです。

友人の紹介でウイザースホームさんに決めました。理由は、金額と設備のレベルです。住宅設備は標準レベルだと思いますが安価でしいれてます。また、要望をいえばグレードが代えられるので金額にあわした設備が選択できます。また、外壁材はとてもいいです。タイルであればおすすめの会社です。

引用:e戸建て

 

スポンサーリンク

 

否定的な口コミ

一方、否定的な口コミを確認すると、営業マンの態度の悪さを指摘する声が多いです。

打ち合わせを何回も重ねたがあまりの営業マンの態度の悪さにやめた。それに気づきもしない低レベルさ。とにかく契約だけ済ませたいの見え見え。他もいい加減、知識なし、提案力なし、報告なし、態度悪い。中にはいい営業もいるとは思うが見極めを。契約後、豹変の可能性も。参考までに

引用:e戸建て

ローコストメーカーで色々比較して、評判もそこそこ良いウイザースホームさんが気になっていました。
百聞は一見にしかず!先日展示会に赴きました。
家は、モデルハウスなだけあり、とても綺麗で素敵でした!
ですが、営業マンの態度がよくありませんでした。
「予算はいくらぐらいで検討中ですか?」と聞かれたので父が答えたら
「え、それって本体価格じゃなくて?全部込みでその予算ですか!?」と苦笑いしながら言われました。
ここでああ、もうここは無いなと思いました。予算に余裕が無いのは百も承知ですが、
そんな予算で家を建てようと思ってるの?というような態度に腹が立ちました。

引用:e戸建て

「家はいいけど、対応が微妙でやめた」という口コミがいくつか見られました。

こればっかりは、いい担当者と出会えるかの運や、相性の問題ですからね・・・

実際に営業担当者と話してみるしかありませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ウィザースホームは、「ローコストと大手の間のハウスメーカーで建てたい」と考えている方にピッタリです。

タイルを採用しているため、高級感がある住宅が建てられます。

口コミを見ると、価格に対する満足度が高い傾向がみられますよ!

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

サイト内検索



-その他のハウスメーカー
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.