ローコストHM

アイダ設計の特徴と価格まとめ|安いと噂の実際の坪単価は?

2018年10月10日

アイダ 特徴 価格

シンプルな住宅を超格安で販売する、ローコストHMのアイダ設計。

小泉孝太郎さん起用のCMや、「888万円の家」という価格を大々的に掲載して勝負しています。

「さすがに安すぎでは!?」と驚いてしまう価格設定です。

本当に宣伝通りの価格で家を建てることが可能なのでしょうか?

安いのは嬉しいのですが、ここまで破格だと品質に不安を覚えてしまいますよね。

アイダ設計で住宅を購入して大丈夫なのか、徹底的に調べていきます!

 

スポンサーリンク

 

アイダ設計で建てた時の価格目安

まずは一番気になるお値段から考えていきましょう。

アイダの坪単価は32万円~55万円ほどと言われています。

※2019年現在。

ただし、これらはあくまで坪単価のみです。

  • 登記など諸費用
  • 地盤調査
  • エアコンやカーテン
  • 外構費用

このような、その他の経費は入っていない計算だということを覚えておいてください。

オプションで床材を変えるとか、壁面にタイルを使うとか、そういう注文を増やしていけば当然、どんどんと値段が上がっていきます。

ともすれば、坪単価+数十万円も普通にあり得ることでしょう。

とんでもない安さに釣られてみても「実際には想定以上にかかってしまった」というのはよく聞く話です。

この坪単価だと単純計算でこのようになります。

ポイント

  • 30坪:960万円~1650万円
  • 40坪:1280万円~2200万円
  • 50坪:1600万円~2750万円

もちろん、こちらの金額に土地代が別途加算されます。

いくら「888万円で家が建つ!」と言っても、あくまで狭小住宅の場合に限られるということでしょう。

 

アイダ設計の特徴まとめ

アイダ設計の特徴を大きく3つにわけて紹介します!

  1. 驚きの坪単価
  2. 震度7でも大丈夫な耐震性能
  3. 建物35年保障

順番に見ていきましょう。

1.驚きの安すぎる坪単価

アイダ設計の魅力はなんといってもローコスト。

坪単価はなんと、30万円台~と言われています。

信じ難いレベルの安さですよね。

でもアイダ設計なら、これが当たり前なんです。

アイダ設計のスタンダード住宅を購入した方の大多数が、1000~1500万円でマイホームを購入しているという実績があります。

この安さを支えているのは、

  • 一括仕入れ
  • 自社のプレカット工場
  • 自社一貫体制

この3つの企業努力です。

アイダ設計は、他の多くのハウスメーカーと同様に、材料を大量に一括購入することでコストを削減しています。

更にアイダ設計は一歩踏み込み、木材のカットや、管理を自社で持っているプレカット工場で行いコストカットしているんです。

 

また、土地の仕入れからアフターサービスまで、一貫して自社で行うことにより外注の中間コストも削っています。

「適正価格でお客様と向き合う」というアイダ設計の意気込みを感じますね。

2.震度7でも大丈夫な耐震性能

私たちはあまりに安いものをみると・・・

「品質に問題があるのでは」と、疑ってしまいがちです。

しかし、アイダ設計の住宅は、しっかりと耐震実験をクリアしています。

実際に建てた建物で、震度7の耐震実験が行われましたが、何度か衝撃を与えても倒壊が心配されるような破損はみられませんでした。

とはいえ、標準仕様では耐震等級申請はクリアしていません。

ハイグレードモデルのブラーボコンフォートで、やっと耐震等級3になる仕様ですね。

 

また、アイダ設計では、第三者機関による施工品質チェックを行っています。

構造上の主要な部分や、雨水の浸入を防止する部分、見え隠れする建物主要部分などを、全6回·約100項目にわたる検査をしたうえで引き渡してくれます。

社内検査だけでは不安な人も、この第三者機関による施工品質チェックで安心できるのではないでしょうか。

3.建物35年保障

アイダ設計の注文住宅は、最長で35年保証がついています。

大手ハウスメーカーなどでは60年をうたうメーカーもありますが、実際問題35年もつけばよい方でしょう。

 

ただし、これだけの長期保障を受けるには、条件があります。

入居後も専門的なスタッフによる住宅の定期点検と、有料メンテナンスを継続する必要があるんです。

保険に入るつもりで、保証期間の更新は受けた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

アイダ設計の商品&坪単価目安

  • 888万円の家:32万円~
  • ブラーボスタンダード:35万円~50万円
  • アイベスト:45万円~60万円
  • ブラーボシリーズ:40万円~55万円

詳しく見ていきましょう。

888万円の家の特徴と坪単価

888万円の家

引用:アイダ設計住宅ラインナップ

ブラーボスタンダードの中のひとつですが、28坪・4LDKで本体価格は888万円とお約束された住宅です。

坪単価は約32万円です!

アイダ設計のCMで有名になった555万円の家のグレードアップバージョンです。

現在555万円の家はホームページに記載がないようでした。

一時、美川憲一さんを起用したCMが印象的でしたね。

 

\その会社、大丈夫?/

※ダメ会社をあぶりだす。

 

ブラーボスタンダードの特徴と坪単価

ブラーボスタンダード

引用:アイダ設計住宅ラインナップ

アイダ設計の人気商品です。

アイダ設計のラインナップの中でも、特に費用が抑えられたものです。

多くの人に新しい建物で過ごしてもらえるよう、豪華な設備は使っていませんが、シンプルに良いものを探している人にはおすすめです!

坪単価は35~50万円と言われています。

アイベストの特徴と坪単価

アイベスト

引用:アイダ設計住宅ラインナップ

アイベストは、アイダ設計の住宅の中でも設備・構造共に最高クラスの住宅です。

スタイルが3つに分かれており、

  • 洋風スタイルの「リニア」
  • 和風スタイルの「シンシア」
  • モダンスタイルの「ブロヴァンス」

があります。

外観・内装共に贅沢感を感じられる上品で落ち着きのある建物です。

坪単価は少しお高めの約45~60万円といわれています。

ブラーボシリーズその他の特徴と坪単価

その他にも、住む方の好みに合わせた住宅が選べます。

  • ブラーボファミリー
  • ブラーボスタイル
  • ブラーボゼネクト
  • ブラーボコンフォート

以上の4種類は、オプションによって変わりますが、だいたい40~55万円に収まるようです。

ブラーボゼネクトは小泉孝太郎さんのCMでお馴染みですね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「マイホームがほしいけれど、金銭的に一歩踏み出せない・・・」

そんなときは、アイダ設計に相談してみましょう。

「自分好みに設計したい…!」という要望が特になければ、アイダ設計の住宅は、高い品質を確保してくれています。

シンプルな家を探している方には嬉しいですね♪

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

タウンライフ家づくり無料一括見積りです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

年末年始でゆっくり資料を見比べてみませんか?

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり注文住宅

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。



-ローコストHM
-, ,

Copyright© 超トレンドマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.