アドセンスまとめ

アドセンスのクリック単価が低くて泣きそう…平均値と上げる方法とは

アドセンス クリック単価 上げる

  • クリックされても数円じゃ意味がないよ…
  • 一日50円じゃ辛い!!
  • クリック単価を上げる方法ってないの?

そう考えている方へ、アドセンスのクリック単価について詳しく解説していきましょう。

上げる方法とは・・・

 

スポンサーリンク

 

クリック単価の平均とは

この記事を書くにあたって、自分の所有サイトを洗ってみましたが・・・・・・・・・・

あれ?私のって低くない?(笑)

そりゃ、ネンドや忍者アドより良いけどさ・・・

クリック単価実数値

  • ブログ1:38円
  • ブログ2:27円
  • ブログ3:23円
  • ブログ4:20円
  • ブログ5:19円
  • ブログ6:19円
  • ブログ7:19円
  • ブログ8:17円
  • ブログ9:16円

※全期間レポート。運営期間はまちまちです。

とまぁ・・・

これくらいの単価ですが、それでも私は月額で20万円~30万円くらいをアドセンスだけで稼いでいます。

逆に、あなたもこれくらいの単価があるのであれば、嘆く必要はないのかもしれませんよ。

クリック率を高めたりPVを稼いだりで、ちゃんと稼げるようになりますから。

 

クリック単価を上げる方法

ぶっちゃけ、ふたつにひとつしかありません。

ポイント

  1. 広告配置に改善余地がある
  2. ターゲットユーザーを考え直す

広告掲載率ガー!

広告ブロックでー!

という話もあります。

ですが、あれって果たして意味があるのか・・・?

私は甚だ疑問です。

掲載率についてもABテストをしたことがありますが、なんというか・・・

アドセンスって、掲載率以上に「いつテストをしたのか」の方が影響は大きいんですよね。

クリック単価はマーケットの影響を受け、キーワードに入札する広告主や広告主が支払ってもよいと考える金額など、さまざまな要因によって決まります。マーケティング担当者が予算を振り分ける各四半期の前半には、クリック単価が低下する可能性があります。

引用:アドセンスヘルプ クリック単価の低下

単価が上がっている月にテストすれば、単価がアップしたように見えてしまいます。

逆もまた然り。

クリック単価は日単位/月単位で全く変わってくるものです。

十分なPV数を取っていたとしても、なかなか最適解って出しにくいんですよね。

 

特に初心者さんの場合、短期間で統計的に有意なPV数って確保しにくいものです。

テストをしようにも、本当に効果があるのかどうかって、一番大事な部分を検証しにくいんですよね。

となると、上でも書いた通り、方法はふたつにひとつとなります。

ポイント

  1. 広告配置に改善余地がある
  2. ターゲットユーザーを考え直す

詳しく見ていきましょう。

1.配置に改善余地がある

今すぐ試せる方法ですね。

結果も一番でやすいものだと思います。

よくあるパターンで・・・

  • サイドバーにしかない
  • フッターにしかない
  • ヘッダーにしかない
  • 記事内に細いバナーしかない
  • 自動広告だけ
  • 逆にべたべた貼りまくり
  • 自動広告を試したことがない

「当てはまるかも…」

少しでもそう思った方は、ぜひ配置改善に取り組んでみましょう。

百聞は一見に如かずです。

私のアドセンス配置を是非パクってみてください。

また、他の方も配置について書かれている記事が多いので、参考になさってみてください。

まぁ・・・

配置はクリック単価よりも、クリック率へ大きく関与してくる話ですけどね。

それでも、「どこに広告があるの?」なんて状態だったなら、収益性は大きく改善されることでしょう。

そもそも「クリック単価を上げたい=収益性を上げたい」ということですしね。

 

スポンサーリンク

 

2.ターゲットユーザーを考え直す

こちらは今すぐ改善できる方法ではありません。

新記事を追加していったり、サイトの方向性を考えたり、の話ですね。

クリック率の時の話と同じになってしまいますが、クリック率とクリック単価は表裏一体。

アドセンスの収益性を上げる為には、ユーザー層を考えることが何より大事です。

 

特に最近では、コンテンツマッチ広告よりもパーソナライズ広告(リターゲティング広告)の割合が高い傾向です。

ポイント

  • コンテンツマッチ広告:ブログ記事内容をもとに配信する広告が決まるシステム。
  • パーソナライズ広告:ユーザーのウェブ上での動きをもとにした、ユーザーが興味関心のある広告を配信するシステム。

私のアカウント2つ(個人と法人で持ってます)では、2019年4月度では、ゆうに65%~80%程度がパーソナライズ広告による収益となっています。

※アドセンス→レポート→ターゲットタイプで確認可能。

全期間レポートで見ると50%~65%程度なので、最近では特にパーソナライズ広告の割合が高くなっていると言えます。

 

ということは、記事のジャンルや特化ブログなのかよりも・・・

どんなユーザーを集めるのかの方が、より重要となってきているのです。

クリック単価の高いユーザーとは

なかなか狙い撃つ!というのは難しい話かもしれません。

というのも成果型アフィリエイトに近い話となってくるからです。

単価の高いユーザー

  • 高単価ジャンルに興味のあるユーザー
  • 商品購入に近いユーザー

アドセンスは、誤クリックではなくクリック先でちゃんとユーザーとしての動きをしているかまで見ています。

ちょっと興味があってクリックしたけど数秒で帰ったとかだと、誤クリックとみなされかねないのですね。

なので、サービスについて興味津々であるユーザーを呼び込むことが大事となってきます。

そうすることで、高単価が発生しやすくなるということです。

 

ちなみに、私が記憶している中では・・・

確か1クリックで3000円くらいまでは経験があります。

300円じゃないですよ、3000円です。

(300円でもデカいですが)

もちろん、こんなの滅多にでるものではありませんが・・・

高単価なサービス、商品購入に近いユーザーを呼び込むことができれば、稀にそういったケースも発生します。

 

でも、そんなキーワードで上位表示ができるなら・・・

アドセンスなんかよりも、成果型アフィリエイトに舵を切った方が、簡単に稼げるんですけどね(笑)

どこまでもアドセンスでいくのではなく・・・

ある程度の成功パターン(上位表示するノウハウ)ができてきたら、アフィリエイトのやり方を覚えていった方が間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「これをするだけで一気にアップ!」

そんな魔法があれば私が使いたいものです(笑)

クリック単価やクリック率で一喜一憂する前に、ユーザーの方を向くということが何よりも大事なことですね。

 

関連記事&スポンサーリンク



-アドセンスまとめ
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.